MissingManifestResourceException クラス

定義

メイン アセンブリにニュートラル カルチャ リソースが含まれておらず、適切なサテライト アセンブリがない場合にスローされる例外。The exception that is thrown if the main assembly does not contain the resources for the neutral culture, and an appropriate satellite assembly is missing.

public ref class MissingManifestResourceException : SystemException
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public class MissingManifestResourceException : SystemException
type MissingManifestResourceException = class
    inherit SystemException
Public Class MissingManifestResourceException
Inherits SystemException
継承
MissingManifestResourceException
属性

注釈

.NET アプリ.NET apps

.NET Framework と .net Core アプリではMissingManifestResourceException 、ニュートラルカルチャのリソースセットを特定のアセンブリから読み込むことができなかったために、リソースを取得しようとして失敗した場合にがスローされます。In .NET Framework and .NET Core apps, MissingManifestResourceException is thrown when the attempt to retrieve a resource fails because the resource set for the neutral culture could not be loaded from a particular assembly. この例外は、特定のリソースを取得しようとしたときにスローされますが、リソースを見つけることができなかったため、リソースセットの読み込みに失敗したことが原因で発生します。Although the exception is thrown when you try to retrieve a particular resource, it is caused by the failure to load the resource set rather than the failure to find the resource.

注意

詳細については、クラスのResourceManagerトピックの「MissingManifestResourceException Exception の処理」セクションを参照してください。For additional information, see the "Handling a MissingManifestResourceException Exception" section in the ResourceManager class topic.

例外の主な原因は次のとおりです。The main causes of the exception include the following:

  • リソースセットは、完全修飾名で識別されません。The resource set is not identified by its fully qualified name. たとえば、メソッドのbaseName ResourceManager.ResourceManager(String, Assembly)呼び出しのパラメーターが名前空間を使用せずにリソースセットのルート名を指定していても、そのアセンブリに格納されているときにリソースセットに名前空間がResourceManager.GetString割り当てられている場合、メソッドへの呼び出しこの例外をスローします。For example, if the baseName parameter in the call to the ResourceManager.ResourceManager(String, Assembly) method specifies the root name of the resource set without a namespace, but the resource set is assigned a namespace when it is stored in its assembly, the call to the ResourceManager.GetString method throws this exception.

    既定のカルチャのリソースを含む .resources ファイルが実行可能ファイルに埋め込まれていて、アプリがをMissingManifestResourceExceptionスローしている場合は、 IL 逆アセンブラー (ildasm.exe)などのリフレクションツールを使用して、完全修飾名を特定できます。リソースの名前。If you have embedded the .resources file that contains the default culture's resources in your executable and your app is throwing a MissingManifestResourceException, you can use a reflection tool such as the IL Disassembler (Ildasm.exe) to determine the fully qualified name of the resource. ILDasm で、実行可能ファイルのマニフェストラベルをダブルクリックして、[マニフェスト] ウィンドウを開きます。In ILDasm, double click the executable's MANIFEST label to open the MANIFEST window. リソースは項目.mresourceとして表示され、外部アセンブリ参照とカスタムアセンブリレベル属性の後に一覧表示されます。Resources appear as .mresource items and are listed after external assembly references and custom assembly-level attributes. また、次の単純なユーティリティをコンパイルすることもできます。このユーティリティには、コマンドラインパラメーターとして名前が渡されるアセンブリ内の埋め込みリソースの完全修飾名が一覧表示されます。You can also compile the following simple utility, which lists the fully qualified names of embedded resources in the assembly whose name is passed to it as a command-line parameter.

    using System;
    using System.IO;
    using System.Reflection;
    using System.Resources;
    
    public class Example
    {
       public static void Main()
       {
          if (Environment.GetCommandLineArgs().Length == 1) { 
             Console.WriteLine("No filename.");
             return;
          }
          
          string filename = Environment.GetCommandLineArgs()[1].Trim();
          // Check whether the file exists.
          if (! File.Exists(filename)) {
             Console.WriteLine("{0} does not exist.", filename);
             return;
          }   
          
          // Try to load the assembly.
          Assembly assem = Assembly.LoadFrom(filename);
          Console.WriteLine("File: {0}", filename);
             
          // Enumerate the resource files.
          string[] resNames = assem.GetManifestResourceNames();
          if (resNames.Length == 0)
             Console.WriteLine("   No resources found.");
    
          foreach (var resName in resNames)
             Console.WriteLine("   Resource: {0}", resName.Replace(".resources", ""));
    
          Console.WriteLine();
       }
    }
    
    Imports System.IO
    Imports System.Reflection
    Imports System.Resources
    
    Module Example
       Public Sub Main()
          If Environment.GetCommandLineArgs.Length = 1 Then 
             Console.WriteLine("No filename.")
             Exit Sub
          End If
          Dim filename As String = Environment.GetCommandLineArgs(1).Trim()
          ' Check whether the file exists.
          If Not File.Exists(filename) Then
             Console.WriteLine("{0} does not exist.", filename)
             Exit Sub
          End If   
          
          ' Try to load the assembly.
          Dim assem As Assembly = Assembly.LoadFrom(filename)
          Console.WriteLine("File: {0}", filename)
             
          ' Enumerate the resource files.
          Dim resNames() As String = assem.GetManifestResourceNames()
          If resNames.Length = 0 Then
             Console.WriteLine("   No resources found.")
          End If
          For Each resName In resNames
             Console.WriteLine("   Resource: {0}", resName.Replace(".resources", ""))
          Next
          Console.WriteLine()
       End Sub
    End Module
    
  • リソースファイル名 (オプションの名前空間を含む) とそのファイル拡張子 (名前空間とルートファイル名のみではなく) によって、リソースセットを識別します。You identify the resource set by its resource file name (along with its optional namespace) and its file extension rather than by its namespace and root file name alone. たとえば、ニュートラルカルチャのリソースセットがというGlobalResources名前で、 ResourceManager.ResourceManager(String, Assembly)コンストラクターのbaseNameパラメーターに (ではなくGlobalResources) GlobalResources.resourcesの値を指定した場合、この例外がスローされます。For example, this exception is thrown if the neutral culture's resource set is named GlobalResources and you supply a value of GlobalResources.resources (instead of GlobalResources) to the baseName parameter of the ResourceManager.ResourceManager(String, Assembly) constructor.

  • メソッド呼び出しで指定されているカルチャ固有のリソースセットが見つからず、フォールバックリソースセットを読み込むことができません。The culture-specific resource set that is identified in a method call cannot be found, and the fallback resource set cannot be loaded. たとえば、英語 (米国) カルチャおよびロシア語 (ロシア) カルチャ用のサテライトアセンブリを作成しても、ニュートラルカルチャのリソースセットを提供できなかった場合、アプリの現在のカルチャが英語 (英国) であると、この例外がスローされます。For example, if you create satellite assemblies for the English (United States) and Russia (Russian) cultures but you fail to provide a resource set for the neutral culture, this exception is thrown if your app's current culture is English (Great Britain).

MissingManifestResourceExceptionは、値0x80131532 を持つ HRESULT COR_E_MISSINGMANIFESTRESOURCE を使用します。MissingManifestResourceException uses the HRESULT COR_E_MISSINGMANIFESTRESOURCE, which has the value 0x80131532.

MissingManifestResourceExceptionは、参照Equalsの等価性をサポートする既定の実装を使用します。MissingManifestResourceException uses the default Equals implementation, which supports reference equality.

MissingManifestResourceExceptionインスタンスの初期プロパティ値の一覧については、MissingManifestResourceExceptionコンストラクターを参照してください。For a list of initial property values for an instance of MissingManifestResourceException, see the MissingManifestResourceException constructors.

注意

メインアセンブリにニュートラルリソースのセットを含めることをお勧めします。これにより、サテライトアセンブリが使用できない場合、アプリは失敗しません。We recommend that you include a neutral set of resources in your main assembly, so your app won't fail if a satellite assembly is unavailable.

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリUniversal Windows Platform (UWP) apps

UWP アプリは、ニュートラルカルチャを含む複数のカルチャのリソースを1つのパッケージリソースインデックス (pri) ファイルにデプロイします。UWP apps deploy resources for multiple cultures, including the neutral culture, in a single package resource index (.pri) file. その結果、UWP アプリで、優先カルチャのリソースが見つからない場合は、 MissingManifestResourceException次のいずれかの条件でがスローされます。As a result, in a UWP app, if resources for the preferred culture cannot be found, the MissingManifestResourceException is thrown under either of the following conditions:

  • アプリケーションに .pri ファイルが含まれていないか、または .pri ファイルを開けませんでした。The app does not include a .pri file, or the .pri file could not be opened.

  • アプリの pri ファイルには、指定されたルート名のリソースセットが含まれていません。The app's .pri file does not contain a resource set for the given root name.

コンストラクター

MissingManifestResourceException()

MissingManifestResourceException クラスの新しいインスタンスを、既定のプロパティを使用して初期化します。Initializes a new instance of the MissingManifestResourceException class with default properties.

MissingManifestResourceException(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化したデータから、MissingManifestResourceException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the MissingManifestResourceException class from serialized data.

MissingManifestResourceException(String)

指定されたエラー メッセージで MissingManifestResourceException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the MissingManifestResourceException class with the specified error message.

MissingManifestResourceException(String, Exception)

指定したエラー メッセージおよびこの例外の原因となった内部例外への参照を使用して、MissingManifestResourceException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the MissingManifestResourceException class with a specified error message and a reference to the inner exception that is the cause of this exception.

プロパティ

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キー/値ペアのコレクションを取得します。Gets a collection of key/value pairs that provide additional user-defined information about the exception.

(継承元 Exception)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。Gets or sets a link to the help file associated with this exception.

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。Gets or sets HRESULT, a coded numerical value that is assigned to a specific exception.

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。Gets the Exception instance that caused the current exception.

(継承元 Exception)
Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。Gets a message that describes the current exception.

(継承元 Exception)
Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the application or the object that causes the error.

(継承元 Exception)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。Gets a string representation of the immediate frames on the call stack.

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。Gets the method that throws the current exception.

(継承元 Exception)

メソッド

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。When overridden in a derived class, returns the Exception that is the root cause of one or more subsequent exceptions.

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。When overridden in a derived class, sets the SerializationInfo with information about the exception.

(継承元 Exception)
GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。Gets the runtime type of the current instance.

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。Creates and returns a string representation of the current exception.

(継承元 Exception)

イベント

SerializeObjectState

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。Occurs when an exception is serialized to create an exception state object that contains serialized data about the exception.

(継承元 Exception)

適用対象

こちらもご覧ください