TYPEFLAGS TYPEFLAGS TYPEFLAGS TYPEFLAGS Enum

定義

型の説明のプロパティと属性を定義します。Defines the properties and attributes of a type description.

この列挙型には FlagsAttribute 属性があり、メンバー値ではビットごとの組み合わせを使用できます。

public enum class TYPEFLAGS
[System.Flags]
[System.Serializable]
public enum TYPEFLAGS
type TYPEFLAGS = 
Public Enum TYPEFLAGS
継承
属性

フィールド

TYPEFLAG_FAGGREGATABLE TYPEFLAG_FAGGREGATABLE TYPEFLAG_FAGGREGATABLE TYPEFLAG_FAGGREGATABLE 1024

クラスは、集約をサポートしています。The class supports aggregation.

TYPEFLAG_FAPPOBJECT TYPEFLAG_FAPPOBJECT TYPEFLAG_FAPPOBJECT TYPEFLAG_FAPPOBJECT 1

Application オブジェクトを記述する型の説明。A type description that describes an Application object.

TYPEFLAG_FCANCREATE TYPEFLAG_FCANCREATE TYPEFLAG_FCANCREATE TYPEFLAG_FCANCREATE 2

型のインスタンスは、ITypeInfo::CreateInstance で作成できます。Instances of the type can be created by ITypeInfo::CreateInstance.

TYPEFLAG_FCONTROL TYPEFLAG_FCONTROL TYPEFLAG_FCONTROL TYPEFLAG_FCONTROL 32

型は他の型の派生元になるコントロールであり、ユーザーには表示されません。The type is a control from which other types will be derived and should not be displayed to users.

TYPEFLAG_FDISPATCHABLE TYPEFLAG_FDISPATCHABLE TYPEFLAG_FDISPATCHABLE TYPEFLAG_FDISPATCHABLE 4096

インターフェイスが IDispatch から直接または間接に派生したものであることを示します。Indicates that the interface derives from IDispatch, either directly or indirectly. このフラグは計算されます。このフラグのオブジェクト記述言語はありません。This flag is computed; there is no Object Description Language for the flag.

TYPEFLAG_FDUAL TYPEFLAG_FDUAL TYPEFLAG_FDUAL TYPEFLAG_FDUAL 64

インターフェイスは、IDispatch と VTBL バインディングの両方を提供します。The interface supplies both IDispatch and VTBL binding.

TYPEFLAG_FHIDDEN TYPEFLAG_FHIDDEN TYPEFLAG_FHIDDEN TYPEFLAG_FHIDDEN 16

型はブラウザーに表示しないでください。The type should not be displayed to browsers.

TYPEFLAG_FLICENSED TYPEFLAG_FLICENSED TYPEFLAG_FLICENSED TYPEFLAG_FLICENSED 4

型はライセンス付きです。The type is licensed.

TYPEFLAG_FNONEXTENSIBLE TYPEFLAG_FNONEXTENSIBLE TYPEFLAG_FNONEXTENSIBLE TYPEFLAG_FNONEXTENSIBLE 128

インターフェイスは、実行時にメンバーを追加できません。The interface cannot add members at run time.

TYPEFLAG_FOLEAUTOMATION TYPEFLAG_FOLEAUTOMATION TYPEFLAG_FOLEAUTOMATION TYPEFLAG_FOLEAUTOMATION 256

インターフェイスで使用される型は、VTBL バインディングのサポートを含むオートメーションに完全に準拠しています。The types used in the interface are fully compatible with Automation, including VTBL binding support. インターフェイスでデュアルを設定すると、このフラグと TYPEFLAG_FDUAL が設定されます。Setting dual on an interface sets both this flag and the TYPEFLAG_FDUAL. このフラグはディスパッチ インターフェイスには設定できません。This flag is not allowed on dispinterfaces.

TYPEFLAG_FPREDECLID TYPEFLAG_FPREDECLID TYPEFLAG_FPREDECLID TYPEFLAG_FPREDECLID 8

型は定義済みです。The type is predefined. クライアント アプリケーションは、この属性を持つオブジェクトの単一のインスタンスを自動的に作成します。The client application should automatically create a single instance of the object that has this attribute. オブジェクトを指す変数の名前は、そのオブジェクトのクラス名と同じです。The name of the variable that points to the object is the same as the class name of the object.

TYPEFLAG_FPROXY TYPEFLAG_FPROXY TYPEFLAG_FPROXY TYPEFLAG_FPROXY 16384

インターフェイスはプロキシ/スタブ ダイナミック リンク ライブラリを使用することを示します。Indicates that the interface will be using a proxy/stub dynamic link library. このフラグは、タイプ ライブラリの登録が解除されている場合に、タイプ ライブラリ プロキシの登録を解除してはいけないことを示します。This flag specifies that the type library proxy should not be unregistered when the type library is unregistered.

TYPEFLAG_FREPLACEABLE TYPEFLAG_FREPLACEABLE TYPEFLAG_FREPLACEABLE TYPEFLAG_FREPLACEABLE 2048

オブジェクトは、IConnectionPointWithDefault をサポートし、既定の動作を備えています。The object supports IConnectionPointWithDefault, and has default behaviors.

TYPEFLAG_FRESTRICTED TYPEFLAG_FRESTRICTED TYPEFLAG_FRESTRICTED TYPEFLAG_FRESTRICTED 512

マクロ言語からはアクセスできません。Should not be accessible from macro languages. このフラグは、システム レベルの型または型ブラウザーに表示しない型で使用します。This flag is intended for system-level types or types that type browsers should not display.

TYPEFLAG_FREVERSEBIND TYPEFLAG_FREVERSEBIND TYPEFLAG_FREVERSEBIND TYPEFLAG_FREVERSEBIND 8192

基本インターフェイスが、名前解決を確認してから子を確認することを示します。これは既定の反対の動作です。Indicates base interfaces should be checked for name resolution before checking children, which is the reverse of the default behavior.

注釈

詳細についてはTYPEFLAGS、MSDN ライブラリを参照してください。For additional information about TYPEFLAGS, see the MSDN Library.

ネイティブ コードで COM メソッドに HRESULT が返されるときに、共通言語ランタイムは例外をスローします。The common language runtime throws an exception when a COM method in native code returns an HRESULT. 詳細については、「 How to: Map HRESULTs and Exceptions」を参照してください。For more information, see How to: Map HRESULTs and Exceptions.

適用対象