OpCodes.Br_S OpCodes.Br_S OpCodes.Br_S OpCodes.Br_S Field

定義

無条件でターゲット命令に制御を転送します (短い形式)。Unconditionally transfers control to a target instruction (short form).

public: static initonly System::Reflection::Emit::OpCode Br_S;
public static readonly System.Reflection.Emit.OpCode Br_S;
 staticval mutable Br_S : System.Reflection.Emit.OpCode
Public Shared ReadOnly Br_S As OpCode 

フィールド値

注釈

次の表は、命令の16進形式と Microsoft 中間言語 (MSIL) のアセンブリ形式と、簡単なリファレンスの概要を示しています。The following table lists the instruction's hexadecimal and Microsoft Intermediate Language (MSIL) assembly format, along with a brief reference summary:

形式Format アセンブリ形式Assembly Format 説明Description
2B < int8 >2B < int8 > br.s targetbr.s target 指定されたオフセット (短い形式) でターゲット命令に分岐します。Branches to a target instruction at the specified offset, short form.

この操作では、評価スタックの動作は実行されません。No evaluation stack behaviors are performed by this operation.

命令br.sは無条件でターゲット命令に制御を転送します。The br.s instruction unconditionally transfers control to a target instruction. ターゲット命令は、現在の命令に続く命令の先頭からの1バイト符号付きオフセットとして表されます。The target instruction is represented as a 1-byte signed offset from the beginning of the instruction following the current instruction.

ターゲット命令に1つ以上のプレフィックスコードがある場合、control はこれらのプレフィックスの最初の部分にのみ転送できます。If the target instruction has one or more prefix codes, control can only be transferred to the first of these prefixes. tryこの命令ではcatch finally 、、、、およびブロックへの、、、およびブロックへの送受信の制御を実行できません。 filterControl transfers into and out of try, catch, filter, and finally blocks cannot be performed by this instruction.

Emitのメソッドオーバーロードでは、 br.sオペコードを使用できます。The following Emit method overload can use the br.s opcode:

  • ILGenerator (オペコード, Label)ILGenerator.Emit(OpCode, Label)

適用対象