OpCodes.Ldarga OpCodes.Ldarga OpCodes.Ldarga OpCodes.Ldarga Field

定義

引数アドレスを評価スタックに読み込みます。Load an argument address onto the evaluation stack.

public: static initonly System::Reflection::Emit::OpCode Ldarga;
public static readonly System.Reflection.Emit.OpCode Ldarga;
 staticval mutable Ldarga : System.Reflection.Emit.OpCode
Public Shared ReadOnly Ldarga As OpCode 

フィールド値

注釈

次の表は、命令の 16 進数と簡単なリファレンス概要と共に、Microsoft Intermediate Language (MSIL) アセンブリの形式を示します。The following table lists the instruction's hexadecimal and Microsoft Intermediate Language (MSIL) assembly format, along with a brief reference summary:

形式Format アセンブリの形式Assembly Format 説明Description
FE 0A < unsigned int16 >FE 0A < unsigned int16 > ldarga indexldarga index インデックスが引数のアドレスをフェッチindexします。Fetch the address of argument indexed by index.

履歴の移行動作を順番には。The stack transitional behavior, in sequential order, is:

  1. アドレスaddrによってインデックス付けされた引数のindexがスタックにプッシュされます。The address addr of the argument indexed by index is pushed onto the stack.

ldarga命令アドレスがフェッチされます (型の*) によってインデックス付けされた引数のindex引数が 0 以降からインデックス付けされた場所。The ldarga instruction fetches the address (of type *) of the argument indexed by index, where arguments are indexed from 0 onwards. アドレスaddrは常にターゲット コンピューターの自然な境界に配置されます。The address addr is always aligned to a natural boundary on the target machine.

可変長引数リストでは、手順については、ldarga命令は、最初の可変部分の署名のある引数を固定にのみ使用できます。For procedures that take a variable-length argument list, the ldarga instruction can be used only for the initial fixed arguments, not those in the variable part of the signature.

ldarga 参照渡しパラメーターの引き渡しに使用されます。ldarga is used for by-ref parameter passing. それ以外の場合のLdargStarg使用する必要があります。For other cases, Ldarg and Starg should be used.

Emitメソッドのオーバー ロードを使用できる、 ldarga opcode:The following Emit method overload can use the ldarga opcode:

  • ILGenerator.Emit (オペコード、短い)ILGenerator.Emit(OpCode, short)

適用対象