ExportOptions クラス

定義

XsdDataContractExporter に対して設定できるオプションを表します。

public ref class ExportOptions
public class ExportOptions
type ExportOptions = class
Public Class ExportOptions
継承
ExportOptions

ExportOptions クラスのインスタンスを作成し、Possessions プロパティによって返されたコレクションに型 (KnownTypes) を追加する例を次に示します。

その後、XsdDataContractExporter が、コレクションに追加された Possessions 型も含めて、型のスキーマをエクスポートします。

using System;
using System.Xml;
using System.Runtime.Serialization;
using System.Xml.Schema;

public class Program
{
    public static void Main()
    {
        try
        {
            ExportXSD();
        }
        catch (Exception exc)
        {
            Console.WriteLine("Message: {0} StackTrace:{1}", exc.Message, exc.StackTrace);
        }
        finally
        {
            Console.ReadLine();
        }
    }

    static void ExportXSD()
    {
        XsdDataContractExporter exporter = new XsdDataContractExporter();
        if (exporter.CanExport(typeof(Employee)))
        {
            exporter.Export(typeof(Employee));
            Console.WriteLine("number of schemas: {0}", exporter.Schemas.Count);
            Console.WriteLine();
            XmlSchemaSet mySchemas = exporter.Schemas;

            XmlQualifiedName XmlNameValue = exporter.GetRootElementName(typeof(Employee));
            string EmployeeNameSpace = XmlNameValue.Namespace;

            foreach (XmlSchema schema in mySchemas.Schemas(EmployeeNameSpace))
            {
                schema.Write(Console.Out);
            }
        }
    }

    static void GetXmlElementName()
    {
        XsdDataContractExporter myExporter = new XsdDataContractExporter();
        XmlQualifiedName xmlElementName =myExporter.GetRootElementName(typeof(Employee));
        Console.WriteLine("Namespace: {0}", xmlElementName.Namespace);
        Console.WriteLine("Name: {0}", xmlElementName.Name);
        Console.WriteLine("IsEmpty: {0}", xmlElementName.IsEmpty);
    }

    [DataContract(Namespace = "www.Contoso.com/Examples/")]
    public class Employee
    {
        [DataMember]
        public string EmployeeName;
        [DataMember]
        private string ID;
    }
}
Imports System.Collections
Imports System.Xml
Imports System.Runtime.Serialization
Imports System.Xml.Schema

Public Class Program
    Public Shared Sub Main() 
        Try
            ExportXSD()
        Catch exc As Exception
            Console.WriteLine("Message: {0} StackTrace:{1}", exc.Message, exc.StackTrace)
        Finally
            Console.ReadLine()
        End Try
    
    End Sub 
    
    
    Shared Sub ExportXSD() 

        Dim exporter As New XsdDataContractExporter()

        ' Use the ExportOptions to add the Possessions type to the 
        ' collection of KnownTypes. 
        Dim eOptions As New ExportOptions()
        eOptions.KnownTypes.Add(GetType(Possessions))        
        exporter.Options = eOptions

        If exporter.CanExport(GetType(Employee)) Then
            exporter.Export(GetType(Employee))
            Console.WriteLine("number of schemas: {0}", exporter.Schemas.Count)
            Console.WriteLine()
            Dim mySchemas As XmlSchemaSet = exporter.Schemas
            
            Dim XmlNameValue As XmlQualifiedName = _
               exporter.GetRootElementName(GetType(Employee))
            Dim EmployeeNameSpace As String = XmlNameValue.Namespace
            
            Dim schema As XmlSchema
            For Each schema In  mySchemas.Schemas(EmployeeNameSpace)
                schema.Write(Console.Out)
            Next schema
        End If
    
    End Sub 
    
    
    Shared Sub GetXmlElementName() 
        Dim myExporter As New XsdDataContractExporter()
        Dim xmlElementName As XmlQualifiedName = myExporter. _
            GetRootElementName(GetType(Employee))
        Console.WriteLine("Namespace: {0}", xmlElementName.Namespace)
        Console.WriteLine("Name: {0}", xmlElementName.Name)
        Console.WriteLine("IsEmpty: {0}", xmlElementName.IsEmpty)
    
    End Sub 
    
    <DataContract([Namespace] := "www.Contoso.com/Examples/")>  _
    Public Class Employee

        <DataMember()>  _
        Public EmployeeName As String
        <DataMember()>  _
        Private ID As String
        ' This member may return a Possessions type.
        <DataMember> _
        public Miscellaneous As Hashtable 

    End Class 

    <DataContract> _
    Public Class Possessions

        <DataMember> _
        Public ItemName As String
    End Class

End Class

注釈

XsdDataContractExporter を使用して、型またはアセンブリから XSD スキーマを生成します。 また、を使用して、 XsdDataContractImporter スキーマドキュメントから .NET Framework コードを生成することもできます。

スキーマのインポートとエクスポートの詳細については、「 スキーマのインポートとエクスポート 」および「 クラスからのスキーマのエクスポート」を参照してください。

KnownTypes プロパティは、オブジェクト グラフの中に読み取ることができる型を含めるために DataContractSerializer によって使用されます。 データコントラクトと既知の型の詳細については、「 データコントラクトの既知の型」を参照してください。

データコントラクトの詳細については、「 データコントラクトの使用」を参照してください。

コンストラクター

ExportOptions()

ExportOptions クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

DataContractSurrogate

シリアル化サロゲートを取得または設定します。

KnownTypes

シリアル化または逆シリアル化の間に検出される可能性がある型のコレクションを取得します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください