SignatureCallingConvention 列挙型

定義

与えられたシグネチャの引数が呼び出し元から呼び出し先に渡される方法を指定します。 この型のフィールドの基になる値は、SignatureHeader 構造体で表される先頭シグネチャ バイトの表現に対応します。The underlying values of the fields in this type correspond to the representation in the leading signature byte represented by a SignatureHeader structure.

public enum class SignatureCallingConvention
public enum SignatureCallingConvention
type SignatureCallingConvention = 
Public Enum SignatureCallingConvention
継承
SignatureCallingConvention

フィールド

CDecl 1

アンマネージ C/C++ スタイル呼び出し規則。呼び出し履歴が呼び出し元によって消去されます。An unmanaged C/C++ style calling convention where the call stack is cleaned by the caller.

Default 0

固定長の引数一覧を含むマネージド呼び出し規則。A managed calling convention with a fixed-length argument list.

FastCall 4

アンマネージ呼び出し規則。可能な場合、レジスタで引数が渡されます。An unmanaged calling convention where arguments are passed in registers when possible.

StdCall 2

アンマネージ呼び出し規則。呼び出し履歴が呼び出し元によって消去されます。An unmanaged calling convention where the call stack is cleaned up by the callee.

ThisCall 3

インスタンス メンバー関数と固定引数一覧を呼び出すためのアンマネージ C++ スタイル呼び出し規則。An unmanaged C++ style calling convention for calling instance member functions with a fixed argument list.

VarArgs 5

付加的な引数を渡すためのマネージド呼び出し規則。A managed calling convention for passing extra arguments.

適用対象