RemotingServices.Marshal メソッド

定義

特定の MarshalByRefObjectObjRef クラスのインスタンスに変換して、このインスタンスをアプリケーション ドメイン間およびネットワーク上の伝送のためにシリアル化できます。Converts the given MarshalByRefObject into an instance of the ObjRef class, which can be serialized for transmission between application domains and over a network.

オーバーロード

Marshal(MarshalByRefObject)

MarshalByRefObject を取り、これをリモート処理インフラストラクチャで登録して、ObjRef クラスのインスタンスに変換します。Takes a MarshalByRefObject, registers it with the remoting infrastructure, and converts it into an instance of the ObjRef class.

Marshal(MarshalByRefObject, String)

特定の MarshalByRefObject を、指定した URI を持つ ObjRef クラスのインスタンスに変換します。Converts the given MarshalByRefObject into an instance of the ObjRef class with the specified URI.

Marshal(MarshalByRefObject, String, Type)

MarshalByRefObject を取り、これを指定した URI と提供された ObjRef を持つ、Type クラスのインスタンスに変換します。Takes a MarshalByRefObject and converts it into an instance of the ObjRef class with the specified URI, and the provided Type.

Marshal(MarshalByRefObject)

MarshalByRefObject を取り、これをリモート処理インフラストラクチャで登録して、ObjRef クラスのインスタンスに変換します。Takes a MarshalByRefObject, registers it with the remoting infrastructure, and converts it into an instance of the ObjRef class.

public:
 static System::Runtime::Remoting::ObjRef ^ Marshal(MarshalByRefObject ^ Obj);
public static System.Runtime.Remoting.ObjRef Marshal (MarshalByRefObject Obj);
static member Marshal : MarshalByRefObject -> System.Runtime.Remoting.ObjRef
Public Shared Function Marshal (Obj As MarshalByRefObject) As ObjRef

パラメーター

Obj
MarshalByRefObject

変換するオブジェクト。The object to convert.

戻り値

ObjRef

ObjRef パラメーターで指定されたオブジェクトを表す Obj クラスのインスタンス。An instance of the ObjRef class that represents the object specified in the Obj parameter.

例外

Obj パラメーターがオブジェクトのプロキシです。The Obj parameter is an object proxy.

コールスタックの上位にある 1 つ以上の呼び出し元に、リモート処理の型とチャネルを構成するためのアクセス許可がありません。At least one of the callers higher in the callstack does not have permission to configure remoting types and channels.

注釈

ObjRef は、アプリケーションドメインの境界を越えてオブジェクト参照を転送するために使用されるオブジェクトのシリアル化可能な表現です。A ObjRef is a serializable representation of an object used to transfer an object reference across an application domain boundary. オブジェクトの ObjRef の作成は、マーシャリングと呼ばれます。Creating a ObjRef for an object is known as marshaling. ObjRef は、チャネルを通じて別のアプリケーションドメイン (別のプロセスまたはコンピューターなど) に転送できます。The ObjRef can be transferred through a channel into another application domain (possibly on another process or computer). もう一方のアプリケーションドメインでは、オブジェクトのプロキシを作成するために ObjRef を解析する必要があります。通常、実際のオブジェクトに接続します。Once in the other application domain, the ObjRef must be parsed to create a proxy for the object, generally connected to the real object. この操作は、マーシャリング解除と呼ばれます。This operation is known as unmarshaling.

ObjRef には、マーシャリングされるオブジェクトの Type とクラス、特定のオブジェクトインスタンスを一意に識別する URI、およびオブジェクトが配置されているリモート処理の部分に対する通信に関する情報が含まれています。A ObjRef contains information that describes the Type and class of the object being marshaled, a URI that uniquely identifies the specific object instance, and communication related information about how to reach the remoting subdivision where the object is located.

