SocketOptionName SocketOptionName SocketOptionName SocketOptionName Enum

定義

構成オプション名を定義します。Defines configuration option names.

public enum class SocketOptionName
public enum SocketOptionName
type SocketOptionName = 
Public Enum SocketOptionName
継承
SocketOptionNameSocketOptionNameSocketOptionNameSocketOptionName

フィールド

AcceptConnection AcceptConnection AcceptConnection AcceptConnection 2

ソケットはリッスンしています。The socket is listening.

AddMembership AddMembership AddMembership AddMembership 12

IP グループ メンバーシップを追加します。Add an IP group membership.

AddSourceMembership AddSourceMembership AddSourceMembership AddSourceMembership 15

ソース グループを結合します。Join a source group.

BlockSource BlockSource BlockSource BlockSource 17

ソースからデータをブロックします。Block data from a source.

Broadcast Broadcast Broadcast Broadcast 32

ソケットでのブロードキャスト メッセージの送信を許可します。Permit sending broadcast messages on the socket.

BsdUrgent BsdUrgent BsdUrgent BsdUrgent 2

RFC-1222 の定義に従って、緊急データを使用します。Use urgent data as defined in RFC-1222. このオプションは 1 回だけ設定できます。いったん設定すると、オフにすることはできません。This option can be set only once; after it is set, it cannot be turned off.

ChecksumCoverage ChecksumCoverage ChecksumCoverage ChecksumCoverage 20

UDP チェックサム カバレッジを設定または取得します。Set or get the UDP checksum coverage.

Debug Debug Debug Debug 1

デバッグ情報を記録します。Record debugging information.

DontFragment DontFragment DontFragment DontFragment 14

IP データグラムを断片化しないようにします。Do not fragment IP datagrams.

DontLinger DontLinger DontLinger DontLinger -129

接続を維持せずに、ソケットを適切に閉じます。Close the socket gracefully without lingering.

DontRoute DontRoute DontRoute DontRoute 16

インターフェイス アドレスにルーティングしたり、直接パケットを送信したりしません。Do not route; send the packet directly to the interface addresses.

DropMembership DropMembership DropMembership DropMembership 13

IP グループ メンバーシップを無効にします。Drop an IP group membership.

DropSourceMembership DropSourceMembership DropSourceMembership DropSourceMembership 16

ソース グループを無効にします。Drop a source group.

Error Error Error Error 4103

エラー ステータスを取得し、クリアします。Gets the error status and clear.

ExclusiveAddressUse ExclusiveAddressUse ExclusiveAddressUse ExclusiveAddressUse -5

ソケットを排他アクセス用にバインドできるようにします。Enables a socket to be bound for exclusive access.

Expedited Expedited Expedited Expedited 2

RFC-1222 の定義に従って、優先データを使用します。Use expedited data as defined in RFC-1222. このオプションは 1 回だけ設定できます。いったん設定すると、オフにすることはできません。This option can be set only once; after it is set, it cannot be turned off.

HeaderIncluded HeaderIncluded HeaderIncluded HeaderIncluded 2

アプリケーションが発信データグラムに IP ヘッダーを提供していることを示します。Indicates that the application provides the IP header for outgoing datagrams.

HopLimit HopLimit HopLimit HopLimit 21

インターネット プロトコル Version 6 (IPv6) パケットのルーターの最大ホップ数を指定します。Specifies the maximum number of router hops for an Internet Protocol version 6 (IPv6) packet. これは、インターネット プロトコル Version 4 の有効期間 (TTL) のようなものです。This is similar to Time to Live (TTL) for Internet Protocol version 4.

IPOptions IPOptions IPOptions IPOptions 1

発信データグラムに挿入する IP オプションを指定します。Specifies the IP options to be inserted into outgoing datagrams.

IPProtectionLevel IPProtectionLevel IPProtectionLevel IPProtectionLevel 23

IPv6 ソケットを特定のスコープ (同じリンク ローカルまたはサイト ローカル プレフィックスを持つアドレスなど) に制限できます。このソケット オプションを使用したアプリケーションは、IPv6 ソケットに対するアクセス制限を設定できます。Enables restriction of a IPv6 socket to a specified scope, such as addresses with the same link local or site local prefix.This socket option enables applications to place access restrictions on IPv6 sockets. この制限により、プライベート LAN で実行されるアプリケーションを外部からの攻撃に対して簡単かつ堅牢に強化できます。Such restrictions enable an application running on a private LAN to simply and robustly harden itself against external attacks. このソケット オプションで待機中のソケットのスコープを変更して、適切な場合はパブリック ユーザーおよびプライベート ユーザーからの無制限のアクセスを許可したり、必要に応じて同じサイトへのアクセスのみに制限したりできます。This socket option widens or narrows the scope of a listening socket, enabling unrestricted access from public and private users when appropriate, or restricting access only to the same site, as required. このソケット オプションには、IPProtectionLevel 列挙型で指定されている定義済みの保護レベルが設定されています。This socket option has defined protection levels specified in the IPProtectionLevel enumeration.

