IBindCtx インターフェイス

定義

IBindCtx インターフェイスのマネージド定義を提供します。Provides the managed definition of the IBindCtx interface.

public interface class IBindCtx
[System.Runtime.InteropServices.Guid("0000000e-0000-0000-C000-000000000046")]
[System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]
public interface IBindCtx
type IBindCtx = interface
Public Interface IBindCtx
属性

注釈

詳細については、MSDN ライブラリのIBindCtxの既存のドキュメントを参照してください。For more information, see the existing documentation for IBindCtx in the MSDN library.

ネイティブコードの COM メソッドが HRESULT を返す場合、共通言語ランタイムは例外をスローします。The common language runtime throws an exception when a COM method in native code returns an HRESULT. 詳細については、「 How to: Map HRESULTs and Exceptions」を参照してください。For more information, see How to: Map HRESULTs and Exceptions.

メソッド

EnumObjectParam(IEnumString)

コンテキスト オブジェクト パラメーターの内部で維持されるテーブルのキーである文字列を列挙します。Enumerates the strings that are the keys of the internally maintained table of contextual object parameters.

GetBindOptions(BIND_OPTS)

現在のバインド コンテキストに格納されている現在のバインディング オプションを返します。Returns the current binding options stored in the current bind context.

GetObjectParam(String, Object)

コンテキスト オブジェクト パラメーターの内部で維持されるテーブルで特定のキーを検索し、存在する場合は対応するオブジェクトを返します。Looks up the given key in the internally maintained table of contextual object parameters and returns the corresponding object, if one exists.

GetRunningObjectTable(IRunningObjectTable)

このバインディング プロセスに関連するランニング オブジェクト テーブル (ROT: Running Object Table) へのアクセスを返します。Returns access to the Running Object Table (ROT) relevant to this binding process.

RegisterObjectBound(Object)

モニカー操作中にバインドされ、操作完了時に解放する必要があるオブジェクトの 1 つとして、渡されたオブジェクトを登録します。Registers the passed object as one of the objects that has been bound during a moniker operation and that should be released when the operation is complete.

RegisterObjectParam(String, Object)

オブジェクト ポインターの内部で維持されるテーブルで、指定した名前を使用して指定したオブジェクト ポインターを登録します。Registers the specified object pointer under the specified name in the internally maintained table of object pointers.

ReleaseBoundObjects()

RegisterObjectBound(Object) メソッドによってバインド コンテキストに現在登録されているすべてのオブジェクトを解放します。Releases all the objects currently registered with the bind context by using the RegisterObjectBound(Object) method.

RevokeObjectBound(Object)

解放する必要がある登録済みオブジェクトのセットからオブジェクトを削除します。Removes the object from the set of registered objects that need to be released.

RevokeObjectParam(String)

コンテキスト オブジェクト パラメーターの内部で維持されるテーブルで、キーが現在登録されている場合、そのキーを使用して現在検出されているオブジェクトの登録を取り消します。Revokes the registration of the object currently found under the specified key in the internally maintained table of contextual object parameters, if that key is currently registered.

SetBindOptions(BIND_OPTS)

一連のパラメーターをバインド コンテキストに格納します。Stores a block of parameters in the bind context. これらのパラメーターは、以降に実行される UCOMIMoniker 操作のうち、このバインド コンテキストを使用する操作に適用されます。These parameters will apply to later UCOMIMoniker operations that use this bind context.

適用対象