TransportContext クラス

定義

TransportContext クラスは、基になるトランスポート層に関する追加のコンテキストを提供します。The TransportContext class provides additional context about the underlying transport layer.

public ref class TransportContext abstract
public abstract class TransportContext
type TransportContext = class
Public MustInherit Class TransportContext
継承
TransportContext

注釈

TransportContextクラスは、 System.Security.Authentication.ExtendedProtection アプリケーションの拡張保護を使用した認証をサポートするために、名前空間のクラスと共に使用されます。The TransportContext class is used with classes in the System.Security.Authentication.ExtendedProtection namespace to provide support for authentication using extended protection for applications.

統合 Windows 認証の設計では、一部の資格情報のチャレンジ応答をユニバーサルにすることを許可しています。つまり、これらを再利用または転送することができます。The design of integrated Windows authentication allows for some credential challenge responses to be universal, meaning they can be re-used or forwarded. この特定の設計機能が必要でない場合は、少なくともターゲット固有の情報を使用してチャレンジ応答を構築し、チャネル固有の情報を使用することをお勧めします。If this particular design feature is not needed then the challenge responses should be constructed with, at minimum, target specific information and, at best, also some channel specific information. これにより、サービスは拡張保護を提供して、資格情報チャレンジ応答にサービス固有の情報 (サービスプロバイダー名または SPN) と、必要に応じてチャネル固有の情報 (チャネルバインディングトークンまたは CBT) を含めることができます。Services can then provide extended protection to ensure that credential challenge responses contain service specific information (a Service Provider Name or SPN) and, if necessary, channel specific information (a channel binding token or CBT). 資格情報の交換でこの情報を使用すると、不適切に取得された可能性がある資格情報チャレンジ応答の悪意のある使用からサービスを保護することができます。With this information in the credential exchanges, services are able to better protect against malicious use of credential challenge responses that might have been improperly obtained.

HttpWebRequest は、 WebRequest IWA を使用する可能性のあるクラスから派生した唯一のクラスです。HttpWebRequest is the only class derived from WebRequest class that can potentially use IWA. クラスは、 FtpWebRequest FTP クリアテキスト認証のみを行います。The FtpWebRequest class does only FTP clear text authentication. FileWebRequestクラスは認証を実行しません。The FileWebRequest class doesn't perform any authentication.

アプリケーションがインスタンスを取得するには、いくつかの方法があり TransportContext ます。There are several ways an application may get a TransportContext instance. を使用するアプリケーションは SslStreamTransportContext プロパティを使用してを取得でき TransportContext ます。An application that uses SslStream can get the TransportContext using the TransportContext property. を使用するアプリケーションで HttpWebRequest は、 TransportContext GetRequestStream メソッドまたはメソッドを使用してを取得でき EndGetRequestStream ます。An application that uses HttpWebRequest can get a TransportContext using the GetRequestStream or EndGetRequestStream methods.

コンストラクター

TransportContext()

TransportContext クラスの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of the TransportContext class.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetChannelBinding(ChannelBindingKind)

要求されたチャネル バインディングを取得します。Retrieves the requested channel binding.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetTlsTokenBindings()

トランスポート セキュリティ層のトークンのバインドを取得します。Gets the transport security layer token bindings.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください