Object.GetHashCode メソッド

定義

既定のハッシュ関数として機能します。

public:
 virtual int GetHashCode();
public virtual int GetHashCode ();
abstract member GetHashCode : unit -> int
override this.GetHashCode : unit -> int
Public Overridable Function GetHashCode () As Integer

戻り値

Int32

現在のオブジェクトのハッシュ コード。

型と同じまたは小さい範囲の数値のハッシュ コードを計算する最も簡単な方法の Int32 1 つは、その値を単に返す方法です。 次の例は、構造体のこのような実装を Number 示しています。

using System;

public struct Number
{
   private int n;

   public Number(int value)
   {
      n = value;
   }

   public int Value
   {
      get { return n; }
   }

   public override bool Equals(Object obj)
   {
      if (obj == null || ! (obj is Number))
         return false;
      else
         return n == ((Number) obj).n;
   }

   public override int GetHashCode()
   {
      return n;
   }

   public override string ToString()
   {
      return n.ToString();
   }
}

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      Random rnd = new Random();
      for (int ctr = 0; ctr <= 9; ctr++) {
         int randomN = rnd.Next(Int32.MinValue, Int32.MaxValue);
         Number n = new Number(randomN);
         Console.WriteLine("n = {0,12}, hash code = {1,12}", n, n.GetHashCode());
      }
   }
}
// The example displays output like the following:
//       n =   -634398368, hash code =   -634398368
//       n =   2136747730, hash code =   2136747730
//       n =  -1973417279, hash code =  -1973417279
//       n =   1101478715, hash code =   1101478715
//       n =   2078057429, hash code =   2078057429
//       n =   -334489950, hash code =   -334489950
//       n =    -68958230, hash code =    -68958230
//       n =   -379951485, hash code =   -379951485
//       n =    -31553685, hash code =    -31553685
//       n =   2105429592, hash code =   2105429592
open System

[<Struct; CustomEquality; NoComparison>]
type Number(value: int) =
    member _.Value = value

    override _.Equals(obj) =
        match obj with
        | :? Number as n ->
            n.Value = value
        | _ -> false

    override _.GetHashCode() =
        value

    override _.ToString() =
        string value

let rnd = Random()
for _ = 0 to 9 do
    let randomN = rnd.Next(Int32.MinValue, Int32.MaxValue)
    let n = Number randomN
    printfn $"n = {n,12}, hash code = {n.GetHashCode(),12}"
// The example displays output like the following:
//       n =   -634398368, hash code =   -634398368
//       n =   2136747730, hash code =   2136747730
//       n =  -1973417279, hash code =  -1973417279
//       n =   1101478715, hash code =   1101478715
//       n =   2078057429, hash code =   2078057429
//       n =   -334489950, hash code =   -334489950
//       n =    -68958230, hash code =    -68958230
//       n =   -379951485, hash code =   -379951485
//       n =    -31553685, hash code =    -31553685
//       n =   2105429592, hash code =   2105429592
Public Structure Number
   Private n As Integer

   Public Sub New(value As Integer)
      n = value
   End Sub

   Public ReadOnly Property Value As Integer
      Get
         Return n
      End Get
   End Property
   
   Public Overrides Function Equals(obj As Object) As Boolean
      If obj Is Nothing OrElse Not TypeOf obj Is Number Then
         Return False
      Else
         Return n = CType(obj, Number).n
      End If
   End Function      
   
   Public Overrides Function GetHashCode() As Integer
      Return n
   End Function
   
   Public Overrides Function ToString() As String
      Return n.ToString()
   End Function
End Structure

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim rnd As New Random()
      For ctr As Integer = 0 To 9
         Dim randomN As Integer = rnd.Next(Int32.MinValue, Int32.MaxValue)
         Dim n As New Number(randomN)
         Console.WriteLine("n = {0,12}, hash code = {1,12}", n, n.GetHashCode())
      Next
   End Sub
End Module
' The example displays output like the following:
'       n =   -634398368, hash code =   -634398368
'       n =   2136747730, hash code =   2136747730
'       n =  -1973417279, hash code =  -1973417279
'       n =   1101478715, hash code =   1101478715
'       n =   2078057429, hash code =   2078057429
'       n =   -334489950, hash code =   -334489950
'       n =    -68958230, hash code =    -68958230
'       n =   -379951485, hash code =   -379951485
'       n =    -31553685, hash code =    -31553685
'       n =   2105429592, hash code =   2105429592

多くの場合、型にはハッシュ コードの生成に関与できる複数のデータ フィールドがあります。 ハッシュ コードを生成する方法の 1 つは、次の例に示すように、操作を XOR (eXclusive OR) 使用してこれらのフィールドを結合することです。

using System;

// A type that represents a 2-D point.
public struct Point
{
    private int x;
    private int y;

    public Point(int x, int y)
    {
       this.x = x;
       this.y = y;
    }

    public override bool Equals(Object obj)
    {
       if (! (obj is Point)) return false;

       Point p = (Point) obj;
       return x == p.x & y == p.y;
    }

    public override int GetHashCode()
    {
        return x ^ y;
    }
}

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      Point pt = new Point(5, 8);
      Console.WriteLine(pt.GetHashCode());

      pt = new Point(8, 5);
      Console.WriteLine(pt.GetHashCode());
   }
}
// The example displays the following output:
//       13
//       13
// A type that represents a 2-D point.
[<Struct; CustomEquality; NoComparison>]
type Point(x: int, y: int) =
    member _.X = x
    member _.Y = y

    override _.Equals(obj) =
        match obj with
        | :? Point as p ->
            x = p.X && y = p.Y
        | _ -> 
            false

    override _.GetHashCode() =
        x ^^^ y

let pt = Point(5, 8)
printfn $"{pt.GetHashCode()}"

let pt2 = Point(8, 5)
printfn $"{pt.GetHashCode()}"
// The example displays the following output:
//       13
//       13
' A type that represents a 2-D point.
Public Structure Point
    Private x As Integer
    Private y As Integer

    Public Sub New(x As Integer, y As Integer)
       Me.x = x
       Me.y = y
    End Sub
    
    Public Overrides Function Equals(obj As Object) As Boolean
       If Not TypeOf obj Is Point Then Return False
       
       Dim p As Point = CType(obj, Point)
       Return x = p.x And y = p.y
    End Function
    
    Public Overrides Function GetHashCode() As Integer 
        Return x Xor y
    End Function 
End Structure 

Public Module Example
   Public Sub Main() 
      Dim pt As New Point(5, 8)
      Console.WriteLine(pt.GetHashCode())
        
      pt = New Point(8, 5)
      Console.WriteLine(pt.GetHashCode())
   End Sub 
End Module

前の例では、(n1、n2) と (n2、n1) に同じハッシュ コードが返されるため、望ましいよりも多くの競合が生成される可能性があります。 このような場合のハッシュ コードが同一でないように、いくつかのソリューションを使用できます。 1 つは、各フィールドの順序を Tuple 反映するオブジェクトのハッシュ コードを返します。 次の例は、クラスを使用する可能性のある実装を Tuple<T1,T2> 示しています。 ただし、オブジェクトのインスタンス化のパフォーマンス オーバーヘッドは、多数のオブジェクトを Tuple ハッシュ テーブルに格納するアプリケーションの全体的なパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があることに注意してください。

using System;

public struct Point
{
    private int x;
    private int y;

    public Point(int x, int y)
    {
       this.x = x;
       this.y = y;
    }

    public override bool Equals(Object obj)
    {
        if (obj is Point)
        {
            Point p = (Point) obj;
            return x == p.x & y == p.y;
        }
        else
        {
            return false;
        }      
    }

    public override int GetHashCode()
    {
        return Tuple.Create(x, y).GetHashCode();
    }
}

public class Example
{
   public static void Main()
   {
        Point pt = new Point(5, 8);
        Console.WriteLine(pt.GetHashCode());

        pt = new Point(8, 5);
        Console.WriteLine(pt.GetHashCode());
   }
}
// The example displays the following output:
//       173
//       269
[<Struct; CustomEquality; NoComparison>]
type Point(x: int, y: int) =
    member _.X = x
    member _.Y = y

    override _.Equals(obj) =
        match obj with
        | :? Point as p ->
            x = p.X && y = p.Y
        | _ -> 
            false

    override _.GetHashCode() =
        (x, y).GetHashCode()

let pt = Point(5, 8)
printfn $"{pt.GetHashCode()}"

let pt2 = Point(8, 5)
printfn $"{pt2.GetHashCode()}"
// The example displays the following output:
//       173
//       269
Public Structure Point
    Private x As Integer
    Private y As Integer

    Public Sub New(x As Integer, y As Integer)
       Me.x = x
       Me.y = y
    End Sub
    
    Public Overrides Function Equals(obj As Object) As Boolean
       If Not TypeOf obj Is Point Then Return False
       
       Dim p As Point = CType(obj, Point)
       Return x = p.x And y = p.y
    End Function
    
    Public Overrides Function GetHashCode() As Integer 
        Return Tuple.Create(x, y).GetHashCode()
    End Function 
End Structure 

Public Module Example
    Public Sub Main() 
        Dim pt As New Point(5, 8)
        Console.WriteLine(pt.GetHashCode())
        
        pt = New Point(8, 5)
        Console.WriteLine(pt.GetHashCode())
    End Sub 
End Module         
' The example displays the following output:
'       173
'       269

2 つ目の代替ソリューションでは、連続するフィールドのハッシュ コードを 2 ビット以上左シフトすることで、個々のハッシュ コードに重み付けを行います。 最適には、ビット 31 を超えてシフトされたビットは、破棄されるのではなくラップする必要があります。 ビットは C# と Visual Basicの両方の左シフト演算子によって破棄されるため、次のような左シフトアンドラップ メソッドを作成する必要があります。

public int ShiftAndWrap(int value, int positions)
{
    positions = positions & 0x1F;

    // Save the existing bit pattern, but interpret it as an unsigned integer.
    uint number = BitConverter.ToUInt32(BitConverter.GetBytes(value), 0);
    // Preserve the bits to be discarded.
    uint wrapped = number >> (32 - positions);
    // Shift and wrap the discarded bits.
    return BitConverter.ToInt32(BitConverter.GetBytes((number << positions) | wrapped), 0);
}
let shiftAndWrap (value: int) positions =
    let positions = positions &&& 0x1F

    // Save the existing bit pattern, but interpret it as an unsigned integer.
    let number = BitConverter.ToUInt32(BitConverter.GetBytes value, 0)
    // Preserve the bits to be discarded.
    let wrapped = number >>> (32 - positions)
    // Shift and wrap the discarded bits.
    BitConverter.ToInt32(BitConverter.GetBytes((number <<< positions) ||| wrapped), 0)
Public Function ShiftAndWrap(value As Integer, positions As Integer) As Integer
   positions = positions And &h1F
   
   ' Save the existing bit pattern, but interpret it as an unsigned integer.
   Dim number As UInteger = BitConverter.ToUInt32(BitConverter.GetBytes(value), 0)
   ' Preserve the bits to be discarded.
   Dim wrapped AS UInteger = number >> (32 - positions)
   ' Shift and wrap the discarded bits.
   Return BitConverter.ToInt32(BitConverter.GetBytes((number << positions) Or wrapped), 0)
End Function

次の例では、この shift-and-wrap メソッドを使用して、前の例で使用した Point 構造体のハッシュ コードを計算します。

using System;

public struct Point
{
    private int x;
    private int y;

    public Point(int x, int y)
    {
       this.x = x;
       this.y = y;
    }

    public override bool Equals(Object obj)
    {
       if (!(obj is Point)) return false;

       Point p = (Point) obj;
       return x == p.x & y == p.y;
    }

    public override int GetHashCode()
    {
        return ShiftAndWrap(x.GetHashCode(), 2) ^ y.GetHashCode();
    }

    private int ShiftAndWrap(int value, int positions)
    {
        positions = positions & 0x1F;

        // Save the existing bit pattern, but interpret it as an unsigned integer.
        uint number = BitConverter.ToUInt32(BitConverter.GetBytes(value), 0);
        // Preserve the bits to be discarded.
        uint wrapped = number >> (32 - positions);
        // Shift and wrap the discarded bits.
        return BitConverter.ToInt32(BitConverter.GetBytes((number << positions) | wrapped), 0);
    }
}

public class Example
{
   public static void Main()
   {
        Point pt = new Point(5, 8);
        Console.WriteLine(pt.GetHashCode());

        pt = new Point(8, 5);
        Console.WriteLine(pt.GetHashCode());
   }
}
// The example displays the following output:
//       28
//       37
open System

[<Struct; CustomEquality; NoComparison>]
type Point(x: int, y: int) =
    member _.X = x
    member _.Y = y
    override _.Equals(obj) =
        match obj with
        | :? Point as p ->
            x = p.X && y = p.Y
        | _ -> 
            false

    override this.GetHashCode() =
        this.ShiftAndWrap(x.GetHashCode(), 2) ^^^ y.GetHashCode()

    member _.ShiftAndWrap(value, positions) =
        let positions = positions &&& 0x1F

        // Save the existing bit pattern, but interpret it as an unsigned integer.
        let number = BitConverter.ToUInt32(BitConverter.GetBytes value, 0)
        // Preserve the bits to be discarded.
        let wrapped = number >>> (32 - positions)
        // Shift and wrap the discarded bits.
        BitConverter.ToInt32(BitConverter.GetBytes((number <<< positions) ||| wrapped), 0)

let pt = Point(5, 8)
printfn $"{pt.GetHashCode()}"

let pt2 = Point(8, 5)
printfn $"{pt2.GetHashCode()}"
// The example displays the following output:
//       28
//       37
Public Structure Point
    Private x As Integer
    Private y As Integer

    Public Sub New(x As Integer, y As Integer)
       Me.x = x
       Me.y = y
    End Sub
    
    Public Overrides Function Equals(obj As Object) As Boolean
       If Not TypeOf obj Is Point Then Return False
       
       Dim p As Point = CType(obj, Point)
       Return x = p.x And y = p.y
    End Function
    
    Public Overrides Function GetHashCode() As Integer 
        Return ShiftAndWrap(x.GetHashCode(), 2) XOr y.GetHashCode()
    End Function 
    
    Private Function ShiftAndWrap(value As Integer, positions As Integer) As Integer
        positions = positions And &h1F
      
        ' Save the existing bit pattern, but interpret it as an unsigned integer.
        Dim number As UInteger = BitConverter.ToUInt32(BitConverter.GetBytes(value), 0)
        ' Preserve the bits to be discarded.
        Dim wrapped AS UInteger = number >> (32 - positions)
        ' Shift and wrap the discarded bits.
        Return BitConverter.ToInt32(BitConverter.GetBytes((number << positions) Or wrapped), 0)
    End Function
End Structure 

Module Example
   Public Sub Main()
        Dim pt As New Point(5, 8)
        Console.WriteLine(pt.GetHashCode())
        
        pt = New Point(8, 5)
        Console.WriteLine(pt.GetHashCode())
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       28
'       37

注釈

ハッシュ コードは、クラス、クラスHashtable、クラスからDictionaryBase派生した型などのハッシュ ベースのコレクション内のオブジェクトをDictionary<TKey,TValue>挿入および識別するために使用される数値です。 このメソッドは GetHashCode 、オブジェクトの等価性を迅速にチェックする必要があるアルゴリズムに対して、このハッシュ コードを提供します。

注意

ハッシュ テーブルでハッシュ コードを使用する方法と、いくつかの追加のハッシュ コード アルゴリズムについては、Wikipedia の ハッシュ関数 エントリを参照してください。

等しい 2 つのオブジェクトは、等しいハッシュ コードを返します。 ただし、逆の値は true ではありません。等しいハッシュ コードは、異なる (等しくない) オブジェクトが同じハッシュ コードを持つ可能性があるため、オブジェクトの等価性を意味しません。 さらに、.NET では、メソッドの既定のGetHashCode実装が保証されるわけではありません。また、このメソッドが返す値は、.NET Frameworkと .NET Core のバージョンが異なるなど、.NET 実装と、32 ビットプラットフォームや 64 ビット プラットフォームなどのプラットフォームで異なる場合があります。 これらの理由から、このメソッドの既定の実装は、ハッシュの目的で一意のオブジェクト識別子として使用しないでください。 次の 2 つの結果が続きます。

  • 等しいハッシュ コードがオブジェクトの等価性を意味するとは想定しないでください。

  • 同じオブジェクトがアプリケーション ドメイン、プロセス、プラットフォーム間でハッシュ化される可能性があるため、作成されたアプリケーション ドメインの外部でハッシュ コードを保持したり、使用したりしないでください。

