ObjectDisposedException クラス

定義

破棄されたオブジェクトで操作が実行されるとスローされる例外。

public ref class ObjectDisposedException : InvalidOperationException
public class ObjectDisposedException : InvalidOperationException
[System.Serializable]
public class ObjectDisposedException : InvalidOperationException
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class ObjectDisposedException : InvalidOperationException
type ObjectDisposedException = class
    inherit InvalidOperationException
[<System.Serializable>]
type ObjectDisposedException = class
    inherit InvalidOperationException
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type ObjectDisposedException = class
    inherit InvalidOperationException
Public Class ObjectDisposedException
Inherits InvalidOperationException
継承
ObjectDisposedException
継承
属性

次の例は、例外がスローされる原因 ObjectDisposedException となるエラーを示しています。

using namespace System;
using namespace System::IO;
int main()
{
   MemoryStream^ ms = gcnew MemoryStream( 16 );
   ms->Close();
   try
   {
      ms->ReadByte();
   }
   catch ( ObjectDisposedException^ e ) 
   {
      Console::WriteLine( "Caught: {0}", e->Message );
   }

}
using System;
using System.IO;

public class ObjectDisposedExceptionTest
{
   public static void Main()
   {
      MemoryStream ms = new MemoryStream(16);
      ms.Close();
      try
      {
         ms.ReadByte();
      }
      catch (ObjectDisposedException e)
      {
         Console.WriteLine("Caught: {0}", e.Message);
      }
   }
}
Imports System.IO

Public Class ObjectDisposedExceptionTest
   
   Public Shared Sub Main()
      Dim ms As New MemoryStream(16)
      ms.Close()
      Try
         ms.ReadByte()
      Catch e As ObjectDisposedException
         Console.WriteLine("Caught: {0}", e.Message)
      End Try
   End Sub
End Class

このコードを実行すると、次の出力が生成されます。

Caught:  
  Cannot access a closed Stream.  

注釈

は、 インターフェイスを実装するオブジェクトのメンバーにアクセスしようとして、そのオブジェクト ObjectDisposedException IDisposable が破棄された場合にスローされます。 通常、この例外は次のいずれかの条件によって発生します。

  • オブジェクトの メソッドを呼び出し、オブジェクトの状態を取得または設定するインスタンス メンバー Dispose にアクセスしようとしている。 次の例は、 メソッドを呼び出した後にタイマー通知の頻度をリセットしようとするときにスロー ObjectDisposedException される を示 Timer.Dispose しています。

    using System;
    using System.Threading;
    
    public class Example
    {
       public static void Main()
       {
          Timer t = new Timer(TimerNotification, null,
                             100, Timeout.Infinite);
          Thread.Sleep(2000);
          t.Dispose();
    
          t.Change(200, 1000);
          Thread.Sleep(3000);
       }
    
       private static void TimerNotification(Object obj)
       {
          Console.WriteLine("Timer event fired at {0:F}", DateTime.Now);
       }
    }
    // The example displays output like the following:
    //    Timer event fired at Monday, July 14, 2014 11:54:08 AM
    //
    //    Unhandled Exception: System.ObjectDisposedException: Cannot access a disposed object.
    //       at System.Threading.TimerQueueTimer.Change(UInt32 dueTime, UInt32 period)
    //       at Example.Main()
    
    Imports System.Threading
    
    Module Example
       Public Sub Main()
          Dim t As New Timer(AddressOf TimerNotification, Nothing, 
                             100, Timeout.Infinite)
          Thread.Sleep(2000)
          t.Dispose()
          
          t.Change(200, 1000)                   
          Thread.Sleep(3000)
       End Sub
    
       Private Sub TimerNotification(obj As Object)
          Console.WriteLine("Timer event fired at {0:F}", Date.Now)
       End Sub
    End Module
    ' The example displays output like the following:
    '    Timer event fired at Monday, July 14, 2014 11:54:08 AM
    '    
    '    Unhandled Exception: System.ObjectDisposedException: Cannot access a disposed object.
    '       at System.Threading.TimerQueueTimer.Change(UInt32 dueTime, UInt32 period)
    '       at Example.Main()
    
  • オブジェクトの メソッドを呼び出し、オブジェクトの状態を取得または設定するインスタンス メンバー Close にアクセスしようとしている。 多くの場合 Close 、 メソッドは、 メソッドの型のパブリック実装を提供 IDisposable.Dispose します。

  • オブジェクトの メソッドを複数回呼び Dispose 出しました。 通常、これは例外をスローしません。 ただし、型が を実装する方法によっては、 への複数 IDisposable.Dispose の呼び出しが許可されない場合があります Dispose

ほとんどの場合、この例外は開発者エラーによって発生します。 ブロックでエラーを処理する代わりに、通常は オブジェクトを再生成することで、エラー try / catch を修正する必要があります。

コンストラクター

ObjectDisposedException(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化したデータを使用して、ObjectDisposedException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ObjectDisposedException(String)

破棄されたオブジェクトの名前が含まれている文字列を使用して、ObjectDisposedException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ObjectDisposedException(String, Exception)

指定したエラー メッセージおよびこの例外の原因となった内部例外への参照を使用して、ObjectDisposedException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ObjectDisposedException(String, String)

指定したオブジェクト名とメッセージを使用して、ObjectDisposedException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キーと値のペアのコレクションを取得します。

(継承元 Exception)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。

(継承元 Exception)
Message

エラーを説明するメッセージを取得します。

ObjectName

破棄されたオブジェクトの名前を取得します。

Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。

(継承元 Exception)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。

(継承元 Exception)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の根本原因である Exception を返します。

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

パラメーター名と追加の例外情報を使用して SerializationInfo オブジェクトを取得します。

GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。

(継承元 Exception)
GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。

(継承元 Exception)

イベント

SerializeObjectState
互換性のために残されています。

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。

(継承元 Exception)

適用対象

こちらもご覧ください