FieldInfo.GetRawConstantValue FieldInfo.GetRawConstantValue FieldInfo.GetRawConstantValue FieldInfo.GetRawConstantValue Method

定義

コンパイラによってフィールドに関連付けられているリテラル値を返します。Returns a literal value associated with the field by a compiler.

public:
 virtual System::Object ^ GetRawConstantValue();
public virtual object GetRawConstantValue ();
abstract member GetRawConstantValue : unit -> obj
override this.GetRawConstantValue : unit -> obj
Public Overridable Function GetRawConstantValue () As Object

戻り値

フィールドに関連付けられているリテラル値を格納している ObjectAn Object that contains the literal value associated with the field. リテラル値が、要素値がゼロに設定されているクラス型である場合、戻り値は null です。If the literal value is a class type with an element value of zero, the return value is null.

例外

アンマネージ メタデータの定数テーブルに、現在のフィールドの定数値が含まれていません。The Constant table in unmanaged metadata does not contain a constant value for the current field.

値の型は、共通言語仕様 (CLS) によって許可されているどの型でもありません。The type of the value is not one of the types permitted by the Common Language Specification (CLS). ECMA Partition II 仕様書の「Metadata Logical Format: Other Structures, Element Types used in Signatures」(メタデータ論理形式: 署名で使用されるその他の構造、要素の型) を参照してください。See the ECMA Partition II specification Metadata Logical Format: Other Structures, Element Types used in Signatures.

フィールドの定数値が設定されていません。The constant value for the field is not set.

注釈

このメソッドは、マネージコンパイラとコードアナライザーのデザイナー用に用意されています。This method is provided for designers of managed compilers and code analyzers.

このメソッドは、実行コンテキストとリフレクションのみのコンテキストの両方で使用できます。This method can be used in both the execution context and the reflection-only context.

アンマネージメタデータでは、定数テーブルを使用して、フィールド、パラメーター、およびプロパティの定数値を格納します。In unmanaged metadata, the Constant table is used to store constant values for fields, parameters, and properties. 定数情報は、実行時の動作に直接影響しません。Constant information does not directly influence runtime behavior. コンパイラは、メタデータをインポートするときに、コンパイル時にこの情報を検査します。Compilers inspect this information, at compile time, when importing metadata. 使用する場合、定数の値は、コンパイラが生成する MSIL (Microsoft 中間言語) ストリームに埋め込まれます。If used, the value of a constant is embedded in the Microsoft intermediate language (MSIL) stream the compiler emits. 実行時に定数テーブルにアクセスするために使用できる MSIL 命令はありません。There are no MSIL instructions that can be used to access the Constant table at run time.

注意

定数値と定数テーブルの詳細については、ECMA Partition II のドキュメントを参照してください。For more information on constant values and the Constant table, see the ECMA Partition II documentation. ドキュメントはオンラインで入手できます。MSDN の「ECMA C# and Common Language Infrastructure Standards」 (ECMA の C# および共通言語基盤の標準規格) と、ECMA のインターナショナル Web サイトにある「Standard ECMA-335 - Common Language Infrastructure (CLI)」を参照してください。The documentation is available online; see ECMA C# and Common Language Infrastructure Standards on MSDN and Standard ECMA-335 - Common Language Infrastructure (CLI) on the Ecma International Web site.

適用対象