マーシャリング中に、オブジェクトが作成されたときにアクティブだったコンテキストではなく、現在のスレッドからのコンテキストが使用されます。During marshaling, the context from the current thread is used, not the context that was active when the object was created. URI が SetObjectUriForMarshal メソッドによって明示的に設定されていない場合は、リモート処理 id インフラストラクチャによって自動的に生成されます。If a URI was not explicitly set by the SetObjectUriForMarshal method, it is automatically generated by the remoting identity infrastructure.

Uri をプロキシに関連付けることはできません。次の2つの理由があります。つまり、uri がサーバー側で生成されたか、オブジェクトが既知である場合、URI は既知です。You cannot associate a URI with a proxy for one of two reasons: either the URI was generated at the server side for the object it represents, or the object is well known, in which case the URI is known. このため、Obj パラメーターがプロキシの場合、例外がスローされます。For this reason, if the Obj parameter is a proxy, an exception will be thrown. カスタムプロキシの場合、透過プロキシはサーバーオブジェクトとして扱われるため、この制限は緩和されます。For custom proxies this restriction is relaxed because the transparent proxy is treated as the server object.

こちらもご覧ください

Marshal(MarshalByRefObject, String)

特定の MarshalByRefObject を、指定した URI を持つ ObjRef クラスのインスタンスに変換します。Converts the given MarshalByRefObject into an instance of the ObjRef class with the specified URI.

public:
 static System::Runtime::Remoting::ObjRef ^ Marshal(MarshalByRefObject ^ Obj, System::String ^ URI);
public static System.Runtime.Remoting.ObjRef Marshal (MarshalByRefObject Obj, string URI);
static member Marshal : MarshalByRefObject * string -> System.Runtime.Remoting.ObjRef
Public Shared Function Marshal (Obj As MarshalByRefObject, URI As String) As ObjRef

パラメーター

Obj
MarshalByRefObject

変換するオブジェクト。The object to convert.

URI
String

新しい ObjRef を初期化するために使用する指定した URI。The specified URI with which to initialize the new ObjRef. null を指定できます。Can be null.

戻り値

ObjRef

ObjRef パラメーターで指定されたオブジェクトを表す Obj クラスのインスタンス。An instance of the ObjRef class that represents the object specified in the Obj parameter.

例外

Obj がオブジェクト プロキシであり、URI パラメーターが null ではありません。Obj is an object proxy, and the URI parameter is not null.

コールスタックの上位にある 1 つ以上の呼び出し元に、リモート処理の型とチャネルを構成するためのアクセス許可がありません。At least one of the callers higher in the callstack does not have permission to configure remoting types and channels.

次のコード例は、現在の Marshal メソッドを使用して、指定されたオブジェクトをマーシャリングする方法を示しています。The following code example demonstrates how to use the current Marshal method to marshal a specified object.

TcpChannel^ channel = gcnew TcpChannel( 9000 );
ChannelServices::RegisterChannel( channel );
SampleWellKnown ^ objectWellKnown = gcnew SampleWellKnown;

// After the channel is registered, the Object* needs to be registered
// with the remoting infrastructure.  So, Marshal is called.
ObjRef^ objrefWellKnown = RemotingServices::Marshal( objectWellKnown, "objectWellKnownUri" );
Console::WriteLine( "An instance of SampleWellKnown type is published at {0}.", objrefWellKnown->URI );
Console::WriteLine( "Press enter to unregister SampleWellKnown, so that it is no longer available on this channel." );
Console::ReadLine();
RemotingServices::Disconnect( objectWellKnown );
Console::WriteLine( "Press enter to end the server process." );
Console::ReadLine();
TcpChannel channel = new TcpChannel(9000);
ChannelServices.RegisterChannel(channel);

SampleWellKnown objectWellKnown = new SampleWellKnown();

// After the channel is registered, the object needs to be registered
// with the remoting infrastructure.  So, Marshal is called.
ObjRef objrefWellKnown = RemotingServices.Marshal(objectWellKnown, "objectWellKnownUri");
Console.WriteLine("An instance of SampleWellKnown type is published at {0}.", objrefWellKnown.URI);

