Matrix3x2 構造体

定義

3 × 2 行列を表します。

public value class Matrix3x2 : IEquatable<System::Numerics::Matrix3x2>
public struct Matrix3x2 : IEquatable<System.Numerics.Matrix3x2>
type Matrix3x2 = struct
Public Structure Matrix3x2
Implements IEquatable(Of Matrix3x2)
継承
Matrix3x2
実装

注釈

行列変換の場合、インスタンス Vector2Vector3Vector4 が行を表します。マトリックス MvM の乗算によりベクター v が変換されます。

コンストラクター

Matrix3x2(Single, Single, Single, Single, Single, Single)

指定した成分の 3 × 2 行列を作成します。

フィールド

M11

最初の行の最初の要素。

M12

最初の行の 2 番目の要素。

M21

2 番目の行の最初の要素。

M22

2 番目の行の 2 番目の要素。

M31

3 番目の行の最初の要素。

M32

3 番目の行の 2 番目の要素。

プロパティ

Identity

積単位行列を取得します。

IsIdentity

現在の行列が単位行列かどうかを示します。

Translation

この行列の平行移動成分を取得または設定します。

メソッド

Add(Matrix3x2, Matrix3x2)

1 つの行列の各要素に、2 番目の行列の対応する要素を加算します。

CreateRotation(Single)

ラジアンで指定した回転を使用して回転行列を作成します。

CreateRotation(Single, Vector2)

ラジアンで指定した回転量、および中心点を使用して、回転行列を作成します。

CreateScale(Single)

指定された拡大率による一様拡大縮小を表す拡大縮小行列を作成します。

CreateScale(Single, Single)

指定した X および Y 成分による拡大縮小行列を作成します。

CreateScale(Single, Single, Vector2)

特定の中心点をオフセットとする拡大縮小行列を作成します。

CreateScale(Single, Vector2)

指定された中心からのオフセットで、指定された拡大率の一様拡大縮小を表す拡大縮小行列を作成します。

CreateScale(Vector2)

指定したベクトル拡大率から、拡大縮小行列を作成します。

CreateScale(Vector2, Vector2)

指定された中心点からのオフセットで、指定されたベクトル拡大率に基づいて、拡大縮小行列を作成します。

CreateSkew(Single, Single)

ラジアンで指定した角度から、傾斜行列を作成します。

CreateSkew(Single, Single, Vector2)

ラジアンで指定した角度、および中心点から、傾斜行列を作成します。

CreateTranslation(Single, Single)

指定した X および Y 成分から平行移動行列を作成します。

CreateTranslation(Vector2)

指定した 2 次元ベクトルから平行移動行列を作成します。

Equals(Matrix3x2)

このインスタンスと、別の 3 × 2 行列が等しいかどうかを示す値を返します。

Equals(Object)

このインスタンスと、指定したオブジェクトが等しいかどうかを示す値を返します。

GetDeterminant()

この行列の行列式を計算します。

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

Invert(Matrix3x2, Matrix3x2)

指定した行列の逆行列を計算します。 戻り値は、演算が成功したかどうかを示します。

Lerp(Matrix3x2, Matrix3x2, Single)

1 つの行列から 2 番目の行列までの線形補間を、2 番目の行列の重み付けを指定する値に基づいて実行します。

Multiply(Matrix3x2, Matrix3x2)

2 つの行列の乗算結果となる積行列を返します。

Multiply(Matrix3x2, Single)

指定した行列のすべての要素をスカラー因子倍した行列を返します。

Negate(Matrix3x2)

指定した行列のすべての成分値に -1 を乗算することにより、その符号を反転します。

Subtract(Matrix3x2, Matrix3x2)

2 番目の行列の各要素を、最初の行列の対応する要素からそれぞれ減算します。

ToString()

この行列を表す文字列を返します。

演算子

Addition(Matrix3x2, Matrix3x2)

1 つの行列の各要素に、2 番目の行列の対応する要素を加算します。

Equality(Matrix3x2, Matrix3x2)

指定された行列が等しいかどうかを示す値を返します。

Inequality(Matrix3x2, Matrix3x2)

指定された行列が等しくないかどうかを示す値を返します。

Multiply(Matrix3x2, Matrix3x2)

2 つの行列の乗算結果となる積行列を返します。

Multiply(Matrix3x2, Single)

指定した行列のすべての要素をスカラー因子倍した行列を返します。

Subtraction(Matrix3x2, Matrix3x2)

2 番目の行列の各要素を、最初の行列の対応する要素からそれぞれ減算します。

UnaryNegation(Matrix3x2)

指定した行列のすべての成分値に -1 を乗算することにより、その符号を反転します。

適用対象