BigInteger.ToByteArray メソッド

定義

オーバーロード

ToByteArray()

BigInteger 値をバイト配列に変換します。

ToByteArray(Boolean, Boolean)

使用できる最も少ないバイト数を使用して、この BigInteger の値をバイト配列として返します。 値が 0 の場合は、その要素が 0x00 である 1 バイトの配列を返します。

ToByteArray()

BigInteger 値をバイト配列に変換します。

public:
 cli::array <System::Byte> ^ ToByteArray();
public byte[] ToByteArray ();
member this.ToByteArray : unit -> byte[]
Public Function ToByteArray () As Byte()

戻り値

Byte[]

現在の BigInteger オブジェクトをバイトの配列に変換した値。

次の例は、一部の値がバイト BigInteger 配列でどのように表されるのか示しています。

using System;
using System.Numerics;

public class Example
{
   static byte[] bytes;

   public static void Main()
   {
      BigInteger[] numbers = { BigInteger.MinusOne, BigInteger.One,
                               BigInteger.Zero, 120, 128, 255, 1024,
                               Int64.MinValue, Int64.MaxValue,
                               BigInteger.Parse("90123123981293054321") };
      foreach (BigInteger number in numbers)
      {
         bytes = number.ToByteArray();
         Console.Write("{0} ({1}) -> ", number, number.ToString(GetSpecifier()));
         Console.Write("{0} bytes: ", bytes.Length);
         foreach (byte byteValue in bytes)
            Console.Write("{0:X2} ", byteValue);

         Console.WriteLine();
      }
   }

   private static string GetSpecifier()
   {
      return "X" + (bytes.Length * 2).ToString();
   }
}
// The example displays the following output:
//    -1 (FF) -> 1 bytes: FF
//    1 (01) -> 1 bytes: 01
//    0 (00) -> 1 bytes: 00
//    120 (78) -> 1 bytes: 78
//    128 (0080) -> 2 bytes: 80 00
//    255 (00FF) -> 2 bytes: FF 00
//    1024 (0400) -> 2 bytes: 00 04
//    -9223372036854775808 (8000000000000000) -> 8 bytes: 00 00 00 00 00 00 00 80
//    9223372036854775807 (7FFFFFFFFFFFFFFF) -> 8 bytes: FF FF FF FF FF FF FF 7F
//    90123123981293054321 (04E2B5A7C4A975E971) -> 9 bytes: 71 E9 75 A9 C4 A7 B5 E2 04
Imports System.Numerics

Module Example
   Dim bytes() As Byte
      
   Public Sub Main()
      Dim numbers() As BigInteger = { BigInteger.MinusOne, BigInteger.One, 
                                      BigInteger.Zero, 120, 128, 255, 1024, 
                                      Int64.MinValue, Int64.MaxValue, 
                                      BigInteger.Parse("90123123981293054321") }
      For Each number As BigInteger In numbers
         bytes = number.ToByteArray()
         Console.Write("{0} ({1}) -> ", number, number.ToString(GetSpecifier()))
         Console.Write("{0} bytes: ", bytes.Length)
         For Each byteValue As Byte In bytes
            Console.Write("{0:X2} ", byteValue)
         Next
         Console.WriteLine()
      Next   
   End Sub
   
   Private Function GetSpecifier() As String
      Return "X" + CStr(bytes.Length * 2)
   End Function
End Module
' The example displays the following output:
'    -1 (FF) -> 1 bytes: FF
'    1 (01) -> 1 bytes: 01
'    0 (00) -> 1 bytes: 00
'    120 (78) -> 1 bytes: 78
'    128 (0080) -> 2 bytes: 80 00
'    255 (00FF) -> 2 bytes: FF 00
'    1024 (0400) -> 2 bytes: 00 04
'    -9223372036854775808 (8000000000000000) -> 8 bytes: 00 00 00 00 00 00 00 80
'    9223372036854775807 (7FFFFFFFFFFFFFFF) -> 8 bytes: FF FF FF FF FF FF FF 7F
'    90123123981293054321 (04E2B5A7C4A975E971) -> 9 bytes: 71 E9 75 A9 C4 A7 B5 E2 04

注釈

このメソッドによって返される配列内の個々のバイトは、リトル エンディアン順に表示されます。 つまり、値の下位バイトが上位バイトの前になります。 配列の最初のバイトは値の最初の 8 ビットを反映し、2 番目のバイトは次の 8 ビットを BigInteger 反映します。 たとえば、値 1024 または 0x0400 は、2 バイトの次の配列として格納されます。

要素 バイト値
0 0x00
1 0x04

負の値は、可能な限りコンパクトな形式で 2 つの補数表現を使用して配列に書き込まれます。 たとえば、-1 は、 などの複数の要素を持つ配列として ではなく 値を持つ 1 バイト 0xFF 0xFF 0xFF 0xFF 0xFF として表 0xFF されます 0xFF

2 の補数表現は常に配列内の最後のバイトの最も高いビット (位置のバイト) を符号ビットとして解釈します。そのため、 メソッドは、符号ビットが設定されているとして解釈できる正の値をあいまいにするために、値が Array.Length 0 の余分な要素を持つバイト配列を返します。 - 1 たとえば、値 120 または は、1 バイト配列 0x78 として表されます。 0x78 ただし、128 または は、2 バイト配列 、、 0x80 として表 0x80 されます 0x00

値をラウンドトリップするには、値をバイト配列に格納し、 コンストラクターを使用 BigInteger して復元 BigInteger(Byte[]) します。

注意事項

コードが値を復元する前に、このメソッドによって返される配列内の個々のバイトの値を変更する場合は、意図せずに符号ビットを変更しない必要があります。 たとえば、変更が正の値を増やしてバイト配列の最後の要素の最も高いビットが設定された場合、値が 0 の新しいバイトを配列の末尾に追加できます。

適用対象

ToByteArray(Boolean, Boolean)

使用できる最も少ないバイト数を使用して、この BigInteger の値をバイト配列として返します。 値が 0 の場合は、その要素が 0x00 である 1 バイトの配列を返します。

public byte[] ToByteArray (bool isUnsigned = false, bool isBigEndian = false);
member this.ToByteArray : bool * bool -> byte[]
Public Function ToByteArray (Optional isUnsigned As Boolean = false, Optional isBigEndian As Boolean = false) As Byte()

パラメーター

isUnsigned
Boolean

符号なしのエンコードを使用するには true。それ以外の場合は false

isBigEndian
Boolean

ビッグ エンディアンのバイト順にバイトを書き込む場合は true。それ以外の場合は false

戻り値

Byte[]

現在の BigInteger オブジェクトをバイトの配列に変換した値。

例外

isUnsignedtrue で、Sign が負の値の場合。

注釈

整数値は、 33022 次の 4 つの異なる配列でエクスポートできます。

Properties 結果
isUnsigned: false, isBigEndian: false new byte[] { 0xFE, 0x80, 0x00 }
isUnsigned: false, isBigEndian: true new byte[] { 0x00, 0x80, 0xFE }
isUnsigned: true, isBigEndian: false new byte[] { 0xFE, 0x80 }
isUnsigned: true, isBigEndian: true new byte[] { 0x80, 0xFE }

適用対象