IpTimeToLive IpTimeToLive IpTimeToLive IpTimeToLive 4

IP ヘッダーの Time-to-Live (有効期間) フィールドを設定します。Set the IP header Time-to-Live field.

IPv6Only IPv6Only IPv6Only IPv6Only 27

AF_INET6 アドレス ファミリ用に作成されたソケットが IPv6 通信のみに制限されるかどうかを示します。Indicates if a socket created for the AF_INET6 address family is restricted to IPv6 communications only. AF_INET6 アドレス ファミリ用に作成されたソケットは、IPv6 通信と IPv4 通信の両方に使用できます。Sockets created for the AF_INET6 address family may be used for both IPv6 and IPv4 communications. アプリケーションによっては、AF_INET6 アドレス ファミリ用に作成されたソケットの使用を IPv6 通信のみに制限する必要があります。Some applications may want to restrict their use of a socket created for the AF_INET6 address family to IPv6 communications only. この値がゼロ以外の場合 (Windows での既定値)、AF_INET6 アドレス ファミリ用に作成されたソケットは、IPv6 パケットの送受信のみに使用できます。When this value is non-zero (the default on Windows), a socket created for the AF_INET6 address family can be used to send and receive IPv6 packets only. この値がゼロの場合、AF_INET6 アドレス ファミリ用に作成されたソケットは、IPv6 アドレスまたは IPv4 アドレスとのパケットの送受信に使用できます。When this value is zero, a socket created for the AF_INET6 address family can be used to send and receive packets to and from an IPv6 address or an IPv4 address. IPv4 アドレスとやり取りできるようにするには、IPv4 でマップされたアドレスを使用する必要があります。Note that the ability to interact with an IPv4 address requires the use of IPv4 mapped addresses. このソケット オプションは、Windows Vista 以降でサポートされています。This socket option is supported on Windows Vista or later.

KeepAlive KeepAlive KeepAlive KeepAlive 8

Keep-alive を使用します。Use keep-alives.

Linger Linger Linger Linger 128

未送信のデータが存在する場合は、閉じた後も接続を維持します。Linger on close if unsent data is present.

MaxConnections MaxConnections MaxConnections MaxConnections 2147483647

サポートされていません。使用すると SocketException がスローされます。Not supported; will throw a SocketException if used.

MulticastInterface MulticastInterface MulticastInterface MulticastInterface 9

発信マルチキャスト パケットのインターフェイスを設定します。Set the interface for outgoing multicast packets.

MulticastLoopback MulticastLoopback MulticastLoopback MulticastLoopback 11

IP マルチキャスト ループバック。An IP multicast loopback.

MulticastTimeToLive MulticastTimeToLive MulticastTimeToLive MulticastTimeToLive 10

IP マルチキャストの有効期間。An IP multicast Time to Live.

NoChecksum NoChecksum NoChecksum NoChecksum 1

チェックサムを 0 に設定して UDP データグラムを送信します。Send UDP datagrams with checksum set to zero.

NoDelay NoDelay NoDelay NoDelay 1

送信結合用の Nagle アルゴリズムを無効にします。Disables the Nagle algorithm for send coalescing.

OutOfBandInline OutOfBandInline OutOfBandInline OutOfBandInline 256

通常のデータ ストリーム内の帯域外データを受信します。Receives out-of-band data in the normal data stream.

PacketInformation PacketInformation PacketInformation PacketInformation 19

受信したパケットに関する情報を返します。Return information about received packets.

ReceiveBuffer ReceiveBuffer ReceiveBuffer ReceiveBuffer 4098

受信用に予約するソケット単位の合計バッファー領域を指定します。Specifies the total per-socket buffer space reserved for receives. これは最大メッセージ サイズまたは TCP ウィンドウのサイズとは関係ありません。This is unrelated to the maximum message size or the size of a TCP window.

ReceiveLowWater ReceiveLowWater ReceiveLowWater ReceiveLowWater 4100

Receive 操作の下限値を指定します。Specifies the low water mark for Receive operations.

ReceiveTimeout ReceiveTimeout ReceiveTimeout ReceiveTimeout 4102

タイムアウトを受信します。このオプションは、同期メソッドにだけ適用されます。BeginSend(Byte[], Int32, Int32, SocketFlags, AsyncCallback, Object) などの非同期メソッドに対しては機能しません。Receive a time-out. This option applies only to synchronous methods; it has no effect on asynchronous methods such as the BeginSend(Byte[], Int32, Int32, SocketFlags, AsyncCallback, Object) method.

ReuseAddress ReuseAddress ReuseAddress ReuseAddress 4

既に使用されているアドレスにソケットをバインドすることを許可します。Allows the socket to be bound to an address that is already in use.

ReuseUnicastPort ReuseUnicastPort ReuseUnicastPort ReuseUnicastPort 12295

発信接続用の一時的なポート割り当てにシステムが従う必要があることを示します。Indicates that the system should defer ephemeral port allocation for outbound connections. これは、Winsock2 SO_REUSE_UNICASTPORT ソケット オプションを使用することに相当します。This is equivalent to using the Winsock2 SO_REUSE_UNICASTPORT socket option.

