WebProxy クラス

定義

WebRequest クラスの HTTP プロキシ設定を格納します。Contains HTTP proxy settings for the WebRequest class.

public ref class WebProxy : System::Net::IWebProxy, System::Runtime::Serialization::ISerializable
public ref class WebProxy : System::Runtime::Serialization::ISerializable
public class WebProxy : System.Net.IWebProxy, System.Runtime.Serialization.ISerializable
[System.Serializable]
public class WebProxy : System.Net.IWebProxy, System.Runtime.Serialization.ISerializable
[System.Serializable]
public class WebProxy : System.Runtime.Serialization.ISerializable
type WebProxy = class
    interface IWebProxy
    interface ISerializable
[<System.Serializable>]
type WebProxy = class
    interface IWebProxy
    interface ISerializable
[<System.Serializable>]
type WebProxy = class
    interface ISerializable
    interface IWebProxy
Public Class WebProxy
Implements ISerializable, IWebProxy
Public Class WebProxy
Implements ISerializable
継承
WebProxy
属性
実装

インスタンスをインスタンスに割り当てるコード例を次に示し WebProxy WebRequest ます。The following code example assigns a WebProxy instance to a WebRequest instance. インスタンスは、プロキシを使用して WebRequest 外部インターネットリソースに接続します。The WebRequest instance uses the proxy to connect to external Internet resources. (WPAD 機能の使用例については、クラスのドキュメントを参照してください IWebProxyScript )。(For an example that demonstrates using the WPAD feature, see the documentation for the IWebProxyScript class.)

WebProxy^ proxyObject = gcnew WebProxy( "http://proxyserver:80/",true );
WebRequest^ req = WebRequest::Create( "http://www.contoso.com" );
req->Proxy = proxyObject;
WebProxy proxyObject = new WebProxy("http://proxyserver:80/",true);
WebRequest req = WebRequest.Create("http://www.contoso.com");
req.Proxy = proxyObject;

Dim proxyObject As New WebProxy("http://proxyserver:80/", True)
Dim req As WebRequest = WebRequest.Create("http://www.contoso.com")
req.Proxy = proxyObject

注釈

クラスには WebProxyWebRequest Web プロキシを使用して要求を送信するかどうかを判断するためにインスタンスが使用するプロキシ設定が含まれます。The WebProxy class contains the proxy settings that WebRequest instances use to determine whether a Web proxy is used to send requests. グローバル Web プロキシの設定は、コンピューターとアプリケーションの構成ファイルで指定できます。また、アプリケーションはクラスのインスタンスを使用して、 WebProxy web プロキシの使用をカスタマイズできます。Global Web proxy settings can be specified in machine and application configuration files, and applications can use instances of the WebProxy class to customize Web proxy use. クラスは、 WebProxy インターフェイスの基本実装です IWebProxyThe WebProxy class is the base implementation of the IWebProxy interface.

Web プロキシクラスのインスタンスを取得するには、次のいずれかの方法を使用できます。To obtain instances of the Web proxy class, you can use any of the following methods:

これらのメソッドは、 WebProxy さらにカスタマイズ可能なインスタンスを提供します。これらのメソッドの違いは、インスタンスを初期化してからアプリケーションに返すことです。These methods each supply a WebProxy instance that you can further customize; the difference between them is how the instance is initialized before it is returned to your application. コンストラクターは、 WebProxy WebProxy プロパティがに設定されたクラスのインスタンスを返し Address null ます。The WebProxy constructor returns an instance of the WebProxy class with the Address property set to null. 要求が WebProxy この状態のインスタンスを使用する場合、要求の送信にプロキシは使用されません。When a request uses a WebProxy instance in this state, no proxy is used to send the request.

GetDefaultProxyメソッドは WebProxy Address 、、 BypassProxyOnLocal 、およびの各プロパティを BypassList Internet Explorer 5.5 以降で使用される値に設定して、クラスのインスタンスを返します。The GetDefaultProxy method returns an instance of the WebProxy class with the Address, BypassProxyOnLocal, and BypassList properties set to the values used by Internet Explorer 5.5 and later.

Selectこのメソッドは、 WebProxy Internet Explorer と構成ファイルの設定の組み合わせに従って、プロパティが設定されたクラスのインスタンスを返します。The Select method returns an instance of the WebProxy class with it properties set according to a combination of Internet Explorer and configuration file settings.

