CONNECTDATA CONNECTDATA CONNECTDATA CONNECTDATA Struct

定義

指定したコネクション ポイントに存在する接続を記述します。Describes a connection that exists to a given connection point.

public value class CONNECTDATA
public struct CONNECTDATA
type CONNECTDATA = struct
Public Structure CONNECTDATA
継承
CONNECTDATACONNECTDATACONNECTDATACONNECTDATA

注釈

CONNECTDATA構造体は列挙型、IEnumConnections.Nextメソッド。The CONNECTDATA structure is the type enumerated through the IEnumConnections.Next method.

詳細についてはCONNECTDATA、MSDN ライブラリを参照してください。For more information about CONNECTDATA, see the MSDN Library.

ネイティブ コードで COM メソッドに HRESULT が返されるときに、共通言語ランタイムは例外をスローします。The common language runtime throws an exception when a COM method in native code returns an HRESULT. 詳細については、「 How to: Map HRESULTs and Exceptions」を参照してください。For more information, see How to: Map HRESULTs and Exceptions.

フィールド

dwCookie dwCookie dwCookie dwCookie

Advise(Object, Int32) への呼び出しによって返された接続トークンを表します。Represents a connection token that is returned from a call to Advise(Object, Int32).

pUnk pUnk pUnk pUnk

接続されたアドバイズ シンク上の IUnknown インターフェイスへのポインターを表します。Represents a pointer to the IUnknown interface on a connected advisory sink. IUnknown::Release 構造体が必要なくなったときに、呼び出し元からこのポインターの指す CONNECTDATA を呼び出す必要があります。The caller must call IUnknown::Release on this pointer when the CONNECTDATA structure is no longer needed.

適用対象