ManagedToNativeComInteropStubAttribute ManagedToNativeComInteropStubAttribute ManagedToNativeComInteropStubAttribute ManagedToNativeComInteropStubAttribute Class

定義

マネージ型から COM への相互運用シナリオにおけるユーザーによる相互運用スタブのカスタマイズのサポートを提供します。Provides support for user customization of interop stubs in managed-to-COM interop scenarios.

public ref class ManagedToNativeComInteropStubAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Method, AllowMultiple=false, Inherited=false)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Method, Inherited=false)]
public sealed class ManagedToNativeComInteropStubAttribute : Attribute
type ManagedToNativeComInteropStubAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class ManagedToNativeComInteropStubAttribute
Inherits Attribute
継承
ManagedToNativeComInteropStubAttributeManagedToNativeComInteropStubAttributeManagedToNativeComInteropStubAttributeManagedToNativeComInteropStubAttribute
属性

注釈

この属性により、マーシャ リングに関する知識や相互運用呼び出しには、次の内部動作を持っている相互運用機能の開発者ができます。This attribute enables interop developers who have knowledge about marshaling and the inner workings of interop calls to do the following:

  • 実行時ではなく、ビルド時にカスタマイズされた相互運用スタブの活用します。Take advantage of customized interop stubs at build time instead of run time.

  • カスタマイズされた相互運用スタブをデバッグします。Debug customized interop stubs.

  • ランタイムが提供していないスタブ内でのマーシャ リングの機能を提供します。Provide marshaling capabilities within a stub that the runtime does not provide.

  • ユーザー固有のメソッドのディスパッチの機能を提供します。Provide user-specific method dispatch capabilities.

マネージ コードとネイティブに COM 相互運用機能に対応するスタブ メソッドを指定するためのインターフェイスのメソッドに属性を適用します。You apply the attribute on a method in an interface to specify a corresponding stub method for managed-to-native COM interop.

この属性が実行時に発生した場合、共通言語ランタイムの相互運用機能のスタブは動的に生成されません。If this attribute is encountered during run time, the common language runtime does not dynamically generate an interop stub. 代わりに、ビルド時に作成されたカスタムのスタブが呼び出されます。Instead, it invokes the custom stub that was created at build time.

ManagedToNativeComInteropStubAttribute属性は、次の特性を持ちます。The ManagedToNativeComInteropStubAttribute attribute has the following characteristics:

  • 属性は、マークされているインターフェイスのメソッドでのみ使用できます[ComImport]します。The attribute can be used only on methods from interfaces that are marked [ComImport]. 属性はインターフェイス以外の型に適用する場合は、ランタイムによって無視されます。If the attribute is applied to non-interface types, it is ignored by the runtime.

  • 属性は、インターフェイス内の同じメソッドに 1 回だけ使用できます。The attribute can be used only once on the same method in an interface. 複数回使用する場合、コンパイラは属性の重複エラーを生成します。If it is used more than once, the compiler generates a duplicated attribute error.

  • 基底インターフェイスからは、属性を継承できません。The attribute is not inheritable from a base interface. 派生インターフェイスは、属性を明示的に割り当てる必要があります。Derived interfaces must explicitly assign the attribute.

  • 属性付きメソッドを含むアセンブリは、カスタマイズされたスタブを含めることも必要があります。The assembly that contains the attributed method must also contain the customized stub.

スタブのオーバー ロードされたメソッドは有効です。Overloaded stub methods are valid. のみの型とスタブ メソッドの名前を指定するが、ランタイムは、対応するスタブを検出します。Although you specify only the type and the name of the stub method, the runtime will discover the corresponding stub. これは、インターフェイス メソッドのすべての引数を調べると、完全署名の明示的なを使用して照合を実行することによってthisポインター。It does this by examining all the arguments on the interface method, and then performing full signature matching by using an explicit this pointer.

同じスタブ メソッドを共有するためのインターフェイスで複数のメソッドのこともできます。ただし、おく必要がある注意共有スタブを使用するとします。It is also possible for multiple methods in an interface to share the same stub method; however, you should be careful when you use shared stubs.

注意

スタブ メソッドは静的である必要があります。Stub methods must be static.

次の C# コードの実行時ではなく、ビルド時にカスタマイズされた相互運用スタブを使用するランタイムに通知できます。You could inform the runtime to use a customized interop stub at build time instead of run time with the following C# code:

[ComImport]  
interface IMyInterface  
{  
    [ManagedToNativeComInteropStubAttribute(typeof(TestStubClass),  
              "ForwardTestStub")]  
    void GetString (string arg);  
}  

対応するスタブ メソッドを宣言し、次のコードを使用できます。You could then use the following code to declare the corresponding stub method:

class TestStubClass  
{  
    internal static void ForwardTestStub(IMyInterface thisObject,  
             string arg) {…}  
}  

コンストラクター

ManagedToNativeComInteropStubAttribute(Type, String) ManagedToNativeComInteropStubAttribute(Type, String) ManagedToNativeComInteropStubAttribute(Type, String) ManagedToNativeComInteropStubAttribute(Type, String)

指定されたクラス型とメソッド名を使用して、ManagedToNativeComInteropStubAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ManagedToNativeComInteropStubAttribute class with the specified class type and method name.

プロパティ

ClassType ClassType ClassType ClassType

必要なスタブ メソッドを格納するクラスを取得します。Gets the class that contains the required stub method.

MethodName MethodName MethodName MethodName

スタブ メソッドの名前を取得します。Gets the name of the stub method.

TypeId TypeId TypeId TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(Inherited from Attribute)

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(Inherited from Attribute)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(Inherited from Attribute)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
IsDefaultAttribute() IsDefaultAttribute() IsDefaultAttribute() IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(Inherited from Attribute)
Match(Object) Match(Object) Match(Object) Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(Inherited from Attribute)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr) _Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr) _Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr) _Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(Inherited from Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr) _Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr) _Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr) _Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(Inherited from Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32) _Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32) _Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32) _Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(Inherited from Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr) _Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr) _Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr) _Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(Inherited from Attribute)

適用対象