クラスでは、 WebProxy プロキシ構成スクリプトの自動検出と実行がサポートされています。The WebProxy class supports automatic detection and execution of proxy configuration scripts. この機能は、Web プロキシの自動検出 (WPAD) とも呼ばれます。This feature is also known as Web Proxy Auto-Discovery (WPAD). 自動プロキシ構成を使用する場合は、通常は Wpad.dat という名前の構成スクリプトを配置し、ダウンロードし、コンパイルして、実行する必要があります。When using automatic proxy configuration, a configuration script, typically named Wpad.dat, must be located, downloaded, compiled, and run. これらの操作が成功した場合、スクリプトは要求に使用できるプロキシを返します。If these operations are successful, the script returns the proxies that can be used for a request.

コンストラクター

WebProxy()

WebProxy クラスの空のインスタンスを初期化します。Initializes an empty instance of the WebProxy class.

WebProxy(SerializationInfo, StreamingContext)

既にシリアル化されたコンテンツを使用して、WebProxy クラスのインスタンスを初期化します。Initializes an instance of the WebProxy class using previously serialized content.

WebProxy(String)

指定した URI を使用して、WebProxy クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WebProxy class with the specified URI.

WebProxy(String, Boolean)

指定した URI とバイパス設定を使用して、WebProxy クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WebProxy class with the specified URI and bypass setting.

WebProxy(String, Boolean, String[])

指定した URI、バイパス設定、およびバイパスする URI の一覧を使用して、WebProxy クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WebProxy class with the specified URI, bypass setting, and list of URIs to bypass.

WebProxy(String, Boolean, String[], ICredentials)

指定した URI、バイパス設定、バイパスする URI の一覧、および資格情報を使用して、WebProxy クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WebProxy class with the specified URI, bypass setting, list of URIs to bypass, and credentials.

WebProxy(String, Int32)

指定したホストとポート番号を使用して、WebProxy クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WebProxy class with the specified host and port number.

WebProxy(Uri)

指定された WebProxy インスタンスから Uri クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WebProxy class from the specified Uri instance.

WebProxy(Uri, Boolean)

WebProxy インスタンスとバイパス設定を使用して、Uri クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WebProxy class with the Uri instance and bypass setting.

WebProxy(Uri, Boolean, String[])

指定した WebProxy インスタンス、バイパス設定、およびバイパスする URI の一覧を使用して、Uri クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WebProxy class with the specified Uri instance, bypass setting, and list of URIs to bypass.

WebProxy(Uri, Boolean, String[], ICredentials)

指定した WebProxy インスタンス、バイパス設定、バイパスする URI の一覧、および資格情報を使用して、Uri クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WebProxy class with the specified Uri instance, bypass setting, list of URIs to bypass, and credentials.

プロパティ

Address

プロキシ サーバーのアドレスを取得または設定します。Gets or sets the address of the proxy server.

BypassArrayList

プロキシ サーバーを使用しないアドレスの一覧を取得します。Gets a list of addresses that do not use the proxy server.

BypassList

プロキシ サーバーを使用しないアドレスの配列を取得または設定します。Gets or sets an array of addresses that do not use the proxy server.

BypassProxyOnLocal

ローカル アドレスに対してプロキシ サーバーをバイパスするかどうかを示す値を取得します。値の設定も可能です。Gets or sets a value that indicates whether to bypass the proxy server for local addresses.

Credentials

認証用のプロキシ サーバーに送信する資格情報を取得または設定します。Gets or sets the credentials to submit to the proxy server for authentication.

UseDefaultCredentials

Boolean が要求と共に送信されるかどうかを制御する DefaultCredentials 値を取得または設定します。Gets or sets a Boolean value that controls whether the DefaultCredentials are sent with requests.

メソッド

CreateDefaultProxy()
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetDefaultProxy()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

Internet Explorer の非動的なプロキシ設定を読み取ります。Reads the Internet Explorer nondynamic proxy settings.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

SerializationInfo に、ターゲット オブジェクトをシリアル化するために必要なデータを設定します。Populates a SerializationInfo with the data that is needed to serialize the target object.

GetProxy(Uri)

要求に対するプロキシの URI を返します。Returns the proxied URI for a request.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsBypassed(Uri)

指定したホストでプロキシ サーバーを使用するかどうかを示します。Indicates whether to use the proxy server for the specified host.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

ISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

WebProxy オブジェクトをシリアル化するためにシステムによって使用されるシリアル化データとコンテキストを作成します。Creates the serialization data and context that are used by the system to serialize a WebProxy object.

適用対象