警告

ハッシュ コードは、ハッシュ テーブルに基づくコレクションでの効率的な挿入と参照を目的としています。 ハッシュ コードは永続的な値ではありません。 この理由から、次の操作を行います。

  • ハッシュ コード値をシリアル化したり、データベースに格納したりしないでください。
  • キー付きコレクションからオブジェクトを取得するキーとしてハッシュ コードを使用しないでください。
  • アプリケーション ドメインまたはプロセス間でハッシュ コードを送信しないでください。 場合によっては、ハッシュ コードはプロセスごとまたはアプリケーションごとのドメインベースで計算される場合があります。
  • 暗号化的に強力なハッシュが必要な場合は、暗号化ハッシュ関数によって返される値の代わりにハッシュ コードを使用しないでください。 暗号化ハッシュの場合は、クラスまたはSystem.Security.Cryptography.KeyedHashAlgorithmクラスから派生したクラスをSystem.Security.Cryptography.HashAlgorithm使用します。
  • ハッシュ コードの等価性をテストして、2 つのオブジェクトが等しいかどうかを判断しないでください。 (等しくないオブジェクトは、同じハッシュ コードを持つことができます)。等しいかどうかをテストするには、or Equals メソッドをReferenceEquals呼び出します。

メソッドは GetHashCode 、派生型によってオーバーライドできます。 オーバーライドされない場合 GetHashCode 、参照型のハッシュ コードは、オブジェクトの参照に基づいてハッシュ コードを計算する基底クラスのメソッドを呼び出 Object.GetHashCode すことによって計算されます。詳細については、「」を参照してください RuntimeHelpers.GetHashCode。 言い換えると、メソッドが ReferenceEquals 返す true 2 つのオブジェクトは同じハッシュ コードを持ちます。 値型がオーバーライド GetHashCodeされない場合、 ValueType.GetHashCode 基底クラスのメソッドはリフレクションを使用して、型のフィールドの値に基づいてハッシュ コードを計算します。 言い換えると、フィールドの値が等しい値を持つ値型は、同じハッシュ コードを持ちます。 オーバーライドの GetHashCode詳細については、「継承者へのメモ」セクションを参照してください。

警告

メソッドをオーバーライドする GetHashCode 場合は、オーバーライドする必要があります。また、その逆もオーバーライド Equalsする必要があります。 2 つのオブジェクトが等しいかどうかをテストするときにオーバーライド Equals されたメソッドが返 true される場合、オーバーライドされた GetHashCode メソッドは 2 つのオブジェクトに対して同じ値を返す必要があります。

ハッシュ テーブルのキーとして使用されるオブジェクトに有用な実装が提供されない場合は、クラス コンストラクターのいずれかの GetHashCodeオーバーロードに実装を IEqualityComparer 指定することで、ハッシュ コード プロバイダーを Hashtable 指定できます。

Windows ランタイムに関する注意事項

Windows ランタイム内のGetHashCodeクラスでメソッドを呼び出すと、オーバーライドGetHashCodeされないクラスの既定の動作が提供されます。 これは、.NET FrameworkがWindows ランタイムに提供するサポートの一部です (Windows ストア アプリとWindows ランタイムのサポート.NET Framework参照)。 Windows ランタイム内のクラスは継承Objectせず、現在GetHashCodeは . ただし、C# または Visual Basic コードで使用する場合は、メソッドとメソッドが含まれているように見えますToStringEquals(Object)GetHashCode。.NET Frameworkでは、これらのメソッドの既定の動作が提供されます。

注意

C# または Visual Basic で記述されたクラスWindows ランタイム、メソッドをGetHashCodeオーバーライドできます。

注意 (継承者)

ハッシュ関数は、オブジェクトの値に対応する数値 (ハッシュ コード) をすばやく生成するために使用されます。 ハッシュ関数は通常、各型に固有であり、一意性のために、少なくとも 1 つのインスタンス フィールドを入力として使用する必要があります。 ハッシュ コードは、静的フィールドの値を使用して計算しないでください。

