OpCodes.Ldftn OpCodes.Ldftn OpCodes.Ldftn OpCodes.Ldftn Field

定義

特定のメソッドを実装しているネイディブ コードへのアンマネージ ポインター (native int 型) を評価スタックにプッシュします。Pushes an unmanaged pointer (type native int) to the native code implementing a specific method onto the evaluation stack.

public: static initonly System::Reflection::Emit::OpCode Ldftn;
public static readonly System.Reflection.Emit.OpCode Ldftn;
 staticval mutable Ldftn : System.Reflection.Emit.OpCode
Public Shared ReadOnly Ldftn As OpCode 

フィールド値

注釈

次の表は、命令の 16 進数と簡単なリファレンス概要と共に、Microsoft Intermediate Language (MSIL) アセンブリの形式を示します。The following table lists the instruction's hexadecimal and Microsoft Intermediate Language (MSIL) assembly format, along with a brief reference summary:

形式Format アセンブリの形式Assembly Format 説明Description
FE 06 < T >FE 06 < T > ldftn methodldftn method によって参照されるメソッドへのポインターのプッシュmethodスタックにします。Pushes a pointer to a method referenced by method on the stack.

履歴の移行動作を順番には。The stack transitional behavior, in sequential order, is:

  1. 特定のメソッドへのアンマネージ ポインターがスタックにプッシュされます。The unmanaged pointer to a specific method is pushed onto the stack.

特定のメソッド (method) を使用して呼び出すことができます、Calli命令マネージ メソッド (またはアンマネージ コードから移行するスタブ) を参照する場合。The specific method (method) can be called using the Calli instruction if it references a managed method (or a stub that transitions from managed to unmanaged code).

値には、CLR の呼び出し規約を使用したネイティブ コードにポイントが返されます。The value returned points to native code using the CLR calling convention. このメソッドのポインターは、コールバック ルーチンとしてアンマネージ ネイティブ コードに渡すことはできません。This method pointer should not be passed to unmanaged native code as a callback routine.

Emitメソッドのオーバー ロードを使用できる、 ldftn opcode:The following Emit method overload can use the ldftn opcode:

  • ILGenerator.Emit (オペコード、MethodInfo)ILGenerator.Emit(OpCode, MethodInfo)

適用対象