ResourceWriter クラス

定義

システムの既定の形式で、リソースを出力ファイルまたは出力ストリームに書き込みます。Writes resources in the system-default format to an output file or an output stream. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class ResourceWriter sealed : IDisposable, System::Resources::IResourceWriter
public ref class ResourceWriter sealed : IDisposable
public ref class ResourceWriter sealed : System::Resources::IResourceWriter
public sealed class ResourceWriter : IDisposable, System.Resources.IResourceWriter
public sealed class ResourceWriter : IDisposable
public sealed class ResourceWriter : System.Resources.IResourceWriter
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class ResourceWriter : System.Resources.IResourceWriter
type ResourceWriter = class
    interface IDisposable
    interface IResourceWriter
type ResourceWriter = class
    interface IDisposable
type ResourceWriter = class
    interface IResourceWriter
    interface IDisposable
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type ResourceWriter = class
    interface IResourceWriter
    interface IDisposable
Public NotInheritable Class ResourceWriter
Implements IDisposable, IResourceWriter
Public NotInheritable Class ResourceWriter
Implements IDisposable
Public NotInheritable Class ResourceWriter
Implements IResourceWriter
継承
ResourceWriter
属性
実装

次の例では、いくつかの文字列を myResources .resources ファイルに書き込みます。The following example writes several strings into the myResources.resources file.

using namespace System;
using namespace System::Resources;
int main()
{
   
   // Creates a resource writer.
   IResourceWriter^ writer = gcnew ResourceWriter( "myResources.resources" );
   
   // Adds resources to the resource writer.
   writer->AddResource( "String 1", "First String" );
   writer->AddResource( "String 2", "Second String" );
   writer->AddResource( "String 3", "Third String" );
   
   // Writes the resources to the file or stream, and closes it.
   writer->Close();
}

using System;
using System.Resources;

public class WriteResources {
   public static void Main(string[] args) {

      // Creates a resource writer.
      IResourceWriter writer = new ResourceWriter("myResources.resources");

      // Adds resources to the resource writer.
      writer.AddResource("String 1", "First String");

      writer.AddResource("String 2", "Second String");

      writer.AddResource("String 3", "Third String");

      // Writes the resources to the file or stream, and closes it.
      writer.Close();
   }
}
Imports System.Resources

Public Class WriteResources
    
    Public Shared Sub Main()
        
        ' Creates a resource writer.
        Dim writer As New ResourceWriter("myResources.resources")
        
        ' Adds resources to the resource writer.
        writer.AddResource("String 1", "First String")
        
        writer.AddResource("String 2", "Second String")
        
        writer.AddResource("String 3", "Third String")
        
        ' Writes the resources to the file or stream, and closes it.
        writer.Close()
    End Sub
End Class

注釈

ResourceWriter インターフェイスの既定の実装を提供 IResourceWriter します。ResourceWriter provides a default implementation of the IResourceWriter interface. バイナリリソース (.resources) ファイルをプログラムで作成することができます。It enables you to programmatically create a binary resource (.resources) file.

リソースは、メソッドを使用して、名前と値のペアとして指定され AddResource ます。Resources are specified as name and value pairs using the AddResource method. リソース名は、検索に使用する場合は大文字と小文字が区別されますが、作成ツールをより簡単にサポートし、バグを排除するために、で ResourceWriter は、.resources ファイルに大文字と小文字のみが異なる名前を付けることはできません。Resource names are case-sensitive when used for lookups, but to more easily support authoring tools and help eliminate bugs, ResourceWriter will not allow a .resources file to have names that vary only by case. クラスを使用すると、 ResourceWriter 文字列、オブジェクト、およびバイナリリソースを作成できます。The ResourceWriter class enables you to create string, object, and binary resources. バイナリリソースは、バイト配列またはストリームとしてリソースファイルに書き込むことができます。Binary resources can be written to the resource file as a byte array or a stream.

重要

この型は IDisposable インターフェイスを実装します。This type implements the IDisposable interface. 型の使用が完了したら、直接的または間接的に型を破棄する必要があります。When you have finished using the type, you should dispose of it either directly or indirectly. 直接的に型を破棄するには、try/catch ブロック内で Dispose メソッドを呼び出します。To dispose of the type directly, call its Dispose method in a try/catch block. 間接的に型を破棄するには、using (C# の場合) または Using (Visual Basic 言語) などの言語構成要素を使用します。To dispose of it indirectly, use a language construct such as using (in C#) or Using (in Visual Basic). 詳細については、IDisposable インターフェイスに関するトピック内の「IDisposable を実装するオブジェクトの使用」セクションを参照してください。For more information, see the "Using an Object that Implements IDisposable" section in the IDisposable interface topic.

リソースファイルを作成するには、一意のファイル名を使用してを作成し、を ResourceWriter AddResource 1 回以上呼び出します。次に、を呼び出し Generate て、リソースファイルをディスクに書き込み、を呼び出して Close ファイルを閉じます。To create a resources file, create a ResourceWriter with a unique file name, call AddResource at least once, call Generate to write the resources file to disk, and then call Close to close the file. Close Generate 明示的に呼び出さない場合、を呼び出すと暗黙的にが呼び出され Generate ます。Calling Close will implicitly call Generate if you do not explicitly call Generate.

リソースは、追加された順序と同じ順序で記述されるとは限りません。The resources will not necessarily be written in the same order they were added.

クラスによって作成されたバイナリ .resources ファイルからリソースを取得するには、クラスを使用します ResourceWriter 。このクラスを使用すると、 ResourceManager 名前付きリソースを取得できます。また、クラスを使用して、 ResourceReader ファイル内のすべてのリソースを列挙できます。To retrieve resources from a binary .resources file created by the ResourceWriter class, you can use the ResourceManager class, which lets you retrieve named resources, or the ResourceReader class, which lets you enumerate all the resources in the file.

コンストラクター

ResourceWriter(Stream)

指定したストリームにリソースを書き込む ResourceWriter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ResourceWriter class that writes the resources to the provided stream.

ResourceWriter(String)

指定したファイルにリソースを書き込む ResourceWriter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ResourceWriter class that writes the resources to the specified file.

プロパティ

TypeNameConverter

修飾アセンブリ名を使用して、.NET Framework 4 以前の各 .NET Framework バージョンを対象とするリソース アセンブリの書き込みを可能にするデリゲートを取得または設定します。Gets or sets a delegate that enables resource assemblies to be written that target versions of .NET Framework prior to .NET Framework 4 by using qualified assembly names.

メソッド

AddResource(String, Byte[])

書き込むリソースのリストに、バイト配列として指定された名前付きリソースを追加します。Adds a named resource specified as a byte array to the list of resources to be written.

AddResource(String, Object)

書き込むリソースのリストに、オブジェクトとして指定された名前付きリソースを追加します。Adds a named resource specified as an object to the list of resources to be written.

AddResource(String, Stream)

書き込むリソースのリストに、ストリームとして指定された名前付きリソースを追加します。Adds a named resource specified as a stream to the list of resources to be written.

AddResource(String, Stream, Boolean)

書き込むリソースのリストに、ストリームとして指定された名前付きリソースを追加し、Generate() メソッドが呼び出された後にストリームを閉じる必要があるかどうかを指定します。Adds a named resource specified as a stream to the list of resources to be written, and specifies whether the stream should be closed after the Generate() method is called.

AddResource(String, String)

書き込むリソースのリストに文字列リソースを追加します。Adds a string resource to the list of resources to be written.

AddResourceData(String, String, Byte[])

書き込むリソースのリストに、データ ユニットをリソースとして追加します。Adds a unit of data as a resource to the list of resources to be written.

Close()

リソースを出力ストリームに保存してから閉じます。Saves the resources to the output stream and then closes it.

Dispose()

リソース ファイルまたはストリームを閉じ、明示的にリソースを解放できます。Allows users to close the resource file or stream, explicitly releasing resources.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Generate()

システムの既定の形式で、すべてのリソースを出力ストリームに保存します。Saves all resources to the output stream in the system default format.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください