ComEventInterfaceAttribute クラス

定義

警告

この API は現在使われていません。

ソース インターフェイスと、コクラスが COM タイプ ライブラリからインポートされるときに生成されるイベント インターフェイスのメソッドを実装するクラスとを識別します。Identifies the source interface and the class that implements the methods of the event interface that is generated when a coclass is imported from a COM type library.

public ref class ComEventInterfaceAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Interface, Inherited=false)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Obsolete("ComEventInterfaceAttribute may be unavailable in future releases.")]
public sealed class ComEventInterfaceAttribute : Attribute
type ComEventInterfaceAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class ComEventInterfaceAttribute
Inherits Attribute
継承
ComEventInterfaceAttribute
属性

注釈

この属性はインターフェイスに適用できます。ただし、 tlbimp.exe (タイプライブラリインポーター)は、通常、タイプライブラリをインポートするときに、この属性を適用します。You can apply this attribute to interfaces, although the Tlbimp.exe (Type Library Importer) typically applies it for you when it imports a type library.

ソースインターフェイスがタイプライブラリからインポートされると、それが実装するメソッドは、生成されたイベントインターフェイスにイベントとして追加されます。When a source interface is imported from a type library, any methods it implements are added as events to a generated event interface. Tlbimp.exe は、イベントComEventInterfaceAttributeインターフェイスのメソッドを実装し、元のソースインターフェイスを実装するマネージクラスを識別するために、イベントインターフェイスに適用されます。Tlbimp.exe applies ComEventInterfaceAttribute to the event interface to identify the managed class that implements the methods of the event interface and implements the original source interface. 共通言語ランタイムは、実行時にこの属性を使用して、次のタスクを実行します。The common language runtime uses this attribute at run time to perform the following tasks:

  • インターフェイスによって公開されるイベントを、イベントプロバイダークラスの実装に関連付けます。Associate events exposed by the interface to their implementation in the event provider class.

  • イベントを元の COM ソースインターフェイスにリンクします。Link the events to the original COM source interface.

この属性を適用することはめったにありません。You rarely apply this attribute. ただし、Tlbimp.exe によって生成されるメタデータを厳密にシミュレートするメタデータを生成するソースコードを記述する場合は、元のソースインターフェイスごとにイベントインターフェイスを作成する必要があります。However, if you plan to write source code that produces metadata that closely simulates metadata produced by Tlbimp.exe, you should create a event interface for each original source interface. Tlbimp.exe がイベントをインポートする方法の詳細については、「インポートされたメンバーの変換」を参照してください。For a detailed description about how Tlbimp.exe imports events, see Imported Member Conversion. COM イベントを .net クライアントに公開する方法の手順については、「方法:COM ソースによって発生するイベントを処理します。For instruction about how to expose a COM event to a .NET client, see How to: Handle Events Raised by a COM Source.

コンストラクター

ComEventInterfaceAttribute(Type, Type)

ソース インターフェイスとイベント プロバイダー クラスを指定して、ComEventInterfaceAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ComEventInterfaceAttribute class with the source interface and event provider class.

プロパティ

EventProvider

イベント インターフェイスのメソッドを実装するクラスを取得します。Gets the class that implements the methods of the event interface.

SourceInterface

タイプ ライブラリから元のソース インターフェイスを取得します。Gets the original source interface from the type library.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください