AssemblyDelaySignAttribute クラス

定義

作成されたときにアセンブリが完全に署名されていないことを示します。Specifies that the assembly is not fully signed when created.

public ref class AssemblyDelaySignAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly, Inherited=false)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly, AllowMultiple=false)]
public sealed class AssemblyDelaySignAttribute : Attribute
type AssemblyDelaySignAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class AssemblyDelaySignAttribute
Inherits Attribute
継承
AssemblyDelaySignAttribute
属性

次のコード例は、 AssemblyDelaySignAttribute AssemblyKeyFileAttributeで属性を使用する方法を示しています。The following code example shows the use of the AssemblyDelaySignAttribute attribute with the AssemblyKeyFileAttribute. この例をコンパイルするには、 sn.exe (厳密名ツール)を使用して、testpublickey という名前の厳密な名前のキーファイルを作成する必要があります。To compile this example, you must create a strong-name key file named TestPublicKey.snk using the Sn.exe (Strong Name Tool):

sn -k TestPublicKey.snk   

例を .dll としてコンパイルします。Compile the example as a .dll. コマンドラインからコンパイルする場合は、または/t:library /LD Visual Basic のC#オプション、または Visual C++のリンカーオプションを使用します。If you compile from the command line, use the /t:library option for C# or Visual Basic, or the /LD linker option for Visual C++.

using namespace System;
using namespace System::Reflection;

[assembly:AssemblyKeyFileAttribute("TestPublicKey.snk")];
[assembly:AssemblyDelaySignAttribute(true)];

namespace DelaySign
{
    public ref class Test { };
}
using System;
using System.Reflection;

[assembly:AssemblyKeyFileAttribute("TestPublicKey.snk")]
[assembly:AssemblyDelaySignAttribute(true)]

namespace DelaySign
{
    public class Test { }
}
Imports System.Reflection

<assembly:AssemblyDelaySignAttribute(true)>
<assembly:AssemblyKeyFileAttribute("TestPublicKey.snk")>

Namespace DelaySign

    Public class Test
    End Class

End Namespace

注釈

この属性がアセンブリで使用されている場合、スペースは、後で Sn.exe ユーティリティなどの署名ツールによって格納される署名用に予約されます。When this attribute is used on an assembly, space is reserved for the signature which is later filled by a signing tool such as the Sn.exe utility. 遅延署名は、アセンブリの作成者が、のように[assembly:AssemblyDelaySignAttribute(true)]、署名の生成に使用される秘密キーにアクセスできない場合に使用されます。Delayed signing is used when the author of the assembly does not have access to the private key that will be used to generate the signature, as in [assembly:AssemblyDelaySignAttribute(true)].

System.Runtime.CompilerServicesクラスは、コンパイラのみで使用することを目的としています。The classes in System.Runtime.CompilerServices are intended for use by compilers only. コンパイラを構築する場合を除き、使用しないでください。Do not use them unless you are building a compiler.

詳細については、共通言語基盤 (CLI) のドキュメント、特に「Partition II:メタデータの定義とセマンティクス "。For more information, see the Common Language Infrastructure (CLI) documentation, especially "Partition II: Metadata Definition and Semantics". ドキュメントはオンラインで入手できます。MSDN の「ECMA C# and Common Language Infrastructure Standards」 (ECMA の C# および共通言語基盤の標準規格) と、ECMA のインターナショナル Web サイトにある「Standard ECMA-335 - Common Language Infrastructure (CLI)」を参照してください。The documentation is available online; see ECMA C# and Common Language Infrastructure Standards on MSDN and Standard ECMA-335 - Common Language Infrastructure (CLI) on the Ecma International Web site.

コンストラクター

AssemblyDelaySignAttribute(Boolean)

AssemblyDelaySignAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AssemblyDelaySignAttribute class.

プロパティ

DelaySign

属性の状態を示す値を取得します。Gets a value indicating the state of the attribute.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください