ITuple インターフェイス

定義

基になるタプル型を知らなくてもタプル インスタンス メンバーへのアクセスを許可する、汎用的なタプルの実装を定義します。Defines a general-purpose Tuple implementation that allows access to Tuple instance members without knowing the underlying Tuple type.

public interface class ITuple
public interface ITuple
type ITuple = interface
Public Interface ITuple
派生

注釈

組の ITuple 要素の数または型を事前に把握していなくても、インターフェイスを使用して、タプルインスタンスの個々の要素にアクセスできます。You use the ITuple interface to access individual elements of a Tuple instance without knowing beforehand the number or types of elements in the Tuple. タプル内の項目の数は、プロパティの値を取得することによって決定し Length ます。You determine the number of items in the Tuple by retrieving the value of the Length property. その後、0からプロパティの1未満の値までの範囲のインデックスをプロパティに渡すことによって、その要素を列挙でき Length Item[] ます。You can then enumerate its elements by passing an index that ranges from zero to one less than value of the Length property to the Item[] property.

ITuple は、 Tuple クラスと構造体の明示的なインターフェイスの実装です ValueTupleITuple is an explicit interface implementation of the Tuple classes and the ValueTuple structures. Tupleオブジェクトのプロパティにアクセスするには、そのオブジェクトをインターフェイスオブジェクトにキャストする必要があり ITuple ます。You must cast the Tuple object to an ITuple interface object before you can access its properties.

プロパティ

Item[Int32]

指定した Tuple 要素の値を返します。Returns the value of the specified Tuple element.

Length

この Tuple インスタンス内の要素の数を取得します。Gets the number of elements in this Tuple instance.

適用対象