SocketAsyncEventArgs.LastOperation SocketAsyncEventArgs.LastOperation SocketAsyncEventArgs.LastOperation SocketAsyncEventArgs.LastOperation Property

定義

このコンテキスト オブジェクトで最近実行されたソケット操作の種類を取得します。Gets the type of socket operation most recently performed with this context object.

public:
 property System::Net::Sockets::SocketAsyncOperation LastOperation { System::Net::Sockets::SocketAsyncOperation get(); };
public System.Net.Sockets.SocketAsyncOperation LastOperation { get; }
member this.LastOperation : System.Net.Sockets.SocketAsyncOperation
Public ReadOnly Property LastOperation As SocketAsyncOperation

プロパティ値

このコンテキスト オブジェクトで最近実行されたソケット操作の種類を示す SocketAsyncOperation インスタンス。A SocketAsyncOperation instance that indicates the type of socket operation most recently performed with this context object.

注釈

このプロパティは、このSocketAsyncEventArgsオブジェクトを使用して最後に完了した非同期ソケット操作を記述します。This property describes the asynchronous socket operation that was most recently completed using this SocketAsyncEventArgs object. このプロパティSocketAsyncOperation.Noneの値は、 SocketAsyncEventArgsインスタンスが非同期ソケット操作を開始するために使用されるまでになります。The value of this property will be SocketAsyncOperation.None until the SocketAsyncEventArgs instance is used to begin an asynchronous socket operation. プロパティは、 SocketAsyncEventArgsをパラメーターとして受け取るメソッドで実行される操作の種類に設定されます。The property will then be set to the type of operation being performed in the methods that take the SocketAsyncEventArgs as a parameter. このプロパティを使用すると、複数の種類の非同期ソケット操作に対して1回の完了コールバックデリゲートを簡単に使用できます。This property more easily facilitates using a single completion callback delegate for multiple kinds of asynchronous socket operations.

このプロパティは、 SocketAsyncEventArgs SocketAsyncEventArgsインスタンスが別の非同期ソケット (xxxAsync) 操作に使用されるまで、インスタンスで有効なままです。This property remains valid in a SocketAsyncEventArgs instance until the SocketAsyncEventArgs instance is used for another asynchronous socket (xxxAsync) operation.

このプロパティは、すべての非同期ソケット (xxxAsync) メソッドによって設定されます。This property is set by all asynchronous socket (xxxAsync) methods.

クラスで非同期ソケットメソッド (xxxAsync) を呼びSystem.Net.Sockets.Socket出すと、このプロパティ値が設定されます。Calling an asynchronous socket method (xxxAsync) on the System.Net.Sockets.Socket class sets this property value. このプロパティは、アプリケーションによって実装された SocketAsyncCallback の完了ルーチンでの使用を目的としています。This property is intended for use with the SocketAsyncCallback completion routine implemented by the application.

適用対象

こちらもご覧ください