System.Runtime.ConstrainedExecution 名前空間

System.Runtime.ConstrainedExecution 名前空間には、コードの作成者と、そのコードに依存したプログラムの開発者間で信頼関係を構築するためのコントラクトを列挙および定義する、一連の型が定義されています。 The System.Runtime.ConstrainedExecution namespace defines a set of types that enumerate and define a contract for reliability between the author of some code, and the developers who take a dependency on that code. System.Runtime.ConstrainedExecution 名前空間の型は、制約された実行領域 (CER) での使用を想定して設計されています。 The types in the System.Runtime.ConstrainedExecution namespace are intended for use in constrained execution regions (CERs).

クラス

CriticalFinalizerObject

派生クラスのすべての終了コードが確実に重大であるとマークされるようにします。Ensures that all finalization code in derived classes is marked as critical.

PrePrepareMethodAttribute

制約された実行領域 (CER) にメソッドを配置する準備をするように、ネイティブ イメージの生成サービスに指示します。Instructs the native image generation service to prepare a method for inclusion in a constrained execution region (CER).

ReliabilityContractAttribute

一部のコードの作成者とそのコードに依存している開発者の間の信頼性のコントラクトを定義します。Defines a contract for reliability between the author of some code, and the developers who have a dependency on that code.

列挙型

Cer

制約された実行領域内で呼び出されたときのメソッドの動作を指定します。Specifies a method's behavior when called within a constrained execution region.

Consistency

信頼性のコントラクトを指定します。Specifies a reliability contract.

こちらもご覧ください