ServicePointManager.SecurityProtocol ServicePointManager.SecurityProtocol ServicePointManager.SecurityProtocol ServicePointManager.SecurityProtocol Property

定義

その ServicePointManager オブジェクトが管理する ServicePoint オブジェクトで使用されるセキュリティ プロトコルを取得または設定します。Gets or sets the security protocol used by the ServicePoint objects managed by the ServicePointManager object.

public:
 static property System::Net::SecurityProtocolType SecurityProtocol { System::Net::SecurityProtocolType get(); void set(System::Net::SecurityProtocolType value); };
public static System.Net.SecurityProtocolType SecurityProtocol { get; set; }
member this.SecurityProtocol : System.Net.SecurityProtocolType with get, set
Public Shared Property SecurityProtocol As SecurityProtocolType

プロパティ値

SecurityProtocolType 列挙値に定義されている値の 1 つ。One of the values defined in the SecurityProtocolType enumeration.

例外

プロパティを設定するために指定された値が有効な SecurityProtocolType 列挙値ではありません。The value specified to set the property is not a valid SecurityProtocolType enumeration value.

注釈

このプロパティは、新しい接続に使用する Secure Sockets Layer (SSL) またはトランスポート層セキュリティ (TLS) プロトコルのバージョンを選択します。既存の接続は変更されません。This property selects the version of the Secure Sockets Layer (SSL) or Transport Layer Security (TLS) protocol to use for new connections; existing connections aren't changed.

このプロパティの既定値は、.NET Framework 4.7 以降、SecurityProtocolType.SystemDefaultします。Starting with the .NET Framework 4.7, the default value of this property is SecurityProtocolType.SystemDefault. これにより、.NET Framework のネットワークに基づく Api SslStream (FTP、HTTP、SMTP など) をオペレーティング システムまたはシステム管理者によって実行される、カスタム構成から既定のセキュリティ プロトコルを継承します。This allows .NET Framework networking APIs based on SslStream (such as FTP, HTTP, and SMTP) to inherit the default security protocols from the operating system or from any custom configurations performed by a system administrator. 既定では、Windows オペレーティング システムの各バージョンのプロトコルが有効に SSL や TLS の詳細については、次を参照してください。 in TLS/SSL (Schannel SSP) プロトコルします。For information about which SSL/TLS protocols are enabled by default on each version of the Windows operating system, see Protocols in TLS/SSL (Schannel SSP).

.NET Framework 4.6.2 までの .NET Framework のバージョンは、このプロパティの既定値は表示されません。For versions of the .NET Framework through the .NET Framework 4.6.2, no default value is listed for this property. セキュリティの展望は、常に、変更し、既定のプロトコルと既知の弱点を回避するために保護レベルが時間の経過と共に変更されます。The security landscape changes constantly, and default protocols and protection levels are changed over time in order to avoid known weaknesses. 既定値は、個々 のマシンの構成、インストールされているソフトウェア、および適用された修正プログラムによって異なります。Defaults vary depending on individual machine configuration, installed software, and applied patches.

コードは必要があります、特定の保護レベルを使用して、または特定のセキュリティ レベルが既定で使用されていることを前提としてに決して暗黙的に依存します。Your code should never implicitly depend on using a particular protection level, or on the assumption that a given security level is used by default. アプリは、特定のセキュリティ レベルの使用に依存する場合は、そのレベルを明示的に指定し、確立された接続で使用中で実際にあることを確認する、確認する必要があります。If your app depends on the use of a particular security level, you must explicitly specify that level and then check to be sure that it is actually in use on the established connection. さらに、よう多くの場合、変更されたほとんどの事前通知で新たな脅威を軽減するためには、プロトコルがサポートされている変更が発生した場合、堅牢であること、コードを設計する必要があります。Further, your code should be designed to be robust in the face of changes to which protocols are supported, as such changes are often made with little advance notice in order to mitigate emerging threats.

.NET Framework 4.6 には、安全でない暗号およびハッシュ アルゴリズムの接続をブロックする、新しいセキュリティ機能が含まれています。The .NET Framework 4.6 includes a new security feature that blocks insecure cipher and hashing algorithms for connections. HttpClient、HttpWebRequest、FTPClient、SmtpClient、SslStream などの API を介して TLS/SSL を使用して、.NET Framework 4.6 を対象とするアプリケーションは、既定でセキュリティが強化された動作を取得します。Applications using TLS/SSL through APIs such as HttpClient, HttpWebRequest, FTPClient, SmtpClient, SslStream, etc. and targeting .NET Framework 4.6 get the more-secure behavior by default.

開発者は、RC4 サービスを使用した既存 SSL3 サービスまたは TLS 相互運用性を維持するためにこの動作を無効にすることがあります。Developers may want to opt out of this behavior in order to maintain interoperability with their existing SSL3 services OR TLS w/ RC4 services. この記事で新しい動作を無効にするために、コードを変更する方法について説明します。This article explains how to modify your code so that the new behavior is disabled.

適用対象

こちらもご覧ください