ClassInterfaceAttribute コンストラクター

定義

ClassInterfaceAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

オーバーロード

ClassInterfaceAttribute(Int16)

ClassInterfaceAttribute 列挙値を指定して、ClassInterfaceType クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClassInterfaceAttribute(ClassInterfaceType)

指定した ClassInterfaceAttribute 列挙体メンバーを使用して、ClassInterfaceType クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClassInterfaceAttribute(Int16)

ClassInterfaceAttribute 列挙値を指定して、ClassInterfaceType クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 ClassInterfaceAttribute(short classInterfaceType);
public ClassInterfaceAttribute (short classInterfaceType);
new System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceAttribute : int16 -> System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceAttribute
Public Sub New (classInterfaceType As Short)

パラメーター

classInterfaceType
Int16

クラスに対して生成するインターフェイスの型について説明します。

注釈

このコンストラクターは、各列挙メンバーを表す基になる 16 ビット符号付き ClassInterfaceType 整数を受け取います。 この Tlbimp.exe (タイプ ライブラリ のインポート) では、この コンストラクターが使用されます。

こちらもご覧ください

適用対象

ClassInterfaceAttribute(ClassInterfaceType)

指定した ClassInterfaceAttribute 列挙体メンバーを使用して、ClassInterfaceType クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 ClassInterfaceAttribute(System::Runtime::InteropServices::ClassInterfaceType classInterfaceType);
public ClassInterfaceAttribute (System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType classInterfaceType);
new System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceAttribute : System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType -> System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceAttribute
Public Sub New (classInterfaceType As ClassInterfaceType)

パラメーター

classInterfaceType
ClassInterfaceType

クラスに対して生成するインターフェイスの型について説明する ClassInterfaceType 値の 1 つ。

注釈

エラーが発生しにくい読み取り可能なコードの場合は、常にこのコンストラクターを使用します。

適用対象