EventInfo クラス

定義

イベントの属性を取得し、イベントのメタデータにアクセスできるようにします。

public ref class EventInfo abstract : System::Reflection::MemberInfo
public ref class EventInfo abstract : System::Reflection::MemberInfo, System::Runtime::InteropServices::_EventInfo
public abstract class EventInfo : System.Reflection.MemberInfo
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
public abstract class EventInfo : System.Reflection.MemberInfo, System.Runtime.InteropServices._EventInfo
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public abstract class EventInfo : System.Reflection.MemberInfo, System.Runtime.InteropServices._EventInfo
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public abstract class EventInfo : System.Reflection.MemberInfo
type EventInfo = class
    inherit MemberInfo
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
type EventInfo = class
    inherit MemberInfo
    interface _EventInfo
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
[<System.Serializable>]
type EventInfo = class
    inherit MemberInfo
    interface _EventInfo
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
[<System.Serializable>]
type EventInfo = class
    inherit MemberInfo
Public MustInherit Class EventInfo
Inherits MemberInfo
Public MustInherit Class EventInfo
Inherits MemberInfo
Implements _EventInfo
継承
EventInfo
派生
属性
実装

次のコードは、 EventInfo クラスの イベント Click の オブジェクトを取得 Button します。

#using <System.dll>
#using <System.Windows.Forms.dll>
#using <System.Drawing.dll>

using namespace System;
using namespace System::Reflection;
using namespace System::Security;
using namespace System::Windows::Forms;

int main()
{
   try
   {
      // Creates a bitmask based on BindingFlags.
      BindingFlags myBindingFlags = static_cast<BindingFlags>(BindingFlags::Instance | BindingFlags::Public | BindingFlags::NonPublic);
      Type^ myTypeBindingFlags = System::Windows::Forms::Button::typeid;
      EventInfo^ myEventBindingFlags = myTypeBindingFlags->GetEvent( "Click", myBindingFlags );
      if ( myEventBindingFlags != nullptr )
      {
         Console::WriteLine( "Looking for the Click event in the Button class with the specified BindingFlags." );
         Console::WriteLine( myEventBindingFlags );
      }
      else
            Console::WriteLine( "The Click event is not available with the Button class." );
   }
   catch ( SecurityException^ e ) 
   {
      Console::WriteLine( "An exception occurred." );
      Console::WriteLine( "Message : {0}", e->Message );
   }
   catch ( ArgumentNullException^ e ) 
   {
      Console::WriteLine( "An exception occurred." );
      Console::WriteLine( "Message : {0}", e->Message );
   }
   catch ( Exception^ e ) 
   {
      Console::WriteLine( "The following exception was raised : {0}", e->Message );
   }
}
using System;
using System.Reflection;
using System.Security;

class MyEventExample
{
    public static void Main()
    {
        try
        {

            // Creates a bitmask based on BindingFlags.
            BindingFlags myBindingFlags = BindingFlags.Instance | BindingFlags.Public | BindingFlags.NonPublic;
            Type myTypeBindingFlags = typeof(System.Windows.Forms.Button);
            EventInfo myEventBindingFlags = myTypeBindingFlags.GetEvent("Click", myBindingFlags);
            if(myEventBindingFlags != null)
            {
                Console.WriteLine("Looking for the Click event in the Button class with the specified BindingFlags.");
                Console.WriteLine(myEventBindingFlags.ToString());
            }
            else
            {
                Console.WriteLine("The Click event is not available with the Button class.");
            }
        }
        catch(SecurityException e)
        {
            Console.WriteLine("An exception occurred.");
            Console.WriteLine("Message :"+e.Message);
        }
        catch(ArgumentNullException e)
        {
            Console.WriteLine("An exception occurred.");
            Console.WriteLine("Message :"+e.Message);
        }
        catch(Exception e)
        {
            Console.WriteLine("The following exception was raised : {0}",e.Message);
        }
    }
}
Imports System.Reflection
Imports System.Security

