EventRegistrationToken 構造体

定義

イベント ハンドラーが Windows ランタイム イベントに追加されたときに返されるトークン。A token that is returned when an event handler is added to a Windows Runtime event. このトークンは、後でイベントからイベント ハンドラーを削除するために使用されます。The token is used to remove the event handler from the event at a later time.

public value class EventRegistrationToken
public struct EventRegistrationToken
type EventRegistrationToken = struct
Public Structure EventRegistrationToken
継承
EventRegistrationToken

注釈

ネイティブEventRegistrationToken Windows ランタイムWindows Runtime手法を使用してイベントのイベントハンドラーを追加および削除する場合にのみ、構造体を使用します。 Windows ランタイムWindows RuntimeUse the EventRegistrationToken structure only if you use native Windows ランタイムWindows Runtime techniques to add and remove event handlers for Windows ランタイムWindows Runtime events. C#または Visual Basic 言語によって提供される構文を使用してイベントハンドラーを追加およびEventRegistrationToken削除する場合、はコンパイラによって処理される実装の詳細です。If you use the syntax that is provided by the C# or Visual Basic languages to add and remove event handlers, EventRegistrationToken is an implementation detail handled by the compilers.

メソッド

Equals(Object)

現在のオブジェクトが、指定されたオブジェクトと等しいかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether the current object is equal to the specified object.

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

演算子

Equality(EventRegistrationToken, EventRegistrationToken)

2 つの EventRegistrationToken インスタンスが等しいかどうかを示します。Indicates whether two EventRegistrationToken instances are equal.

Inequality(EventRegistrationToken, EventRegistrationToken)

EventRegistrationToken の 2 つのインスタンスが等しくないかどうかを示します。Indicates whether two EventRegistrationToken instances are not equal.

適用対象