OpCodes.Tailcall OpCodes.Tailcall OpCodes.Tailcall OpCodes.Tailcall Field

定義

実際の呼び出し命令が実行される前に、現在のメソッドのスタック フレームが削除されるように、後置のメソッド呼び出し命令を実行します。Performs a postfixed method call instruction such that the current method's stack frame is removed before the actual call instruction is executed.

public: static initonly System::Reflection::Emit::OpCode Tailcall;
public static readonly System.Reflection.Emit.OpCode Tailcall;
 staticval mutable Tailcall : System.Reflection.Emit.OpCode
Public Shared ReadOnly Tailcall As OpCode 

フィールド値

注釈

次の表は、命令の16進形式と Microsoft 中間言語 (MSIL) のアセンブリ形式と、簡単なリファレンスの概要を示しています。The following table lists the instruction's hexadecimal and Microsoft Intermediate Language (MSIL) assembly format, along with a brief reference summary:

形式Format アセンブリ形式Assembly Format 説明Description
FE 14FE 14 テイ.tail. 後続の呼び出しは、現在のメソッドを終了しますSubsequent call terminates current methods

この命令には、スタック移行動作は定義されていません。There is no stack transition behavior defined for this instruction.

プレフィックス命令はCall CallvirtCalli、、または命令の直前に配置する必要があります。 tailThe tail prefix instruction must immediately precede a Call, Calli, or Callvirt instruction. これは、呼び出し命令が実行される前に、現在のメソッドのスタックフレームを削除する必要があることを示します。It indicates that the current method's stack frame should be removed before the call instruction is executed. また、次の呼び出しから返される値も、現在のメソッドによって返される値であることを意味します。この呼び出しは、メソッド間のジャンプに変換できます。It also implies that the value returned from the following call is also the value returned by the current method, and the call can therefore be converted into a cross-method jump.

スタックは、次の呼び出しによって転送される引数を除いて、空である必要があります。The stack must be empty except for the arguments being transferred by the following call. 呼び出し命令の後の命令は、ret である必要があります。したがって、有効なコードシーケンスtail. callは ( calliまたcallvirtは) だけです。The instruction following the call instruction must be a ret. Thus the only valid code sequence is tail. call (or calli or callvirt). 正しい MSIL (Microsoft 中間言語) 命令をcall命令に分岐することはできませんが、後続Retのに分岐する場合があります。Correct Microsoft Intermediate Language (MSIL) instructions must not branch to the call instruction, but they may branch to the subsequent Ret.

コード id のセキュリティが損なわれる可能性があるため、信頼されていないコードから信頼されるコードに制御が転送されるときに、現在のフレームを破棄することはできません。The current frame cannot be discarded when control is transferred from untrusted code to trusted code, since this would jeopardize code identity security. このため、.NET Framework セキュリティチェックによっtailてが無視され、標準Callの命令が残されます。The .NET Framework security checks can therefore cause the tail to be ignored, leaving a standard Call instruction. 同様に、呼び出しから制御が戻っtailた後に同期された領域の終了が発生するようにするために、同期済みとマークされたメソッドを終了するために使用した場合、プレフィックスは無視されます。Similarly, in order to allow the exit of a synchronized region to occur after the call returns, the tail prefix is ignored when used to exit a method that is marked synchronized.

Emitのメソッドオーバーロードでは、 tailオペコードを使用できます。The following Emit method overload can use the tail opcode:

  • ILGenerator (オペコード)ILGenerator.Emit(OpCode)

適用対象