Socket.Blocking プロパティ

定義

Socket がブロッキング モードかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the Socket is in blocking mode.

public:
 property bool Blocking { bool get(); void set(bool value); };
public bool Blocking { get; set; }
member this.Blocking : bool with get, set
Public Property Blocking As Boolean

プロパティ値

Boolean

Socket がブロックする場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the Socket will block; otherwise, false. 既定値は、true です。The default is true.

例外

ソケットへのアクセスを試行しているときにエラーが発生しました。An error occurred when attempting to access the socket.

Socket が閉じられました。The Socket has been closed.

注釈

Blockingプロパティは、がブロッキングモードであるかどうかを示し Socket ます。The Blocking property indicates whether a Socket is in blocking mode.

ブロックモードで、すぐには完了しないメソッド呼び出しを行う場合、要求された操作が完了するまで、アプリケーションは実行をブロックします。If you are in blocking mode, and you make a method call which does not complete immediately, your application will block execution until the requested operation completes. 要求された操作が完了していなくても実行を続行する場合は、 Blocking プロパティをに変更し false ます。If you want execution to continue even though the requested operation is not complete, change the Blocking property to false. プロパティは、 Blocking 非同期メソッドには影響しません。The Blocking property has no effect on asynchronous methods. 非同期的にデータを送受信し、実行をブロックする場合は、クラスを使用し ManualResetEvent ます。If you are sending and receiving data asynchronously and want to block execution, use the ManualResetEvent class.

注意

を受け取った場合は、プロパティを使用して、 SocketException SocketException.ErrorCode 特定のエラーコードを取得します。If you receive a SocketException, use the SocketException.ErrorCode property to obtain the specific error code. このコードを取得したら、 Windows Sockets version 2 API エラーコード のドキュメントを参照して、エラーの詳細な説明を参照してください。After you have obtained this code, refer to the Windows Sockets version 2 API error code documentation for a detailed description of the error.

注意

このメンバーは、アプリケーションでネットワーク トレースが有効にされている場合にトレース情報を出力します。This member outputs trace information when you enable network tracing in your application. 詳細については、「 .NET Framework のネットワークトレース」を参照してください。For more information, see Network Tracing in the .NET Framework.

適用対象