WebUtility.UrlEncode(String) WebUtility.UrlEncode(String) WebUtility.UrlEncode(String) WebUtility.UrlEncode(String) Method

定義

テキスト文字列を URL エンコードされた文字列に変換します。Converts a text string into a URL-encoded string.

public:
 static System::String ^ UrlEncode(System::String ^ value);
public static string UrlEncode (string value);
static member UrlEncode : string -> string
Public Shared Function UrlEncode (value As String) As String

パラメーター

value
String String String String

URL エンコードするテキスト。The text to URL-encode.

戻り値

URL エンコードされた文字列。A URL-encoded string.

注釈

HTTP ストリームで空白および句読点などの文字が渡された場合、受信側で誤って解釈される可能性があります。If characters such as blanks and punctuation are passed in an HTTP stream, they might be misinterpreted at the receiving end. URL エンコードには、文字エン ティティの 16 進数のエスケープ シーケンスで構成されると、URL で許可されていない文字が置き換えられます。URL encoding replaces characters that are not allowed in a URL with character-entity equivalents consisting of hexadecimal escape sequences. 変換後の文字列は、utf-8 形式に準拠するいると想定されます。The converted string is expected to conform to the UTF-8 format.

URL エンコードには、アルファベット、数字、および次の区切り文字を除くすべての文字コードが置き換えられます。URL encoding replaces all character codes except for letters, numbers, and the following punctuation characters:

  • - (マイナス記号)- (minus sign)

  • _ (アンダー スコア)_ (underscore)

  • . (ピリオド). (period)

  • ! (感嘆符)! (exclamation point)

  • * (アスタリスク)* (asterisk)

  • ( ) (かっこと右かっこ)( and ) (opening and closing parentheses)

文字、URL で送信されるテキストのブロックに埋め込まれている場合など、<>としてエンコードされます%3c%3eします。For example, when embedded in a block of text to be transmitted in a URL, the characters < and > are encoded as %3c and %3e.

UrlDecodeメソッドは、エンコードを反転させます。The UrlDecode method reverses the encoding.

適用対象