ProfileOptimization ProfileOptimization ProfileOptimization ProfileOptimization Class

定義

以前のコンパイル中に作成されたプロファイルに基づいて、実行される可能性が高いメソッドをバックグラウンドでコンパイルすることにより、JIT (Just-In-Time) コンパイラを必要とするアプリケーションのアプリケーション ドメインで、起動時のパフォーマンスが向上します。Improves the startup performance of application domains in applications that require the just-in-time (JIT) compiler by performing background compilation of methods that are likely to be executed, based on profiles created during previous compilations.

public ref class ProfileOptimization abstract sealed
public static class ProfileOptimization
type ProfileOptimization = class
Public Class ProfileOptimization
継承
ProfileOptimizationProfileOptimizationProfileOptimizationProfileOptimization

注釈

重要

プロファイルの最適化には、マルチコアコンピューターが必要です。Profile optimization requires a multicore computer. これらのメソッドは、他のコンピューターでは無視されます。The methods are ignored on other computers.

アプリケーションドメインでプロファイルの最適化を開始するたびに、前に使用したときに作成されたプロファイルが読み取られます。Each time you initiate profile optimization in an application domain, the profile that was created during the previous use is read. プロファイルの情報は、起動時に実行される可能性が最も高いメソッドを特定することによって、バックグラウンドコンパイルをガイドするために使用されます。The information in the profile is used to guide background compilation by identifying the methods that are most likely to be executed during startup. マルチコアコンピューターでは、メインアプリケーションスレッドが JIT コンパイラを呼び出す必要がないように、必要な時間によってメソッドが既にコンパイルされている可能性が高くなります。On multicore computers, this increases the chances that a method is already compiled by the time it is needed so that the main application thread does not have to call the JIT compiler.

プロファイルファイルは使用するたびに上書きされるため、起動時に使用されるメソッドに関する最新の情報が常に格納されます。The profile file is overwritten on each use, so it always contains the most recent information about which methods are used during startup.

最適化プロファイルは、アプリケーションドメインの起動に限定されません。Optimization profiles are not restricted to application domain startup. これらは、JIT コンパイラを多用する必要があるすべてのアクティビティに使用できます。They can be used for any activity that will require heavy use of the JIT compiler. アプリケーションドメインに対して複数のプロファイルを保持することで、各アクティビティに独自のプロファイルを持たせることができます。You can maintain multiple profiles for an application domain so that each such activity has its own profile.

アプリケーションドメインで最適化プロファイルを使用するには、 SetProfileRootメソッドを呼び出して、プロファイルが格納されているフォルダーを指定する必要があります。To use optimization profiles in an application domain, you must call the SetProfileRoot method and specify the folder where profiles are stored. フォルダーは既に存在している必要があります。The folder must already exist. プロファイルの使用を開始するにはStartProfile 、メソッドを呼び出し、プロファイルのファイル名を指定します。To begin using a profile, call the StartProfile method and specify the file name of the profile. ファイルが以前に記録されていない場合は、初めて使用するときに作成されます。If the file was not recorded previously, it is created on first use. プロファイルを初めて作成したときのパフォーマンス上の利点はありません。There is no performance benefit the first time a profile is created.

プロファイルの最適化では、メソッドの実行順序は変更されません。Profile optimization does not change the order in which methods are executed. メソッドはバックグラウンドスレッドでは実行されません。メソッドがコンパイルされても呼び出されない場合は、単に使用されません。Methods are not executed on the background thread; if a method is compiled but never called, it is simply not used. プロファイルファイルが壊れているか、指定されたフォルダーに書き込むことができない場合 (たとえば、フォルダーが存在しないため)、プログラムの実行は最適化プロファイリングを行わずに続行されます。If a profile file is corrupt or cannot be written to the specified folder (for example, because the folder does not exist), program execution continues without optimization profiling.

メソッド

SetProfileRoot(String) SetProfileRoot(String) SetProfileRoot(String) SetProfileRoot(String)

現在のアプリケーション ドメインに対する最適化プロファイルを有効にし、最適化プロファイル ファイルが格納されるフォルダーを設定します。Enables optimization profiling for the current application domain, and sets the folder where the optimization profile files are stored. シングルコア コンピューターでは、メソッドは無視されます。On a single-core computer, the method is ignored.

StartProfile(String) StartProfile(String) StartProfile(String) StartProfile(String)

バックグラウンド スレッド上で、指定したプロファイル ファイルに前もって記録済みのメソッドの、Just-In-Time (JIT) コンパイラを開始します。Starts just-in-time (JIT) compilation of the methods that were previously recorded in the specified profile file, on a background thread. 指定したプロファイル ファイルをあとで上書きする、現在のメソッド使用の記録処理を開始します。Starts the process of recording current method use, which later overwrites the specified profile file.

適用対象