' Compile this sample using the following command line:
' vbc type_getevent.vb /r:"System.Windows.Forms.dll" /r:"System.dll"

Class MyEventExample
    Public Shared Sub Main()
        Try
            ' Creates a bitmask comprising  BindingFlags.
            Dim myBindingFlags As BindingFlags = BindingFlags.Instance Or BindingFlags.Public _
                                                 Or BindingFlags.NonPublic
            Dim myTypeBindingFlags As Type = GetType(System.Windows.Forms.Button)
            Dim myEventBindingFlags As EventInfo = myTypeBindingFlags.GetEvent("Click", myBindingFlags)
            If myEventBindingFlags IsNot Nothing Then
                Console.WriteLine("Looking for the Click event in the Button class with the specified BindingFlags.")
                Console.WriteLine(myEventBindingFlags.ToString())
            Else
                Console.WriteLine("The Click event is not available with the Button class.")
            End If
        Catch e As SecurityException
            Console.WriteLine("An exception occurred.")
            Console.WriteLine("Message :" + e.Message)
        Catch e As ArgumentNullException
            Console.WriteLine("An exception occurred.")
            Console.WriteLine("Message :" + e.Message)
        Catch e As Exception
            Console.WriteLine("The following exception was raised : {0}", e.Message)
        End Try
    End Sub
End Class

注釈

メソッドのコード例に示すように、 クラスを使用してイベントを検査し、イベント ハンドラー EventInfo をフック AddEventHandler します。

注意

EventInfo は、イベントの発生に使用される意図ではありません。 オブジェクトは、内部状態によって指定されたイベントを発生します。

イベントはデリゲートと一緒に使用されます。 イベント リスナーは、イベント ソースによってイベントが発生するたびに呼び出されるイベント ハンドラー デリゲートをインスタンス化します。 イベント ソースに接続するために、イベント リスナーは、ソースの呼び出しリストにこのデリゲートを追加します。 イベントが発生すると、イベント ハンドラー デリゲートの invoke メソッドが呼び出されます。 マルチキャストイベント通知とシングルキャスト イベント通知の両方がサポートされています。 メソッド Add と メソッド、およびイベントに関連付けられているイベント ハンドラー デリゲート クラスは Remove 、メタデータでマークする必要があります。

デリゲートは、オブジェクト指向の関数ポインターです。 C または C++ では、関数ポインターはメソッドへの参照です。 C または C++ の関数ポインターとは対照的に、デリゲートには 2 つの参照 (メソッドへの参照と、 メソッドをサポートするオブジェクトへの参照) が含まれている。 デリゲートは、メソッドを宣言または継承するクラス型を知らなくても、メソッドを呼び出す可能性があります。 デリゲートは、メソッドの戻り値の型とパラメーター リストのみを知る必要があります。

イベント モデルは、シングルキャスト デリゲートとマルチキャスト デリゲートでも同様に機能します。 デリゲートの呼び出しメソッドが呼び出される場合、呼び出されるメソッドを持つオブジェクトは 1 つのみです。 マルチキャスト修飾子をデリゲート宣言に適用できます。これにより、デリゲートの invoke メソッドが呼び出されると、複数のメソッドを呼び出す可能性があります。

ICustomAttributeProvider.GetCustomAttributes パラメーター EventInfo が である inherit 場合に GetCustomAttributes を呼び true 出しても、型階層はウォークされません。 カスタム System.Attribute 属性を継承するには、 を使用します。

注意 (実装者)

から継承する場合 EventInfo は、および のメンバー GetAddMethod(Boolean) をオーバーライド GetRemoveMethod(Boolean) する必要があります GetRaiseMethod(Boolean)

コンストラクター

EventInfo()

EventInfo クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

AddMethod

非パブリック メソッドを含む、イベントの MethodInfo メソッドの AddEventHandler(Object, Delegate) オブジェクトを取得します。

Attributes

このイベントの属性を取得します。

CustomAttributes

このメンバーのカスタム属性を含むコレクションを取得します。

(継承元 MemberInfo)
DeclaringType

このメンバーを宣言するクラスを取得します。

(継承元 MemberInfo)
EventHandlerType

このイベントに関連付けられている基になるイベント ハンドラー デリゲートの Type オブジェクトを取得します。

IsCollectible

この MemberInfo オブジェクトが、収集可能な AssemblyLoadContext に保持されているアセンブリの一部であるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MemberInfo)
IsMulticast

イベントがマルチキャストかどうかを示す値を取得します。

IsSpecialName

EventInfo に特別な意味を持つ名前が指定されているかどうかを示す値を取得します。

MemberType

このメンバーがイベントであることを示す MemberTypes 値を取得します。

MemberType

派生クラスでオーバーライドされると、メンバーの種類を示す MemberTypes 値を取得します。メソッド、コンストラクター、イベント、などです。

(継承元 MemberInfo)
MetadataToken

メタデータ要素を識別する値を取得します。

(継承元 MemberInfo)
Module

現在の MemberInfo によって表されるメンバーを宣言する型が定義されているモジュールを取得します。

(継承元 MemberInfo)
Name

現在のメンバーの名前を取得します。

(継承元 MemberInfo)
RaiseMethod

イベントの発生時に呼び出されるメソッドを、非パブリック メソッドも含めて取得します。

ReflectedType

MemberInfo のこのインスタンスを取得するために使用したクラス オブジェクトを取得します。

(継承元 MemberInfo)
RemoveMethod

非パブリック メソッドを含む、イベントのメソッドを削除するための MethodInfo オブジェクトを取得します。

メソッド

AddEventHandler(Object, Delegate)

イベント ソースにイベント ハンドラーを追加します。

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 MemberInfo)
GetAddMethod()

イベント ソースにイベント ハンドラー デリゲートを追加するために使用するメソッドを返します。

GetAddMethod(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、パブリックでないメソッドを返すかどうかを指定して、イベントの AddEventHandler(Object, Delegate) メソッドの MethodInfo オブジェクトを取得します。

GetCustomAttributes(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合、このメンバーに適用されているすべてのカスタム属性の配列を返します。

(継承元 MemberInfo)
GetCustomAttributes(Type, Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、このメンバーに適用され、Type によって識別されるカスタム属性の配列を返します。

(継承元 MemberInfo)
GetCustomAttributesData()

ターゲット メンバーに適用されている属性に関するデータを表す CustomAttributeData オブジェクトのリストを返します。

(継承元 MemberInfo)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 MemberInfo)
GetOtherMethods()

.other ディレクティブを使用してメタデータ内のイベントに関連付けられているパブリック メソッドを返します。

GetOtherMethods(Boolean)

非パブリック メソッドを含めるかどうかを指定して、.other ディレクティブを使用してメタデータ内のイベントに関連付けられているメソッドを返します。

GetRaiseMethod()

イベントが発生すると呼び出されるメソッドが返されます。

GetRaiseMethod(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、パブリックでないメソッドを返すかどうかを指定して、イベントが発生したときに呼び出されるメソッドを返します。

GetRemoveMethod()

イベント ソースからイベント ハンドラー デリゲートを削除するために使用するメソッドを返します。

GetRemoveMethod(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、パブリックでないメソッドを返すかどうかを指定して、イベントのメソッドを削除する MethodInfo オブジェクトを取得します。

GetType()

クラス イベントの属性を取得し、イベントのメタデータにアクセスできるようにします。

GetType()

メンバーの属性を取得し、メンバーのメタデータにアクセスできるようにします。

(継承元 MemberInfo)
HasSameMetadataDefinitionAs(MemberInfo) (継承元 MemberInfo)
IsDefined(Type, Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合、このメンバーに、指定された型の属性またはその派生型の属性が 1 つ以上適用されているかどうかを示します。

(継承元 MemberInfo)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
RemoveEventHandler(Object, Delegate)

