AssemblyLoadContext.LoadUnmanagedDll(String) メソッド

定義

名前を指定してアンマネージ ライブラリを読み込むことを派生クラスに許可します。Allows derived class to load an unmanaged library by name.

protected:
 virtual IntPtr LoadUnmanagedDll(System::String ^ unmanagedDllName);
protected virtual IntPtr LoadUnmanagedDll (string unmanagedDllName);
abstract member LoadUnmanagedDll : string -> nativeint
override this.LoadUnmanagedDll : string -> nativeint
Protected Overridable Function LoadUnmanagedDll (unmanagedDllName As String) As IntPtr

パラメーター

unmanagedDllName
String

アンマネージ ライブラリの名前。Name of the unmanaged library. 通常、これはパスまたは拡張子を含まないファイル名です。Typically this is the filename without its path or extensions.

戻り値

読み込まれたライブラリのハンドル。または ZeroA handle to the loaded library, or Zero.

注釈

既定の実装では、常に IntPtr.Zero を返します。The default implementation always returns IntPtr.Zero. IntPtr.Zero が返されると、ランタイムは既定のポリシーを使用してライブラリを読み込みます。When IntPtr.Zero is returned, the runtime loads the library with its default policy.

この仮想メソッドをオーバーライドして、アンマネージライブラリ検索アルゴリズムをカスタマイズできます。This virtual method can be overridden to customize the unmanaged library search algorithm. オーバーライドされた場合、名前を使用してライブラリを識別できます。When overridden the name can be used to identify the library. 読み込まれたライブラリは、要求された名前と一致する必要はありませんが、必要に応じて変換できます。The loaded library does not need to match the requested name, but can be transformed as needed. これには、プラットフォーム固有の名前付けの名前の調整が含まれます。This could include adjusting the name for platform specific naming.

適用対象