Socket.SendAsync(SocketAsyncEventArgs) Socket.SendAsync(SocketAsyncEventArgs) Socket.SendAsync(SocketAsyncEventArgs) Socket.SendAsync(SocketAsyncEventArgs) Method

定義

接続されている Socket オブジェクトに、データを非同期に送信します。Sends data asynchronously to a connected Socket object.

public:
 bool SendAsync(System::Net::Sockets::SocketAsyncEventArgs ^ e);
public bool SendAsync (System.Net.Sockets.SocketAsyncEventArgs e);
member this.SendAsync : System.Net.Sockets.SocketAsyncEventArgs -> bool
Public Function SendAsync (e As SocketAsyncEventArgs) As Boolean

パラメーター

e
SocketAsyncEventArgs SocketAsyncEventArgs SocketAsyncEventArgs SocketAsyncEventArgs

この非同期ソケット操作に使用する SocketAsyncEventArgs オブジェクト。The SocketAsyncEventArgs object to use for this asynchronous socket operation.

戻り値

I/O 操作が保留中の場合は truetrue if the I/O operation is pending. 操作の完了時に、e パラメーターの Completed イベントが発生します。The Completed event on the e parameter will be raised upon completion of the operation.

I/O 操作が同期的に完了した場合は falsefalse if the I/O operation completed synchronously. この場合、e パラメーターの Completed イベントは発生しません。メソッド呼び出しから制御が戻った直後に、パラメーターとして渡された e オブジェクトを調べて操作の結果を取得できます。In this case, The Completed event on the e parameter will not be raised and the e object passed as a parameter may be examined immediately after the method call returns to retrieve the result of the operation.

例外

e パラメーターの Buffer プロパティまたは BufferList プロパティは、有効なバッファーを参照する必要があります。The Buffer or BufferList properties on the e parameter must reference valid buffers. これらのプロパティは、どちらか 1 つを設定できます。一度に両方のプロパティを設定することはできません。One or the other of these properties may be set, but not both at the same time.

e パラメーターに指定された SocketAsyncEventArgs オブジェクトを使用してソケット操作が既に進行していました。A socket operation was already in progress using the SocketAsyncEventArgs object specified in the e parameter.

このメソッドには Windows XP 以降が必要です。Windows XP or later is required for this method.

Socket がまだ接続されていないか、Accept()AcceptAsync(SocketAsyncEventArgs)、または BeginAccept の各メソッドによって取得されませんでした。The Socket is not yet connected or was not obtained via an Accept(), AcceptAsync(SocketAsyncEventArgs),or BeginAccept, method.

注釈

SendAsyncメソッドを使用して、接続指向のソケットでの 1 つまたは複数のバッファーから送信されるデータを書き込むことです。The SendAsync method is used to write outgoing data from one or more buffers on a connection-oriented socket. このメソッドこともでき、ただし、コネクションレス型のソケット接続操作で、リモート ホストを指定します。This method can also be used, however, on connectionless sockets that have specified a remote host on a connect operation.

SendAsyncメソッドで確立されているリモート ホストへの非同期送信操作を開始、 AcceptAcceptAsyncBeginAcceptBeginConnectConnect、またはConnectAsyncメソッド。The SendAsync method starts an asynchronous send operation to the remote host established in the Accept, AcceptAsync, BeginAccept, BeginConnect, Connect, or ConnectAsync method.

次のプロパティとイベントをSystem.Net.Sockets.SocketAsyncEventArgsオブジェクトを正常にこのメソッドを呼び出す必要は。The following properties and events on the System.Net.Sockets.SocketAsyncEventArgs object are required to successfully call this method:

呼び出し元の設定、SocketAsyncEventArgs.UserTokenを呼び出す前に必要なすべてのユーザー状態オブジェクトのプロパティ、SendAsyncメソッド情報をコールバック メソッドで取得できるようにします。The caller may set the SocketAsyncEventArgs.UserToken property to any user state object desired before calling the SendAsync method, so that the information will be retrievable in the callback method. コールバックは、1 つのオブジェクトより多くの情報を必要とする場合は、メンバーとして他の必要な状態情報を保持する小さなクラスを作成できます。If the callback needs more information than a single object, a small class can be created to hold the other required state information as members.

SendAsync最初に呼び出すしない場合、メソッドは例外をスローはAcceptAcceptAsyncBeginAccept BeginConnectConnect、またはConnectAsyncします。The SendAsync method will throw an exception if you do not first call Accept, AcceptAsync, BeginAcceptBeginConnect, Connect, or ConnectAsync.

呼び出す、SendAsyncメソッドを使用すると、個別の実行スレッド内でデータを送信できます。Calling the SendAsync method gives you the ability to send data within a separate execution thread.

メッセージ指向のソケットでは、基になる Windows sockets サービス プロバイダーのメッセージの最大サイズを超えないようにしないでください。For message-oriented sockets, do not exceed the maximum message size of the underlying Windows sockets service provider. データが長すぎて、基になるサービス プロバイダーの場合は、データは送信されません、SendAsyncメソッドがスローされます、SocketExceptionで、SocketAsyncEventArgs.SocketErrorネイティブ WSAEMSGSIZE の Winsock エラー コード (10040) に設定します。If the data is too long to pass atomically through the underlying service provider, no data is transmitted and the SendAsync method throws a SocketException with the SocketAsyncEventArgs.SocketError set to the native Winsock WSAEMSGSIZE error code (10040).

なおが正常に完了、SendAsyncメソッドは、データが正常に配信されたことを示していません。Note that the successful completion of the SendAsync method does not indicate that the data was successfully delivered.

適用対象

こちらもご覧ください