FUNCFLAGS 列挙型

定義

関数のプロパティを定義する定数を識別します。Identifies the constants that define the properties of a function.

この列挙型には FlagsAttribute 属性があり、メンバー値ではビットごとの組み合わせを使用できます。

public enum class FUNCFLAGS
[System.Flags]
[System.Serializable]
public enum FUNCFLAGS
type FUNCFLAGS = 
Public Enum FUNCFLAGS
継承
FUNCFLAGS
属性

フィールド

FUNCFLAG_FBINDABLE 4

データ連結をサポートしている関数。The function that supports data binding.

FUNCFLAG_FDEFAULTBIND 32

オブジェクトを最もよく表す関数です。The function that best represents the object. 型の 1 つの関数だけが、この属性を持つことができます。Only one function in a type can have this attribute.

FUNCFLAG_FDEFAULTCOLLELEM 256

コンパイラが "abc" の型で "xyz" という名前のメンバーを検索する場合に最適化を許可します。Permits an optimization in which the compiler looks for a member named "xyz" on the type of "abc". このようなメンバーが検出され、既定のコレクション要素のアクセサー関数としてフラグが付けられている場合は、そのメンバー関数への呼び出しが生成されます。If such a member is found, and is flagged as an accessor function for an element of the default collection, a call is generated to that member function. dispinterface およびインターフェイスのメンバーでは許可されますが、モジュールでは許可されません。Permitted on members in dispinterfaces and interfaces; not permitted on modules.

FUNCFLAG_FDISPLAYBIND 16

ユーザーに対して表示されるバインド可能な関数です。The function that is displayed to the user as bindable. FUNCFLAG_FBINDABLE も設定する必要があります。FUNCFLAG_FBINDABLE must also be set.

FUNCFLAG_FHIDDEN 64

関数は存在し、バインド可能ですが、ユーザーに対して表示しないでください。The function should not be displayed to the user, although it exists and is bindable.

FUNCFLAG_FIMMEDIATEBIND 4096

個別のバインド可能なプロパティとして割り当てられます。Mapped as individual bindable properties.

FUNCFLAG_FNONBROWSABLE 1024

プロパティはオブジェクト ブラウザーには表示されますが、プロパティ ブラウザーには表示されません。The property appears in an object browser, but not in a properties browser.

FUNCFLAG_FREPLACEABLE 2048

インターフェイスが既定の動作を備えていることを示します。Tags the interface as having default behaviors.

FUNCFLAG_FREQUESTEDIT 8

設定した場合は、そのプロパティを設定したメソッドを呼び出すと、初めに IPropertyNotifySink::OnRequestEdit が呼び出されます。When set, any call to a method that sets the property results first in a call to IPropertyNotifySink::OnRequestEdit. OnRequestEdit を実装すると、呼び出しがこのプロパティを設定できるかどうかを確認します。The implementation of OnRequestEdit determines if the call is allowed to set the property.

FUNCFLAG_FRESTRICTED 1

関数は、マクロ言語からはアクセスできません。The function should not be accessible from macro languages. このフラグは、システムレベル関数または型ブラウザーに表示しない関数で使用します。This flag is intended for system-level functions or functions that type browsers should not display.

FUNCFLAG_FSOURCE 2

関数は、イベントの発生元のオブジェクトを返します。The function returns an object that is a source of events.

FUNCFLAG_FUIDEFAULT 512

型情報メンバーは、ユーザー インターフェイスに表示する既定のメンバーです。The type information member is the default member for display in the user interface.

FUNCFLAG_FUSESGETLASTERROR 128

関数は GetLastError をサポートしています。The function supports GetLastError. 関数の実行中にエラーが発生した場合、呼び出し元は GetLastError を呼び出してエラー コードを取得できます。If an error occurs during the function, the caller can call GetLastError to retrieve the error code.

注釈

の詳細については、MSDNライブラリを参照してください。FUNCFLAGSFor additional information about FUNCFLAGS, see the MSDN Library.

ネイティブコードの COM メソッドが HRESULT を返す場合、共通言語ランタイムは例外をスローします。The common language runtime throws an exception when a COM method in native code returns an HRESULT. 詳細については、「 How to: Map HRESULTs and Exceptions」を参照してください。For more information, see How to: Map HRESULTs and Exceptions.

適用対象