STGMEDIUM STGMEDIUM STGMEDIUM STGMEDIUM Struct

定義

STGMEDIUM 構造体のマネージド定義を提供します。Provides the managed definition of the STGMEDIUM structure.

public value class STGMEDIUM
public struct STGMEDIUM
type STGMEDIUM = struct
Public Structure STGMEDIUM
継承

注釈

構造体のSTGMEDIUM詳細については、MSDN ライブラリを参照してください。For more information about the STGMEDIUM structure, see the MSDN Library.

ネイティブコードの COM メソッドが HRESULT を返す場合、共通言語ランタイムは例外をスローします。The common language runtime throws an exception when a COM method in native code returns an HRESULT. 詳細については、「 How to: Map HRESULTs and Exceptions」を参照してください。For more information, see How to: Map HRESULTs and Exceptions.

フィールド

pUnkForRelease pUnkForRelease pUnkForRelease pUnkForRelease

受信プロセスが ReleaseStgMedium 関数を呼び出したときにストレージが解放される方法を送信プロセスが制御できるようにするインターフェイス インスタンスへのポインターを表します。Represents a pointer to an interface instance that allows the sending process to control the way the storage is released when the receiving process calls the ReleaseStgMedium function. pUnkForReleasenull の場合、ReleaseStgMedium は既定プロシージャを使用してストレージを解放します。それ以外の場合、ReleaseStgMedium は指定された IUnknown インターフェイスを使用します。If pUnkForRelease is null, ReleaseStgMedium uses default procedures to release the storage; otherwise, ReleaseStgMedium uses the specified IUnknown interface.

tymed tymed tymed tymed

ストレージ メディアの種類を指定します。Specifies the type of storage medium. マーシャリング ルーチンとマーシャリング解除ルーチンは、この値を使用して、どの共用体メンバーが使用されたかを確認します。The marshaling and unmarshaling routines use this value to determine which union member was used. この値は、TYMED 列挙体の要素のいずれかである必要があります。This value must be one of the elements of the TYMED enumeration.

unionmember unionmember unionmember unionmember

受信プロセスが、転送されるデータにアクセスするために使用できるハンドル、文字列、またはインターフェイス ポインターを表します。Represents a handle, string, or interface pointer that the receiving process can use to access the data being transferred.

適用対象