ErrorWrapper ErrorWrapper ErrorWrapper ErrorWrapper Class

定義

警告

この API は現在使われていません。

マーシャラーが VT_ERROR としてマーシャリングする必要があるオブジェクトをラップします。Wraps objects the marshaler should marshal as a VT_ERROR.

public ref class ErrorWrapper sealed
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
[System.Obsolete("ErrorWrapper and support for marshalling to the VARIANT type may be unavailable in future releases.")]
public sealed class ErrorWrapper
type ErrorWrapper = class
Public NotInheritable Class ErrorWrapper
継承
ErrorWrapperErrorWrapperErrorWrapperErrorWrapper
属性

次のコード例では、最初Int32に COM からInt32オブジェクトとしてマーシャリングされる唯一のオブジェクトを示します。The following code example first demonstrates a lone Int32 object marshaled back from COM as an Int32 object. 次に、COM Int32からUInt32配列としてマーシャリングされた配列を示します。It then demonstrates an Int32 array marshaled back from COM as a UInt32 array.

// Scenario 1:  
// Pass a single value.  
Int32 x = 3;  
Object o = new ErrorWrapper(x);  
// Pass 'o' to COM.  
// On the return trip, 'o' has been unwrapped and is still an Int32 object.  
Int32 y = (Int32)o;  
Scenario 2:  
// Pass an array of values.  
Int32[] arr = new Int32[3];  
Object o = new ErrorWrapper(arr);  
// Pass 'o' to COM.  
// On the return trip, 'o' has been unwrapped and is now a UInt32[] array.  
UInt32[ ] arr2 = (UInt32[])o;  

注釈

既定Objectでは、型引数はVARIANT型としてマーシャリングされ、オブジェクト型VARTYPEによってVARIANTの値が決まります。By default, Object type arguments are marshaled as a VARIANT type, where the object type determines the VARTYPE value of the VARIANT.

VT_ERROR Object VARIANT型は、型のとしてマーシャリングされる型として渡す必要がありErrorWrapperます。それ以外の場合は、型が整数としてマーシャリングされます。 ErrorWrapperThe ErrorWrapper type must to be passed as an Object type to be marshaled as a VARIANT of type VT_ERROR, otherwise the ErrorWrapper type is marshaled as an integer.

次の表は、プラットフォーム呼び出しを使用したネイティブ関数のマネージ呼び出しでのマーシャリングを示しています。The following table illustrates marshaling in a managed call to a native function, using platform invoke.

マネージシグネチャパラメーターManaged signature parameter pArr 値pArr value マーシャリングMarshaled as
ErrorWrapper [] pArrErrorWrapper[] pArr Errorwrapper の ErrorWrapper 10ErrorWrapper[10] of ErrorWrapper(77) Int[10]
オブジェクト [] pArrObject[] pArr Errorwrapper の ErrorWrapper 10ErrorWrapper[10] of ErrorWrapper(77) VARIANT[10]VT_ERRORVARIANT[10] of VT_ERROR
オブジェクト [] pArrObject[] pArr ErrorWrapper のオブジェクト 10Object[10] of ErrorWrapper(77) VARIANT[10]VT_ERRORVARIANT[10] of VT_ERROR

次の表は、COM ランタイム呼び出し可能ラッパー (RCW) を使用したネイティブ関数のマネージ呼び出しでのデータのマーシャリングを示しています。The following table illustrates marshaling data in a managed call to a native function, using COM runtime callable wrappers (RCW).

マネージシグネチャパラメーターManaged signature parameter pArr 値pArr value マーシャリングMarshaled as
ErrorWrapper [] pArrErrorWrapper[] pArr Errorwrapper の ErrorWrapper 10ErrorWrapper[10] of ErrorWrapper(77) Int[10]
オブジェクト [] pArrObject[] pArr Errorwrapper の ErrorWrapper 10ErrorWrapper[10] of ErrorWrapper(77) SafeArrayTypeMismatch例外的SafeArrayTypeMismatch exception
オブジェクト [] pArrObject[] pArr ErrorWrapper のオブジェクト 10Object[10] of ErrorWrapper(77) SAFEARRAY(VARIANT)

COM からErrorWrapper渡されたオブジェクトは型VT_ERRORとしてマーシャリングされないことに注意してください。Note that ErrorWrapper objects are not marshaled as type VT_ERROR after they are passed back from COM. 単一の値は、com から型VT_I4としてマーシャリングされますが、配列は com から型VT_UI4としてマーシャリングされます。A single value is marshaled back from COM as type VT_I4, while arrays are marshaled back from COM as type VT_UI4.

の詳細についVT_ERRORては、MSDN ライブラリののVARENUM::VT_ERROR既存のドキュメントを参照してください。For more information on VT_ERROR, please see the existing documentation for VARENUM::VT_ERROR in the MSDN library.

コンストラクター

ErrorWrapper(Exception) ErrorWrapper(Exception) ErrorWrapper(Exception) ErrorWrapper(Exception)

ErrorWrapper クラスの新しいインスタンスを、提供される例外に対応する HRESULT を使用して初期化します。Initializes a new instance of the ErrorWrapper class with the HRESULT that corresponds to the exception supplied.

ErrorWrapper(Int32) ErrorWrapper(Int32) ErrorWrapper(Int32) ErrorWrapper(Int32)

ErrorWrapper クラスの新しいインスタンスを、エラーの HRESULT を使用して初期化します。Initializes a new instance of the ErrorWrapper class with the HRESULT of the error.

ErrorWrapper(Object) ErrorWrapper(Object) ErrorWrapper(Object) ErrorWrapper(Object)

ErrorWrapper クラスの新しいインスタンスを、エラーの HRESULT を格納しているオブジェクトを使用して初期化します。Initializes a new instance of the ErrorWrapper class with an object containing the HRESULT of the error.

プロパティ

ErrorCode ErrorCode ErrorCode ErrorCode

ラッパーのエラー コードを取得します。Gets the error code of the wrapper.

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象