IStream インターフェイス

定義

ISequentialStream 機能を備えた IStream インターフェイスのマネージド定義を提供します。

public interface class IStream
[System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]
public interface IStream
[System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("0000000c-0000-0000-C000-000000000046")]
public interface IStream
public interface IStream
[<System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)>]
type IStream = interface
[<System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)>]
[<System.Runtime.InteropServices.Guid("0000000c-0000-0000-C000-000000000046")>]
type IStream = interface
type IStream = interface
Public Interface IStream
属性

注釈

詳細については 、IStream インターフェイスと ISequentialStream インターフェイスのドキュメントを参照してください。

ネイティブ コードの COM メソッドが 以外の を返す場合、共通言語ランタイムは例外 HRESULT をスローします S_OK 。 詳細については、「 How to: Map HRESULTs and Exceptions」を参照してください。

メソッド

Clone(IStream)

元のストリームと同じバイトを参照する独自のシーク ポインターを持つ新しいストリーム オブジェクトを作成します。

Commit(Int32)

トランザクション モードで開いたストリーム オブジェクトに対する変更が親ストレージに反映されるようにします。

CopyTo(IStream, Int64, IntPtr, IntPtr)

ストリームの現在のシーク ポインターから別のストリームの現在のシーク ポインターに、指定したバイト数をコピーします。

LockRegion(Int64, Int64, Int32)

ストリーム内の指定したバイト範囲へのアクセスを制限します。

Read(Byte[], Int32, IntPtr)

現在のシーク ポインターから始めて、指定したバイト数をストリーム オブジェクトからメモリに読み取ります。

Revert()

前回 Commit(Int32) が呼び出されてからトランザクション ストリームに対して行われた変更をすべて破棄します。

Seek(Int64, Int32, IntPtr)

シーク ポインターの位置を新しい位置に変更します。新しい位置は、ストリームの先頭、ストリームの終端、または現在のシーク ポインターを基準とする相対的な位置です。

SetSize(Int64)

ストリーム オブジェクトのサイズを変更します。

Stat(STATSTG, Int32)

このストリームの STATSTG 構造体を取得します。

UnlockRegion(Int64, Int64, Int32)

以前に LockRegion(Int64, Int64, Int32) メソッドで適用したバイト範囲のアクセス制限を削除します。

Write(Byte[], Int32, IntPtr)

現在のシーク ポインターから始めて、指定したバイト数をストリーム オブジェクトに書き込みます。

適用対象

こちらもご覧ください