SendBuffer SendBuffer SendBuffer SendBuffer 4097

送信用に予約するソケット単位の合計バッファー領域を指定します。Specifies the total per-socket buffer space reserved for sends. これは最大メッセージ サイズまたは TCP ウィンドウのサイズとは関係ありません。This is unrelated to the maximum message size or the size of a TCP window.

SendLowWater SendLowWater SendLowWater SendLowWater 4099

Send 操作の下限値を指定します。Specifies the low water mark for Send operations.

SendTimeout SendTimeout SendTimeout SendTimeout 4101

タイムアウトを送信します。このオプションは、同期メソッドにだけ適用されます。BeginSend(Byte[], Int32, Int32, SocketFlags, AsyncCallback, Object) などの非同期メソッドに対しては機能しません。Send a time-out. This option applies only to synchronous methods; it has no effect on asynchronous methods such as the BeginSend(Byte[], Int32, Int32, SocketFlags, AsyncCallback, Object) method.

TcpKeepAliveInterval TcpKeepAliveInterval TcpKeepAliveInterval TcpKeepAliveInterval 17

TCP 接続が別のキープアライブ プローブを送信するまでにキープアライブ応答を待機する秒数。The number of seconds a TCP connection will wait for a keepalive response before sending another keepalive probe.

TcpKeepAliveRetryCount TcpKeepAliveRetryCount TcpKeepAliveRetryCount TcpKeepAliveRetryCount 16

接続が終了するまでに送信される TCP キープアライブ プローブの数。The number of TCP keep alive probes that will be sent before the connection is terminated.

TcpKeepAliveTime TcpKeepAliveTime TcpKeepAliveTime TcpKeepAliveTime 3

TCP 接続がアライブ/アイドル状態になってからキープアライブ プローブがリモートに送信されるまでの秒数。The number of seconds a TCP connection will remain alive/idle before keepalive probes are sent to the remote.

Type Type Type Type 4104

ソケット タイプを取得します。Gets the socket type.

TypeOfService TypeOfService TypeOfService TypeOfService 3

IP ヘッダーの Type of Service フィールドを変更します。Change the IP header type of the service field.

UnblockSource UnblockSource UnblockSource UnblockSource 18

以前にブロックしたソースのブロックを解除します。Unblock a previously blocked source.

UpdateAcceptContext UpdateAcceptContext UpdateAcceptContext UpdateAcceptContext 28683

既存のソケットのプロパティを使用して、受け入れられたソケットのプロパティを更新します。Updates an accepted socket's properties by using those of an existing socket. これは、Winsock2 SO_UPDATE_ACCEPT_CONTEXT ソケット オプションを使用することに相当し、接続指向のソケットでだけサポートされています。This is equivalent to using the Winsock2 SO_UPDATE_ACCEPT_CONTEXT socket option and is supported only on connection-oriented sockets.

UpdateConnectContext UpdateConnectContext UpdateConnectContext UpdateConnectContext 28688

既存のソケットのプロパティを使用して、接続されたソケットのプロパティを更新します。Updates a connected socket's properties by using those of an existing socket. これは、Winsock2 SO_UPDATE_CONNECT_CONTEXT ソケット オプションを使用することに相当し、接続指向のソケットでだけサポートされています。This is equivalent to using the Winsock2 SO_UPDATE_CONNECT_CONTEXT socket option and is supported only on connection-oriented sockets.

UseLoopback UseLoopback UseLoopback UseLoopback 64

可能な場合はハードウェアをバイパスします。Bypass hardware when possible.

次のコード例では、この列挙を使用してソケットオプションを設定します。The following code example uses this enumeration to set socket options.

// Specifies that send operations will time-out 
// if confirmation is not received within 1000 milliseconds.
s->SetSocketOption( SocketOptionLevel::Socket, SocketOptionName::SendTimeout, 1000 );

// Specifies that the Socket will linger for 10 seconds after Close is called.
LingerOption^ lingerOption = gcnew LingerOption( true,10 );

s->SetSocketOption( SocketOptionLevel::Socket, SocketOptionName::Linger, lingerOption );
// Send operations will time-out if confirmation 
// is not received within 1000 milliseconds.
s.SetSocketOption (SocketOptionLevel.Socket, SocketOptionName.SendTimeout, 1000);

// The socket will linger for 10 seconds after Socket.Close is called.
LingerOption lingerOption = new LingerOption (true, 10);

s.SetSocketOption (SocketOptionLevel.Socket, SocketOptionName.Linger, lingerOption);

'Send operations will time-out if confirmation is 
' not received within 1000 milliseconds.
s.SetSocketOption(SocketOptionLevel.Socket, SocketOptionName.SendTimeout, 1000)

' The socket will linger for 10 seconds after Socket.Close is called.
Dim lingerOption As New LingerOption(True, 10)
s.SetSocketOption(SocketOptionLevel.Socket, SocketOptionName.Linger, lingerOption)

注釈

列挙SocketOptionName体は、各Socket構成オプションの名前を定義します。The SocketOptionName enumeration defines the name of each Socket configuration option. ソケットは、 Socket.SetSocketOptionメソッドを使用して構成できます。Sockets can be configured with the Socket.SetSocketOption method.

適用対象

こちらもご覧ください