Console.WriteLine("Press enter to unregister SampleWellKnown, so that it is no longer available on this channel.");
Console.ReadLine();
RemotingServices.Disconnect(objectWellKnown);

Console.WriteLine("Press enter to end the server process.");
Console.ReadLine();
Dim channel As New TcpChannel(9000)
ChannelServices.RegisterChannel(channel)

Dim objectWellKnown As New SampleWellKnown()
' After the channel is registered, the object needs to be registered
' with the remoting infrastructure.  So, Marshal is called.
Dim objrefWellKnown As ObjRef = RemotingServices.Marshal(objectWellKnown, "objectWellKnownUri")
Console.WriteLine("An instance of SampleWellKnown type is published at {0}.", objrefWellKnown.URI)

Console.WriteLine("Press enter to unregister SampleWellKnown, so that it is no longer available on this channel.")
Console.ReadLine()
RemotingServices.Disconnect(objectWellKnown)
Console.WriteLine("Press enter to end the server process.")
Console.ReadLine()

注釈

ObjRef は、アプリケーションドメインの境界を越えてオブジェクト参照を転送するために使用されるオブジェクトのシリアル化可能な表現です。A ObjRef is a serializable representation of an object used to transfer an object reference across an application domain boundary. オブジェクトの ObjRef の作成は、マーシャリングと呼ばれます。Creating a ObjRef for an object is known as marshaling. ObjRef は、チャネルを通じて別のアプリケーションドメイン (別のプロセスまたはコンピューターなど) に転送できます。The ObjRef can be transferred through a channel into another application domain (possibly on another process or computer). もう一方のアプリケーションドメインでは、オブジェクトのプロキシを作成するために ObjRef を解析する必要があります。通常、実際のオブジェクトに接続します。Once in the other application domain, the ObjRef must be parsed to create a proxy for the object, generally connected to the real object. この操作は、マーシャリング解除と呼ばれます。This operation is known as unmarshaling.

ObjRef には、マーシャリングされるオブジェクトの Type とクラス、特定のオブジェクトインスタンスを一意に識別する URI、およびオブジェクトが配置されているリモート処理の部分に対する通信に関する情報が含まれています。A ObjRef contains information that describes the Type and class of the object being marshaled, a URI that uniquely identifies the specific object instance, and communication related information about how to reach the remoting subdivision where the object is located.

マーシャリング中に、オブジェクトが作成されたときにアクティブだったコンテキストではなく、現在のスレッドからのコンテキストが使用されます。During marshaling, the context from the current thread is used, not the context that was active when the object was created.

Uri をプロキシに関連付けることはできません。次の2つの理由があります。つまり、uri がサーバー側で生成されたか、オブジェクトが既知である場合、URI は既知です。You cannot associate a URI with a proxy for one of two reasons: either the URI was generated at the server side for the object it represents, or the object is well known, in which case the URI is known. このため、Obj パラメーターがプロキシの場合、例外がスローされます。For this reason, if the Obj parameter is a proxy, an exception will be thrown. カスタムプロキシの場合、透過プロキシはサーバーオブジェクトとして扱われるため、この制限は緩和されます。For custom proxies this restriction is relaxed because the transparent proxy is treated as the server object.

こちらもご覧ください

Marshal(MarshalByRefObject, String, Type)

MarshalByRefObject を取り、これを指定した URI と提供された ObjRef を持つ、Type クラスのインスタンスに変換します。Takes a MarshalByRefObject and converts it into an instance of the ObjRef class with the specified URI, and the provided Type.

public:
 static System::Runtime::Remoting::ObjRef ^ Marshal(MarshalByRefObject ^ Obj, System::String ^ ObjURI, Type ^ RequestedType);
public static System.Runtime.Remoting.ObjRef Marshal (MarshalByRefObject Obj, string ObjURI, Type RequestedType);
static member Marshal : MarshalByRefObject * string * Type -> System.Runtime.Remoting.ObjRef
Public Shared Function Marshal (Obj As MarshalByRefObject, ObjURI As String, RequestedType As Type) As ObjRef

パラメーター

Obj
MarshalByRefObject

ObjRef に変換するオブジェクト。The object to convert into a ObjRef.