イベント ソースからイベント ハンドラーを削除します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

演算子

Equality(EventInfo, EventInfo)

2 つの EventInfo オブジェクトが等しいかどうかを示します。

Inequality(EventInfo, EventInfo)

2 つの EventInfo オブジェクトが等しくないかどうかを示します。

明示的なインターフェイスの実装

_EventInfo.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

_EventInfo.GetType()

EventInfo 型を表す T:System.Type オブジェクトを返します。

_EventInfo.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この型情報を使用して、インターフェイスの型情報を取得できます。

_EventInfo.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

_EventInfo.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

_MemberInfo.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 MemberInfo)
_MemberInfo.GetType()

Type クラスを表す MemberInfo オブジェクトを取得します。

(継承元 MemberInfo)
_MemberInfo.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この型情報を使用して、インターフェイスの型情報を取得できます。

(継承元 MemberInfo)
_MemberInfo.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 MemberInfo)
_MemberInfo.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 MemberInfo)
ICustomAttributeProvider.GetCustomAttributes(Boolean)

名前付きの属性を除く、このメンバーに定義されているすべてのカスタム属性の配列、またはカスタム属性がない場合は空の配列を返します。

(継承元 MemberInfo)
ICustomAttributeProvider.GetCustomAttributes(Type, Boolean)

型で識別された、このメンバーに定義されているカスタム属性の配列、または、この型のカスタム属性がない場合は空の配列を返します。

(継承元 MemberInfo)
ICustomAttributeProvider.IsDefined(Type, Boolean)

attributeType の 1 つ以上のインスタンスがこのメンバーで定義されているかどうかを示します。

(継承元 MemberInfo)

拡張メソッド

GetCustomAttribute(MemberInfo, Type)

指定したメンバーに適用される指定した型のカスタム属性を取得します。

GetCustomAttribute(MemberInfo, Type, Boolean)

指定したメンバーに適用される指定した型のカスタム属性を取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

GetCustomAttribute<T>(MemberInfo)

指定したメンバーに適用される指定した型のカスタム属性を取得します。

GetCustomAttribute<T>(MemberInfo, Boolean)

指定したメンバーに適用される指定した型のカスタム属性を取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

GetCustomAttributes(MemberInfo)

指定されたメンバーに適用されるカスタム属性のコレクションを取得します。

GetCustomAttributes(MemberInfo, Boolean)

指定されたメンバーに適用されるカスタム属性のコレクションを取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

GetCustomAttributes(MemberInfo, Type)

指定されたメンバーに適用される指定された型のカスタム属性のコレクションを取得します。

GetCustomAttributes(MemberInfo, Type, Boolean)

指定されたメンバーに適用されている指定された型のカスタム属性のコレクションを取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

GetCustomAttributes<T>(MemberInfo)

指定されたメンバーに適用される指定された型のカスタム属性のコレクションを取得します。

GetCustomAttributes<T>(MemberInfo, Boolean)

指定されたメンバーに適用されている指定された型のカスタム属性のコレクションを取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

IsDefined(MemberInfo, Type)

指定された型のカスタム属性が指定されたメンバーに適用されているかどうかを示します。

IsDefined(MemberInfo, Type, Boolean)

指定された型のカスタム属性が指定されたメンバーに適用され、オプションで先祖に適用されているかどうかを示します。

GetAddMethod(EventInfo)
GetAddMethod(EventInfo, Boolean)
GetRaiseMethod(EventInfo)
GetRaiseMethod(EventInfo, Boolean)
GetRemoveMethod(EventInfo)
GetRemoveMethod(EventInfo, Boolean)
GetMetadataToken(MemberInfo)

指定されたメンバーのメタデータ トークンを取得します (存在する場合)。

HasMetadataToken(MemberInfo)

指定されたメンバーに対してメタデータ トークンを使用できるかどうかを示す値を返します。

適用対象

スレッド セーフ

この型はスレッド セーフです。