SslClientAuthenticationOptions クラス

定義

SslStream のクライアント認証プロパティ バッグを表します。Represents a client authentication property bag for the SslStream.

public ref class SslClientAuthenticationOptions
public class SslClientAuthenticationOptions
type SslClientAuthenticationOptions = class
Public Class SslClientAuthenticationOptions
継承
SslClientAuthenticationOptions

注釈

このプロパティバッグは、およびの引数として、.NET 5.0 以降のバージョンのの引数として使用され AuthenticateAsClientAsync AuthenticateAsClient ます。This property bag is used as argument for AuthenticateAsClientAsync and, in .NET 5.0 and later versions, for AuthenticateAsClient.

は、 SocketsHttpHandler プロパティでこのプロパティバッグを使用し SslOptions ます。The SocketsHttpHandler uses this property bag in the SslOptions property.

コンストラクター

SslClientAuthenticationOptions()

SslClientAuthenticationOptions クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SslClientAuthenticationOptions class.

プロパティ

AllowRenegotiation

SslStream で SSL の再ネゴシエーションを許可するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the SslStream should allow SSL renegotiation.

ApplicationProtocols

ALPN プロトコルの一覧を取得または設定します。Gets or sets a list of ALPN protocols.

CertificateRevocationCheckMode

証明書検証の証明書失効モードを取得または設定します。Gets or sets the certificate revocation mode for certificate validation.

CipherSuitesPolicy

TLS で許可されている暗号スイートを指定します。Specifies the cipher suites allowed for TLS. null に設定すると、オペレーティング システムの既定値が使用されます。When set to null, the operating system default is used. この設定を変更するときは、細心の注意を払ってください。Use extreme caution when changing this setting.

ClientCertificates

クライアントのサーバーに対する認証で考慮すべき証明書のコレクション。A collection of certificates to be considered for the client's authentication to the server.

EnabledSslProtocols

認証中にクライアントからサーバーに提供されるプロトコルのバージョンを表す値を取得または設定します。Gets or sets the value that represents the protocol versions offered by the client to the server during authentication.

EncryptionPolicy

暗号化ポリシーを取得または設定します。Gets or sets the encryption policy.

LocalCertificateSelectionCallback

認証に使用されるクライアント認証証明書を選択する LocalCertificateSelectionCallback デリゲートを取得または設定します。Gets or sets a LocalCertificateSelectionCallback delegate that's responsible for selecting the client authentication certificate used for authentication.

RemoteCertificateValidationCallback

リモート側によって指定される証明書を検証する RemoteCertificateValidationCallback デリゲートを取得または設定します。Gets or sets a RemoteCertificateValidationCallback delegate that's responsible for validating the certificate supplied by the remote party.

TargetHost

クライアントが接続しようとしているサーバーの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the server the client is trying to connect to. この名前は、サーバー証明書の検証に使用されます。That name is used for server certificate validation. DNS 名か IP アドレスのどちらかを指定できます。It can be a DNS name or an IP address.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象