ObjURI
String

Obj パラメーターで指定したオブジェクトがマーシャリングされるときに使用する URI。The URI the object specified in the Obj parameter is marshaled with. null を指定できます。Can be null.

RequestedType
Type

Type がマーシャリングされるときの ObjThe TypeObj is marshaled as. null を指定できます。Can be null.

戻り値

ObjRef

ObjRef パラメーターで指定されたオブジェクトを表す Obj クラスのインスタンス。An instance of the ObjRef class that represents the object specified in the Obj parameter.

例外

Obj がリモート オブジェクトのプロキシであり、ObjUri パラメーターが null ではありません。Obj is a proxy of a remote object, and the ObjUri parameter is not null.

コールスタックの上位にある 1 つ以上の呼び出し元に、リモート処理の型とチャネルを構成するためのアクセス許可がありません。At least one of the callers higher in the callstack does not have permission to configure remoting types and channels.

注釈

ObjRef は、アプリケーションドメインの境界を越えてオブジェクト参照を転送するために使用されるオブジェクトのシリアル化可能な表現です。A ObjRef is a serializable representation of an object used to transfer an object reference across an application domain boundary. オブジェクトの ObjRef の作成は、マーシャリングと呼ばれます。Creating a ObjRef for an object is known as marshaling. ObjRef は、チャネルを通じて別のアプリケーションドメイン (別のプロセスまたはコンピューターなど) に転送できます。The ObjRef can be transferred through a channel into another application domain (possibly on another process or computer). もう一方のアプリケーションドメインでは、オブジェクトのプロキシを作成するために ObjRef を解析する必要があります。通常、実際のオブジェクトに接続します。Once in the other application domain, the ObjRef must be parsed to create a proxy for the object, generally connected to the real object. この操作は、マーシャリング解除と呼ばれます。This operation is known as unmarshaling.

ObjRef には、マーシャリングされるオブジェクトの Type とクラス、特定のオブジェクトインスタンスを一意に識別する URI、およびオブジェクトが配置されているリモート処理の部分に対する通信に関する情報が含まれています。A ObjRef contains information that describes the Type and class of the object being marshaled, a URI that uniquely identifies the specific object instance, and communication related information about how to reach the remoting subdivision where the object is located.

指定された Type は、公開される型階層のスコープを制限するために、リモート処理インフラストラクチャによって使用されます。The specified Type is used by the remoting infrastructure to limit the scope of the exposed type hierarchy. たとえば、オブジェクト A がオブジェクト C から派生したオブジェクト B から派生し、Marshal が呼び出された場合、クライアントは C と B の間にプロキシをキャストできますが、にはキャストできません。For example, if object A derives from object B, which derives from object C, and Marshal is called, then the client can cast the proxy between C and B but not to A.

マーシャリング中に、オブジェクトが作成されたときにアクティブだったコンテキストではなく、現在のスレッドからのコンテキストが使用されます。During marshaling, the context from the current thread is used, not the context that was active when the object was created.

Uri をプロキシに関連付けることはできません。次の2つの理由があります。つまり、uri がサーバー側で生成されたか、オブジェクトが既知である場合、URI は既知です。You cannot associate a URI with a proxy for one of two reasons: either the URI was generated at the server side for the object it represents, or the object is well known, in which case the URI is known. このため、Obj パラメーターがプロキシの場合、例外がスローされます。For this reason, if the Obj parameter is a proxy, an exception will be thrown. カスタムプロキシの場合、透過プロキシはサーバーオブジェクトとして扱われるため、この制限は緩和されます。For custom proxies this restriction is relaxed because the transparent proxy is treated as the server object.

こちらもご覧ください

適用対象