WebRequest.CreatorInstance プロパティ

定義

警告

この API は現在使われていません。

派生クラスでオーバーライドされると、IWebRequestCreate クラスから派生するファクトリ オブジェクトを取得します。このクラスは、指定 URI に対して要求を行うためにインスタンス化される WebRequest を作成するために使用されます。When overridden in a descendant class, gets the factory object derived from the IWebRequestCreate class used to create the WebRequest instantiated for making the request to the specified URI.

public:
 virtual property System::Net::IWebRequestCreate ^ CreatorInstance { System::Net::IWebRequestCreate ^ get(); };
[System.Obsolete("This API supports the .NET Framework infrastructure and is not intended to be used directly from your code.", true)]
public virtual System.Net.IWebRequestCreate CreatorInstance { get; }
member this.CreatorInstance : System.Net.IWebRequestCreate
Public Overridable ReadOnly Property CreatorInstance As IWebRequestCreate

プロパティ値

Create(Uri) メソッドによって返される派生 WebRequest 型。The derived WebRequest type returned by the Create(Uri) method.

属性

注釈

このプロパティを使用すると、アプリケーションIWebRequestCreateは、要求の作成に使用された派生ファクトリオブジェクトを特定できます。This property allows an application to determine which IWebRequestCreate derived factory object was used to create the request. このオブジェクトは、 WebRequestCreatorまたはWebRequestCreatorのいずれかになりますが、からIWebRequestCreate派生したカスタムインスタンスである場合もあります。This object may be System.Net.Browser.WebRequestCreator.BrowserHttp or System.Net.Browser.WebRequestCreator.ClientHttp, but it may also be a custom instance derived from IWebRequestCreate. これにより、アプリケーションはSilverlightSilverlight SilverlightSilverlight 、ブラウザーのホスト、クライアント、または一部のカスタムオブジェクトが、 WebRequestインスタンスの HTTP 要求と応答を処理するかどうかを判断できます。This allows an application to determine whether the browser hosting SilverlightSilverlight, the SilverlightSilverlight client, or some custom object handles HTTP requests and responses for the WebRequest instance. メソッドを使用すると、特定の URI WebRequestに要求を行うときにインスタンス化される派生型をアプリケーションで構成できます。 RegisterPrefixThe RegisterPrefix method allows an application to configure which derived WebRequest type will be instantiated when making a request to a specific URI. WebRequest作成者は、通常、HTTP や HTTPS などの特定のプロトコルを処理するように登録されますが、サーバー上の特定のサーバーまたはパスへの要求を処理するように登録できます。WebRequest creators are typically registered to handle a specific protocol, such HTTP or HTTPS, but can be registered to handle a request to a specific server or path on a server. これは、複数の派生WebRequest型で同じプロトコルの要求を処理できる場合に便利です。This is useful when more than one derived WebRequest type can process requests for the same protocol. 以降Microsoft Silverlight 3Microsoft Silverlight 3のランタイムでは、それぞれ異なる機能を持つ複数の HTTP ハンドラーがサポートされています。The Microsoft Silverlight 3Microsoft Silverlight 3 and later runtime supports multiple HTTP handlers each having different capabilities. たとえば、WebRequestCreator の状態転送 (REST) を使用する web サービスでは、 ClientHttpハンドラーが必要になる場合がありますが、SOAP web サービスでは既定値を使用できる場合があります。WebRequestCreator を参照してください。For example, a web service that uses Representational State Transfer (REST) might require the System.Net.Browser.WebRequestCreator.ClientHttp handler while a SOAP web service might be able to use the default System.Net.Browser.WebRequestCreator.BrowserHttp handler.

適用対象