ResolveCompletedEventArgs クラス

定義

特定の ResolveCompleted の解決要求が完了したときに通知される PeerName イベントと組み合わせて使用します。

public ref class ResolveCompletedEventArgs : System::ComponentModel::AsyncCompletedEventArgs
public class ResolveCompletedEventArgs : System.ComponentModel.AsyncCompletedEventArgs
type ResolveCompletedEventArgs = class
    inherit AsyncCompletedEventArgs
Public Class ResolveCompletedEventArgs
Inherits AsyncCompletedEventArgs
継承
ResolveCompletedEventArgs

注釈

ResolveCompletedEventArgs オブジェクトを使用するには、オブジェクトをインスタンス化 PeerNameResolver し、Resolve メソッドのいずれかを使用します。 非同期処理の場合は、メソッドを使用し ResolveAsync ます。

リゾルバーがのクエリを実行するためにクラウドの最後に到達したとき、または作成しようとしているの PeerName レコードエントリの最大数に達した場合 PeerNameRecordCollection 、解決プロセスを完了するためのイベントが発生し、関連付けられたデリゲートによって ResolveAsync が完了します。 また、イベントは、コレクションを返さない異常な入力候補に対して発生することもあります。

このイベントは、すべてのエンドポイントが検出されたときに1回だけ発生します。

このリゾルバーオブジェクトのこのインスタンスへのすべての参照は、指定されたトークンを使用して調整されます。これは、開発者が決定した、この非同期解決要求の一意の識別子です。

コンストラクター

ResolveCompletedEventArgs(PeerNameRecordCollection, Exception, Boolean, Object)

ResolveCompletedEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Cancelled

非同期操作がキャンセルされたかどうかを示す値を取得します。

(継承元 AsyncCompletedEventArgs)
Error

非同期操作中に発生したエラーを示す値を取得します。

(継承元 AsyncCompletedEventArgs)
PeerNameRecordCollection

解決する PeerNameRecordCollection オブジェクトを取得します。

UserState

非同期タスクの一意の識別子を取得します。

(継承元 AsyncCompletedEventArgs)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
RaiseExceptionIfNecessary()

非同期操作が失敗した場合は、ユーザー指定の例外を発生させます。

(継承元 AsyncCompletedEventArgs)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象