派生 Objectクラスの GetHashCode 場合、派生クラスが参照の等価性を定義している場合にのみ、メソッドは基底クラス GetHashCode() の実装にデリゲートできます。 参照型の既定の GetHashCode() 実装では、メソッドから返されるハッシュ コードと同等のハッシュ コードが GetHashCode(Object) 返されます。 変更できない参照型をオーバーライド GetHashCode() できます。 一般に、変更可能な参照型の場合は、次の場合にのみオーバーライド GetHashCode() する必要があります。

  • 変更できないフィールドからハッシュ コードを計算できます。または
  • 変更可能なオブジェクトのハッシュ コードが、そのハッシュ コードに依存するコレクションに含まれている間は変更されないようにすることができます。

そうしないと、変更可能なオブジェクトがハッシュ テーブルで失われたと考える場合があります。 変更可能な参照型のオーバーライド GetHashCode() を選択した場合、ドキュメントでは、オブジェクトがハッシュ テーブルに格納されているときに、型のユーザーがオブジェクト値を変更しないことを明確にする必要があります。

値型の場合は、 GetHashCode() リフレクションを使用する既定のハッシュ コード実装を提供します。 パフォーマンスを向上させるために、オーバーライドすることを検討する必要があります。

ハッシュ コードをさまざまな方法で計算する詳細と例については、「例」セクションを参照してください。

ハッシュ関数には、次のプロパティが必要です。

  • 2 つのオブジェクトが等しいと比較する場合、各オブジェクトの GetHashCode() メソッドは同じ値を返す必要があります。 ただし、2 つのオブジェクトが等しいと比較されない場合、 GetHashCode() 2 つのオブジェクトのメソッドは異なる値を返す必要はありません。

  • オブジェクトの GetHashCode() System.Object.Equals メソッドの戻り値を決定するオブジェクトの状態に変更がない限り、オブジェクトのメソッドは同じハッシュ コードを一貫して返す必要があります。 これは、アプリケーションの現在の実行に対してのみ当てはまります。また、アプリケーションを再度実行する場合は、別のハッシュ コードを返すことができます。

  • 最適なパフォーマンスを得る場合、ハッシュ関数は、クラスター化が多い入力を含むすべての入力に対して偶数分布を生成する必要があります。 つまり、オブジェクトの状態を小さく変更すると、結果として得られるハッシュ コードが大きく変更され、ハッシュ テーブルのパフォーマンスが向上します。

  • ハッシュ関数は計算に安価である必要があります。

  • メソッドは例外を GetHashCode() スローしないでください。

たとえば、クラスによって提供されるメソッドの GetHashCode() 実装では String 、同じ文字列値に対して同じハッシュ コードが返されます。 したがって、2 つの String オブジェクトが同じ文字列値を表す場合、同じハッシュ コードが返されます。 また、このメソッドは、文字列内のすべての文字を使用して、特定の範囲で入力がクラスター化されている場合でも、合理的にランダムに分散された出力を生成します (たとえば、文字列には 65,535 個の Unicode 文字のいずれかを含めることができる場合でも、下位 128 文字の ASCII 文字のみを含む文字列が多い場合があります)。

クラスに適切なハッシュ関数を指定すると、それらのオブジェクトをハッシュ テーブルに追加するパフォーマンスに大きく影響する可能性があります。 ハッシュ関数の適切な実装を提供するキーを持つハッシュ テーブルでは、要素の検索に一定の時間がかかります (たとえば、O(1) 操作)。 ハッシュ関数の実装が不十分なハッシュ テーブルでは、検索のパフォーマンスは、ハッシュ テーブル内の項目の数 (たとえば、O(n) 操作 ( n ハッシュ テーブル内の項目の数) によって異なります。 悪意のあるユーザーは、競合の数を増やすデータを入力でき、ハッシュ テーブルに依存するアプリケーションのパフォーマンスが次の条件で大幅に低下する可能性があります。

  • ハッシュ関数によって頻繁に競合が発生する場合。

  • ハッシュ テーブル内のオブジェクトの大部分が、互いに等しいかほぼ等しいハッシュ コードを生成する場合。

  • ユーザーがハッシュ コードの計算元のデータを入力したとき。

オーバーライド GetHashCode() する派生クラスは、等しいと見なされる 2 つのオブジェクトが同じハッシュ コードを持っていることを保証するためにオーバーライド Equals(Object) する必要もあります。それ以外の場合は、型が Hashtable 正しく動作しない可能性があります。

適用対象

こちらもご覧ください