RuntimeWrappedException クラス

定義

Exception クラスから派生していない例外をラップします。Wraps an exception that does not derive from the Exception class. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class RuntimeWrappedException sealed : Exception
[System.Serializable]
public sealed class RuntimeWrappedException : Exception
type RuntimeWrappedException = class
    inherit Exception
Public NotInheritable Class RuntimeWrappedException
Inherits Exception
継承
RuntimeWrappedException
属性

Stringオブジェクトを例外としてスロー C++し、 RuntimeWrappedExceptionオブジェクトを使用してキャッチする方法を次のコード例に示します。The following code example demonstrates how to throw a String object as an exception in C++ and catch it using a RuntimeWrappedException object.

using namespace System;
using namespace System::Runtime::CompilerServices;

[assembly:RuntimeCompatibilityAttribute(WrapNonExceptionThrows = true)]; 

void run()
{
    try
    {
        throw gcnew String("This is a string");

    }
    catch(RuntimeWrappedException^ e)
    {
        Console::WriteLine("RuntimeWrappedException caught!");
    }
}

int main()
{
    run();

    return 0;
}

注釈

C++ などの一部の言語を使用すると、任意のマネージ型の例外をスローできます。Some languages, such as C++, allow you to throw exceptions of any managed type. Microsoft C# と Visual Basic の場合など、他の言語では、すべてスローされた例外から派生することが必要です、Exceptionクラス。Other languages, such as Microsoft C# and Visual Basic, require that every thrown exception be derived from the Exception class. 派生していないオブジェクトをラップする共通言語ランタイム (CLR) 言語の間の互換性を維持するためにExceptionで、RuntimeWrappedExceptionオブジェクト。To maintain compatibility between languages, the common language runtime (CLR) wraps objects that do not derive from Exception in a RuntimeWrappedException object.

使用することができます、RuntimeCompatibilityAttributeクラスがアセンブリの例外を catch ブロックと例外フィルター内でラップされた表示にする必要があるかどうかを指定します。You can use the RuntimeCompatibilityAttribute class to specify whether exceptions should appear wrapped inside catch blocks and exception filters for an assembly. Microsoft C# と Visual Basic のコンパイラを含む、多くの言語コンパイラでは、折り返し動作を指定する既定でこの属性を適用します。Many language compilers, including the Microsoft C# and Visual Basic compilers, apply this attribute by default to specify the wrapping behavior.

RuntimeCompatibilityAttributeクラスを使用してラップしないことを指定した場合でも、ランタイムは引き続き例外をラップすることに注意してください。Note that the runtime still wraps exceptions even if you use the RuntimeCompatibilityAttribute class to specify that you do not want them wrapped. この場合、例外は catch ブロックまたは例外フィルター内でのみラップ解除されます。In this case, exceptions are unwrapped only inside catch blocks or exception filters.

コンストラクター

RuntimeWrappedException(Object)

プロパティ

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キー/値ペアのコレクションを取得します。Gets a collection of key/value pairs that provide additional user-defined information about the exception.

(継承元 Exception)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。Gets or sets a link to the help file associated with this exception.

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。Gets or sets HRESULT, a coded numerical value that is assigned to a specific exception.

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。Gets the Exception instance that caused the current exception.

(継承元 Exception)
Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。Gets a message that describes the current exception.

(継承元 Exception)
Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the application or the object that causes the error.

(継承元 Exception)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。Gets a string representation of the immediate frames on the call stack.

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。Gets the method that throws the current exception.

(継承元 Exception)
WrappedException

RuntimeWrappedException オブジェクトによってラップされたオブジェクトを取得します。Gets the object that was wrapped by the RuntimeWrappedException object.

メソッド

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。When overridden in a derived class, returns the Exception that is the root cause of one or more subsequent exceptions.

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

例外に関する情報を使用して、SerializationInfo オブジェクトを設定します。Sets the SerializationInfo object with information about the exception.

GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。Gets the runtime type of the current instance.

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。Creates and returns a string representation of the current exception.

(継承元 Exception)

イベント

SerializeObjectState

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。Occurs when an exception is serialized to create an exception state object that contains serialized data about the exception.

(継承元 Exception)

適用対象