Module.ResolveField メソッド

定義

メタデータ トークンで識別されるフィールドを返します。Returns the field identified by a metadata token.

オーバーロード

ResolveField(Int32)

指定したメタデータ トークンで識別されるフィールドを返します。Returns the field identified by the specified metadata token.

ResolveField(Int32, Type[], Type[])

指定したジェネリック型パラメーターで定義されたコンテキストの、指定したメタデータ トークンで識別されるフィールドを返します。Returns the field identified by the specified metadata token, in the context defined by the specified generic type parameters.

ResolveField(Int32)

指定したメタデータ トークンで識別されるフィールドを返します。Returns the field identified by the specified metadata token.

public:
 System::Reflection::FieldInfo ^ ResolveField(int metadataToken);
public System.Reflection.FieldInfo ResolveField (int metadataToken);
member this.ResolveField : int -> System.Reflection.FieldInfo
Public Function ResolveField (metadataToken As Integer) As FieldInfo

パラメーター

metadataToken
Int32

モジュール内のフィールドを識別するメタデータ トークン。A metadata token that identifies a field in the module.

戻り値

指定したメタデータ トークンで識別されるフィールドを表す FieldInfo オブジェクト。A FieldInfo object representing the field that is identified by the specified metadata token.

例外

metadataToken は、現在のモジュールのスコープに含まれるフィールドのトークンではありません。metadataToken is not a token for a field in the scope of the current module.

- または --or- metadataToken は、親の TypeSpec に要素型 var (ジェネリック型の型パラメーター) または mvar (ジェネリック メソッドの型パラメーター) を含む署名が存在するフィールドを識別します。metadataToken identifies a field whose parent TypeSpec has a signature containing element type var (a type parameter of a generic type) or mvar (a type parameter of a generic method).

metadataToken は、現在のモジュールのスコープで有効なトークンではありません。metadataToken is not a valid token in the scope of the current module.

注釈

TypeSpec が要素の型を含むシグネチャを持つフィールドを識別するメタデータトークンを解決するには ELEMENT_TYPE_VAR または ELEMENT_TYPE_MVAR を使用して、必要なコンテキストを指定できるようにする、ResolveField(Int32, Type[], Type[]) メソッドのオーバーロードを使用します。To resolve a metadata token that identifies a field whose parent TypeSpec has a signature containing element type ELEMENT_TYPE_VAR or ELEMENT_TYPE_MVAR, use the ResolveField(Int32, Type[], Type[]) method overload, which allows you to supply the necessary context. つまり、ジェネリック型のジェネリック型パラメーターや、トークンが埋め込まれているジェネリックメソッドに依存するフィールドのメタデータトークンを解決する場合は、それらの型パラメーターを指定できるようにするオーバーロードを使用する必要があります。That is, when you are resolving a metadata token for a field that depends on the generic type parameters of the generic type and/or the generic method in which the token is embedded, you must use the overload that allows you to supply those type parameters.

注意

メタデータトークンに関する情報については、共通言語基盤 (CLI) のドキュメント (特に「Partition II:メタデータの定義とセマンティクス "。Information about metadata tokens can be found in the Common Language Infrastructure (CLI) documentation, especially "Partition II: Metadata Definition and Semantics". ドキュメントはオンラインで入手できます。ECMA Web サイトの「 ecma C# And Common language infrastructure Standard In THE MSDN and Standard Ecma-335-common language infrastructure (CLI) 」を参照してください。The documentation is available online; see ECMA C# and Common Language Infrastructure Standards on MSDN and Standard ECMA-335 - Common Language Infrastructure (CLI) on the ECMA Web site.

ジェネリックコンテキスト (つまり、ジェネリック型のジェネリック型パラメーター、またはトークンが埋め込まれているジェネリックメソッド) を使用してトークン解決を示すコードについては、ResolveMethod(Int32, Type[], Type[]) メソッドを参照してください。For code that demonstrates token resolution using the generic context (that is, the generic type parameters of the generic type and/or the generic method in which the token is embedded) see the ResolveMethod(Int32, Type[], Type[]) method.

ResolveField(Int32, Type[], Type[])

指定したジェネリック型パラメーターで定義されたコンテキストの、指定したメタデータ トークンで識別されるフィールドを返します。Returns the field identified by the specified metadata token, in the context defined by the specified generic type parameters.

public:
 System::Reflection::FieldInfo ^ ResolveField(int metadataToken, cli::array <Type ^> ^ genericTypeArguments, cli::array <Type ^> ^ genericMethodArguments);
public System.Reflection.FieldInfo ResolveField (int metadataToken, Type[] genericTypeArguments, Type[] genericMethodArguments);
member this.ResolveField : int * Type[] * Type[] -> System.Reflection.FieldInfo
Public Function ResolveField (metadataToken As Integer, genericTypeArguments As Type(), genericMethodArguments As Type()) As FieldInfo

パラメーター

metadataToken
Int32

モジュール内のフィールドを識別するメタデータ トークン。A metadata token that identifies a field in the module.

genericTypeArguments
Type[]

トークンがスコープ内にある型のジェネリック型引数を表す Type オブジェクトの配列。その型がジェネリックではない場合は nullAn array of Type objects representing the generic type arguments of the type where the token is in scope, or null if that type is not generic.

genericMethodArguments
Type[]

トークンがスコープ内にあるメソッドのジェネリック型引数を表す Type オブジェクトの配列。そのメソッドがジェネリックではない場合は nullAn array of Type objects representing the generic type arguments of the method where the token is in scope, or null if that method is not generic.

戻り値

指定したメタデータ トークンで識別されるフィールドを表す FieldInfo オブジェクト。A FieldInfo object representing the field that is identified by the specified metadata token.

例外

metadataToken は、現在のモジュールのスコープに含まれるフィールドのトークンではありません。metadataToken is not a token for a field in the scope of the current module.

- または --or- metadataToken は、親 TypeSpec が要素型 var (ジェネリック型の型パラメーター) または mvar (ジェネリック メソッドの型パラメーター) を含む署名を持つフィールドを識別しますが、必要なジェネリック型引数が genericTypeArgumentsgenericMethodArguments の両方またはいずれかに提供されていません。metadataToken identifies a field whose parent TypeSpec has a signature containing element type var (a type parameter of a generic type) or mvar (a type parameter of a generic method), and the necessary generic type arguments were not supplied for either or both of genericTypeArguments and genericMethodArguments.

metadataToken は、現在のモジュールのスコープで有効なトークンではありません。metadataToken is not a valid token in the scope of the current module.

注釈

@No__t-2 のジェネリック型引数の配列を取得するには metadataToken がスコープ内にある型に対して Type.GetGenericArguments メソッドを使用します。Use the Type.GetGenericArguments method on the type where metadataToken is in scope to obtain an array of generic type arguments for genericTypeArguments. @No__t-2 のジェネリック型引数の配列を取得するには metadataToken がスコープ内にあるメソッドで MethodInfo.GetGenericArguments メソッドを使用します。Use the MethodInfo.GetGenericArguments method on the method where metadataToken is in scope to obtain an array of generic type arguments for genericTypeArguments. これらの引数は、不要な場合でも、常に安全に提供されます。It is always safe to provide these arguments, even when they are not needed.

注意

メタデータトークンに関する情報については、共通言語基盤 (CLI) のドキュメント (特に「Partition II:メタデータの定義とセマンティクス "。Information about metadata tokens can be found in the Common Language Infrastructure (CLI) documentation, especially "Partition II: Metadata Definition and Semantics". ドキュメントはオンラインで入手できます。ECMA Web サイトの「 ecma C# And Common language infrastructure Standard In THE MSDN and Standard Ecma-335-common language infrastructure (CLI) 」を参照してください。The documentation is available online; see ECMA C# and Common Language Infrastructure Standards on MSDN and Standard ECMA-335 - Common Language Infrastructure (CLI) on the ECMA Web site.

ジェネリックコンテキスト (つまり、ジェネリック型のジェネリック型パラメーター、またはトークンが埋め込まれているジェネリックメソッド) を使用してトークン解決を示すコードについては、ResolveMethod(Int32, Type[], Type[]) メソッドを参照してください。For code that demonstrates token resolution using the generic context (that is, the generic type parameters of the generic type and/or the generic method in which the token is embedded) see the ResolveMethod(Int32, Type[], Type[]) method.

適用対象