IDataObject インターフェイス

定義

IDataObject インターフェイスのマネージド定義を提供します。Provides the managed definition of the IDataObject interface.

public interface class IDataObject
[System.Runtime.InteropServices.Guid("0000010e-0000-0000-C000-000000000046")]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("0000010E-0000-0000-C000-000000000046")]
[System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]
public interface IDataObject
type IDataObject = interface
Public Interface IDataObject
派生
属性

注釈

インターフェイスのIDataObject詳細については、MSDN ライブラリを参照してください。For more information about the IDataObject interface, see the MSDN Library.

ネイティブコードの COM メソッドが HRESULT を返す場合、共通言語ランタイムは例外をスローします。The common language runtime throws an exception when a COM method in native code returns an HRESULT. 詳細については、「 How to: Map HRESULTs and Exceptions」を参照してください。For more information, see How to: Map HRESULTs and Exceptions.

メソッド

DAdvise(FORMATETC, ADVF, IAdviseSink, Int32)

データ オブジェクトとアドバイズ シンク間の接続を作成します。Creates a connection between a data object and an advisory sink. このメソッドは、アドバイズ シンクをサポートするオブジェクトによって呼び出され、オブジェクトのデータの変更をアドバイズ シンクに通知できるようにします。This method is called by an object that supports an advisory sink and enables the advisory sink to be notified of changes in the object's data.

DUnadvise(Int32)

以前に確立されていた通知の接続を破棄します。Destroys a notification connection that had been previously established.

EnumDAdvise(IEnumSTATDATA)

現在のアドバイザリ コネクションを列挙するために使用できるオブジェクトを作成します。Creates an object that can be used to enumerate the current advisory connections.

EnumFormatEtc(DATADIR)

データ オブジェクトの FORMATETC 構造体を列挙するためのオブジェクトを作成します。Creates an object for enumerating the FORMATETC structures for a data object. これらの構造体は、GetData(FORMATETC, STGMEDIUM) または SetData(FORMATETC, STGMEDIUM, Boolean) の呼び出しで使用されます。These structures are used in calls to GetData(FORMATETC, STGMEDIUM) or SetData(FORMATETC, STGMEDIUM, Boolean).

GetCanonicalFormatEtc(FORMATETC, FORMATETC)

より複雑な構造体と論理的に等価な、標準の FORMATETC 構造体を提供します。Provides a standard FORMATETC structure that is logically equivalent to a more complex structure. このメソッドを使用して、2 つの異なる FORMATETC 構造体が同一のデータを返すかどうかを確認し、表示を二重化する必要をなくします。Use this method to determine whether two different FORMATETC structures would return the same data, removing the need for duplicate rendering.

GetData(FORMATETC, STGMEDIUM)

ソース データ オブジェクトからデータを取得します。Obtains data from a source data object. GetData(FORMATETC, STGMEDIUM) メソッドは、データ コンシューマーによって呼び出され、指定された FORMATETC 構造体に記述されているデータを表示し、指定された STGMEDIUM 構造体を使用してそのデータを転送します。The GetData(FORMATETC, STGMEDIUM) method, which is called by a data consumer, renders the data described in the specified FORMATETC structure and transfers it through the specified STGMEDIUM structure. 呼び出し元は、その後で STGMEDIUM 構造体を解放する必要があります。The caller then assumes responsibility for releasing the STGMEDIUM structure.

GetDataHere(FORMATETC, STGMEDIUM)

ソース データ オブジェクトからデータを取得します。Obtains data from a source data object. このメソッドはデータ コンシューマーによって呼び出され、呼び出し元が、指定したストレージ メディアを割り当て、解放する必要があるという点で GetData(FORMATETC, STGMEDIUM) メソッドとは異なります。This method, which is called by a data consumer, differs from the GetData(FORMATETC, STGMEDIUM) method in that the caller must allocate and free the specified storage medium.

QueryGetData(FORMATETC)

データ オブジェクトが、FORMATETC 構造体で記述されているデータを表示できるかどうかを確認します。Determines whether the data object is capable of rendering the data described in the FORMATETC structure. 貼り付け操作またはドロップ操作をしようとしているオブジェクトは、GetData(FORMATETC, STGMEDIUM) を呼び出す前にこのメソッドを呼び出して、操作が正常に実行できるかどうかを示す値を取得できます。Objects attempting a paste or drop operation can call this method before calling GetData(FORMATETC, STGMEDIUM) to get an indication of whether the operation may be successful.

SetData(FORMATETC, STGMEDIUM, Boolean)

このメソッドを実装するオブジェクトにデータを転送します。Transfers data to the object that implements this method. このメソッドは、データ ソースを格納しているオブジェクトから呼び出されます。This method is called by an object that contains a data source.

適用対象