PeerName.Authority PeerName.Authority PeerName.Authority PeerName.Authority Property

定義

この Authority オブジェクトで使用される PeerName を指定する文字列を返します。Returns a string that specifies the Authority used by this PeerName object.

public:
 property System::String ^ Authority { System::String ^ get(); };
public string Authority { get; }
member this.Authority : string
Public ReadOnly Property Authority As String

プロパティ値

指定した PeerName の認証部分を格納している文字列。The string which contains the authentication portion of the specified PeerName. セキュリティ保護されたピア名の場合、このプロパティには、公開キーが 40 文字の 16 進数文字列として格納されます。For secured peer names, this property contains the public key as a forty-character hexadecimal string. セキュリティ保護されていないピア名の場合、このプロパティは 0 に設定されます。For unsecured peer names, this property is set to zero (0).

注釈

セキュリティで保護されたピア名を登録できるのは、所有者 (ピアホスト) だけです。Only the owner, or peer host, can register a secured peer name. ピア名は、自己署名証明書によってサポートされている場合、セキュリティで保護されていると見なされます。A peer name is considered secured if it is backed by a self-signed certificate.

ピア名は大文字と小文字が区別され、ピア名の形式は次のようになります。Authority.Classifier の形式で指定されます。Peer names are case-sensitive and the format of a peer name is: Authority.Classifier. たとえば、"0. MyPeerName" は、正しい形式のピア名です。For example, "0.MyPeerName" is a well-formed peer name.

注意 (呼び出し元)

セキュリティで保護されたピア名を使用しても、ネットワークアプリケーションの全体的なセキュリティが保証されるわけではありません。Using a secured peer name does not ensure the overall security of the networking application. アプリケーションのセキュリティは、実装によって異なります。Security of the application is implementation-dependent.

適用対象

こちらもご覧ください