UCOMIPersistFile インターフェイス

定義

警告

この API は現在使われていません。

代わりに、IPersistFile を使用してください。Use IPersistFile instead.

public interface class UCOMIPersistFile
[System.Obsolete]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("0000010b-0000-0000-c000-000000000046")]
[System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("0000010b-0000-0000-C000-000000000046")]
[System.Obsolete("Use System.Runtime.InteropServices.ComTypes.IPersistFile instead. https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=14202", false)]
public interface UCOMIPersistFile
type UCOMIPersistFile = interface
Public Interface UCOMIPersistFile
属性

注釈

詳細については、MSDN ライブラリの com サブフォルダーの IPersistFileIPersist に関する既存のドキュメントを参照してください。For more information, please see the existing documentation for IPersistFile and IPersist in the com subfolder of the MSDN library.

メソッド

GetClassID(Guid)

オブジェクトのクラス ID (CLSID: Class Identifier) を取得します。Retrieves the class identifier (CLSID) of an object.

GetCurFile(String)

オブジェクトの現在の作業ファイルへの絶対パスを取得します。または、現在作業ファイルがない場合は、オブジェクトの既定のファイル名プロンプトを取得します。Retrieves either the absolute path to current working file of the object, or if there is no current working file, the default filename prompt of the object.

IsDirty()

現在のファイルを最後に保存した時点からオブジェクトが変更されたかどうかを確認します。Checks an object for changes since it was last saved to its current file.

Load(String, Int32)

指定したファイルを開き、ファイルに含まれているオブジェクトを初期化します。Opens the specified file and initializes an object from the file contents.

Save(String, Boolean)

指定したファイルにオブジェクトのコピーを保存します。Saves a copy of the object into the specified file.

SaveCompleted(String)

ファイルに書き込むことができることをオブジェクトに通知します。Notifies the object that it can write to its file.

適用対象