Context クラス

定義

オブジェクトが常駐し、ポリシーを適用できる対象となる環境を定義します。Defines an environment for the objects that are resident inside it and for which a policy can be enforced.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public ref class Context
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class Context
type Context = class
Public Class Context
継承
Context
属性

注釈

コンテキストとは、その内部に存在するオブジェクトの環境を定義する、順序付けられた一連のプロパティです。A context is an ordered sequence of properties that define an environment for the objects resident inside it. コンテキストは、同期、トランザクション、ジャストインタイムアクティベーション、セキュリティなど、特定の自動サービスを必要とするように構成されているオブジェクトのアクティブ化プロセス中に作成されます。Contexts get created during the activation process for objects that are configured to require certain automatic services, such as synchronization, transactions, just-in-time activation, security, and so on. 1 つのコンテキスト内に複数のオブジェクトを常駐させることができます。Multiple objects can live inside a context.

クラスは、使用規則を提供するContextAttributeクラスのインスタンスでマークされます。Classes are marked with an instance of the ContextAttribute class, which provides the usage rules. 新しいオブジェクトがインスタンス化されるたびに、.NET Framework は互換性のあるを検出するかContext 、オブジェクトのクラスの新しいインスタンスを作成します。Whenever a new object is instantiated, the .NET Framework finds a compatible or creates a new instance of the Context class for the object. オブジェクトがコンテキストに配置されると、そのオブジェクトは保持されたままになります。Once an object is placed in a context, it stays in it for life. コンテキストにバインドされるクラスは、コンテキスト バインド クラスと呼ばれます。Classes that can be bound to a context are called context-bound classes. 別のコンテキストからアクセスする場合、このようなクラスはプロキシを使用して直接参照されます。When accessed from another context, such classes are referenced directly by using a proxy. あるコンテキストのオブジェクトから別のコンテキスト内のオブジェクトへの呼び出しは、コンテキストプロキシを経由して、組み合わせたコンテキストプロパティによって適用されるポリシーの影響を受けます。Any call from an object in one context to an object in another context will go through a context proxy and be affected by the policy that the combined context properties enforce.

通常、新しいオブジェクトのコンテキストは、クラスのメタデータ属性に基づいて選択されます。A new object's context is generally chosen based on meta-data attributes on the class. このメカニズムはカスタム属性によって拡張できます。This mechanism is extensible through custom attributes. これらは静的コンテキストプロパティと呼ばれ、クラスメタデータにコンパイルされます。These are known as static-context properties, which are compiled into the class meta-data. 動的コンテキストプロパティ (構成プロパティとも呼ばれます) は、管理者が適用および構成できます。Dynamic-context properties (also known as configuration properties) can be applied and configured by administrators.

コンテキストの詳細については、次を参照してください。境界:プロセスとアプリケーションドメインFor more information on contexts, see Boundaries: Processes and Application Domains.

コンストラクター

Context()

Context クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Context class.

プロパティ

ContextID

現在のコンテキストのコンテキスト ID を取得します。Gets the context ID for the current context.

ContextProperties

現在のコンテキスト プロパティの配列を取得します。Gets the array of the current context properties.

DefaultContext

現在のアプリケーション ドメインの既定のコンテキストを取得します。Gets the default context for the current application domain.

メソッド

AllocateDataSlot()

名前のないデータ スロットを割り当てます。Allocates an unnamed data slot.

AllocateNamedDataSlot(String)

名前付きデータ スロットを割り当てます。Allocates a named data slot.

DoCallBack(CrossContextDelegate)

別のコンテキストでコードを実行します。Executes code in another context.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Finalize()

既定以外のコンテキストのバッキング オブジェクトをクリーンアップします。Cleans up the backing objects for the nondefault contexts.

FreeNamedDataSlot(String)

すべてのコンテキストの名前付きデータ スロットを解放します。Frees a named data slot on all the contexts.

Freeze()

コンテキストを固定して、現在のコンテキストに対してコンテキスト プロパティの追加や削除ができないようにします。Freezes the context, making it impossible to add or remove context properties from the current context.

GetData(LocalDataStoreSlot)

現在のコンテキストの指定したスロットから値を取得します。Retrieves the value from the specified slot on the current context.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetNamedDataSlot(String)

名前付きデータ スロットを検索します。Looks up a named data slot.

GetProperty(String)

名前で指定された特定のコンテキスト プロパティを返します。Returns a specific context property, specified by name.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
RegisterDynamicProperty(IDynamicProperty, ContextBoundObject, Context)

リモート処理サービスを使用して IDynamicProperty インターフェイスを実装する動的プロパティを登録します。Registers a dynamic property implementing the IDynamicProperty interface with the remoting service.

SetData(LocalDataStoreSlot, Object)

現在のコンテキストの指定したスロットにデータを設定します。Sets the data in the specified slot on the current context.

SetProperty(IContextProperty)

名前で特定のコンテキスト プロパティを設定します。Sets a specific context property by name.

ToString()

現在のコンテキストの String クラス形式を返します。Returns a String class representation of the current context.

UnregisterDynamicProperty(String, ContextBoundObject, Context)

IDynamicProperty インターフェイスを実装する動的プロパティの登録を解除します。Unregisters a dynamic property implementing the IDynamicProperty interface.

適用対象