MarshalAsAttribute.MarshalTypeRef フィールド

定義

MarshalType を型として実装します。Implements MarshalType as a type.

public: Type ^ MarshalTypeRef;
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public Type MarshalTypeRef;
val mutable MarshalTypeRef : Type
Public MarshalTypeRef As Type 

フィールド値

属性

注釈

MarshalTypeRef または MarshalType フィールドを使用して、属性付きパラメーター、フィールド、または戻り値の型のカスタムマーシャラー型を指定できます。You can use either the MarshalTypeRef or MarshalType field to specify a custom marshaler type for the attributed parameter, field, or return type. MarshalTypeRef フィールドを使用すると、構文を短縮して MarshalType を簡単に使用できます。The MarshalTypeRef field allows easier usage of MarshalType by shortening the syntax. 次の例では、最初の行は MarshalType を使用した構文を表し、2番目の行は MarshalTypeRefを使用した構文を表します。In the following example, the first line represents syntax using MarshalType and the second line represents syntax using MarshalTypeRef.

[MarshalAs(UnmanagedType.CustomMarshaler, MarshalType = "Assembly, NameSpace.TypeName")]   
[MarshalAs(UnmanagedType.CustomMarshaler, MarshalTypeRef = typeof(NameSpace.TypeName)]  

Type オブジェクトを設定するにC#は、で typeof を使用するか、Visual Basic でC++GetType または typeid を使用します。You can set a Type object using typeof in C#, GetType in Visual Basic, or typeid in C++. カスタムマーシャラーの作成と使用の詳細については、「カスタムマーシャリング」を参照してください。For additional information about creating and using custom marshalers, see Custom Marshaling.

適用対象

こちらもご覧ください