Socket.EnableBroadcast プロパティ

定義

Boolean でブロードキャスト パケットの送受信を許可するかどうかを指定する Socket 値を取得または設定します。Gets or sets a Boolean value that specifies whether the Socket can send or receive broadcast packets.

public:
 property bool EnableBroadcast { bool get(); void set(bool value); };
public bool EnableBroadcast { get; set; }
member this.EnableBroadcast : bool with get, set
Public Property EnableBroadcast As Boolean

プロパティ値

true でブロードキャスト パケットを許可する場合は Socket。それ以外の場合は falsetrue if the Socket allows broadcast packets; otherwise, false. 既定値は、false です。The default is false.

例外

このオプションは、データグラム ソケットに対してだけ有効です。This option is valid for a datagram socket only.

Socket が閉じられました。The Socket has been closed.

次のコード例は、EnableBroadcast プロパティの使用方法を示しています。The following code example demonstrates the use of the EnableBroadcast property.

static void ConfigureUdpSocket(Socket^ udpSocket)
{

    // Set the Don't Fragment flag.
    udpSocket->DontFragment = true;
     
    // Enable broadcast.
    udpSocket->EnableBroadcast = true;
     
    // Disable multicast loopback.
    udpSocket->MulticastLoopback = false;
    Console::WriteLine("Udp Socket configured:");
    Console::WriteLine("  DontFragment {0}", 
        udpSocket->DontFragment);
    Console::WriteLine("  EnableBroadcast {0}", 
        udpSocket->EnableBroadcast);
    Console::WriteLine("  MulticastLoopback {0}", 
        udpSocket->MulticastLoopback);
}
static void ConfigureUdpSocket(Socket udpSocket)
{
    // set the Don't Fragment flag.
    udpSocket.DontFragment = true;
    // Enable broadcast.
    udpSocket.EnableBroadcast = true;

    // Disable multicast loopback.
    udpSocket.MulticastLoopback = false;

    Console.WriteLine("Udp Socket configured:");
    Console.WriteLine($"  DontFragment {udpSocket.DontFragment}");
    Console.WriteLine($"  EnableBroadcast {udpSocket.EnableBroadcast}");
    Console.WriteLine($"  MulticastLoopback {udpSocket.MulticastLoopback}");
}

注釈

ブロードキャストは特定のサブネットに限定され、ユーザーデータグラムプロトコル (UDP) を使用する必要があります。インターネットプロトコルバージョン4では、パケットを255.255.255.255 に送信してローカルサブネットにブロードキャストできます。または、宛先ブロードキャストアドレスを使用することもできます。これは、ホスト部分ですべてのビットが設定されたインターネットプロトコル (IP) アドレスのネットワーク部分です。Broadcasting is limited to a specific subnet, and must use User Datagram Protocol (UDP.) For Internet Protocol version 4, you can broadcast to your local subnet by sending a packet to 255.255.255.255; or you can use the directed broadcast address, which is the network portion of an Internet Protocol (IP) address with all bits set in the host portion. たとえば、IP アドレスが 192.168.1.40 (クラス C のアドレスで、ネットマスクが255.255.255.0 の場合) の場合、ネットワークの部分が最初の3つのオクテットで、ホストの部分が最後のオクテットである場合、転送先のブロードキャストアドレスは192.168.1.255 になります。For example, if your IP address is 192.168.1.40 (a Class C address, with a netmask of 255.255.255.0 -- the network portion is the first three octets, and the host portion is the last octet), your directed broadcast address is 192.168.1.255.

伝送制御プロトコル (TCP) ソケットでこのプロパティを設定しても効果はありません。Setting this property on a Transmission Control Protocol (TCP) socket will have no effect.

適用対象